2016年9月14日水曜日

AA Summer DLAB 2015の結果レビュー


ElifErdine: ロボットセルのセットアップ; ShawLi: ロボットで製作された発泡ポリスチレン(EPS)の型枠; MathiasReisigl: InFlux、全体像
diagram01: FEA解析とKarambaで生成された力の流れを示す力線; diagram02: Processingで開発されたカスタムツール、局所的データに応じたメッシュ緩和; diagram03: コンクリートのキャスト成型に向けた型枠データのアルゴリズム生成

InFlux は2015年7月27日から8月14日にかけて AAの本拠地ロンドンと Hooke Park の設備で行われた AA Summer DLAB 2015 の最終作業のプロトタイプです。

InFlux はジェネレーティブデザインのテクニックとロボットを使ったミリング戦略の統合を通して複曲面の複雑なジオメトリのファブリケーション/アセンブリを探索した成果です。2014年の研究でコンクリート材料のふるまいについて始め、2015年のサイクルで結合ジオメトリ、マテリアル、構造の研究をさらに進めました。高さ2.2メートル、幅4メートル、深さは3 – 25 cmの変動がある壁として実現されたInFluxは、7日間で開発、ファブリケーション、アセンブルされました。



原文投稿者: Elena Caneva

0 件のコメント: