2017年1月4日水曜日

RhinoCAM 2017 リリースのお知らせ



MecSoftが Rhino 5 for Windows 向けの総合的なCAMソリューションの最新バージョン、RhinoCAM 2017 をリリースしました。

RhinoCAMはCNCのためのCAM(Computer Aided Machining)プラグインで、完全にRhinoの中で動作します。汎用の機械加工プログラムで、RhinoのフリーフォームモデリングとVisualCAMの加工能力を組み合わせます。

RhinoCAM 2017 の新機能には以下が含まれます:
  • 2.5軸フィーチャベースの加工/検出。3軸ポケット、角柱状ポケット、スロット、平面、ボスがソリッドモデルのメッシュとサーフェス上で検出可能になり、これらの機能にツールパスの方法が適用されます。これで多くの角柱状パーツのパートプログラミングが大幅に単純化/スピードアップされます。
  • 正確な4軸加工のための4軸ドライブサーフェス加工。この方法(で3つのリニア軸と1つの回転軸を同時に変えることができますEXP コンフィギュレーション以上のみ)。
  • スロットの直線カット、トロコイド加工どちらにも対応する新しい2.5軸スロット加工オペレーション
  • ツールパスエディタがコーナーで送り速度を落とせるようになりました(PROコンフィギュレーション以上)。



原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: