2016年4月15日金曜日

ルーマニアの雑誌に掲載された Rhino & Grasshopper のレビュー


Nice  about ルーマニアの雑誌、Tehnica & Tehnologie に、RhinoとGrasshopperに関する素敵な記事 が掲載されました。

“この記事は3Dデザインソフトの世界でよく知られている組み合わせ: Rhinoceros と Grasshopper(Robert McNeel & Associates)を紹介しています。

経験/成熟度に加え、いくつかの代表的な機能からこのソリューションは推奨されています: RhinoはAutoCADに非常によく似たインタラクション性を備えながら(NURBSテクノロジーに基づく)型破りな3Dサーフェスのデザインに秀でていることから、(インテリアデザイン、車、航空関連、船、娯楽性のあるプロダクトデザイン、電化製品、家具、ジュエリー、照明器具、身の回り品など)スタイリングを求めるデザイナーに好まれています。

このような利点に加え、アクセティビリティやオープンアーキテクチャー(サードパーティのプラグインで多くのソリューションが存在します)、互換性、多くのCADプラットフォームとのコラボレーションも頼りになります。

しかし Rhinoceros の成功は、ビジュアルプログラミングを通した3Dパラメトリックデザインの関連ソフト、 Grasshopper の提供する見事な補完性によるものです。この記事はRhino-Grasshopperの組み合わせによる操作方法についても触れています。”
(Mircea Badut)


0 件のコメント: