2016年2月5日金曜日

LayerClasses - Rhinoオブジェクトを特定のクラスに割り当て



LayerClassesという小さなプラグインは、あらゆるRhinoオブジェクトを特定のクラスに割り当てられるようにしてくれます。

重要: このプラグインは現在、WIPバージョンのRhino for Windows(6.0またはそれ以降)と Rhino for Mac(5.2またはそれ以降)でしか動作しません。Windows版のWIPバージョンについてはMcNeelサポートへお問い合わせください。Mac版WIPについてはこちらをご覧ください。

このプラグインを使うと2次元の論理を構築することができ、例えばレイヤを1階、2階、3階、クラスを窓、ドア等のように作成します。

機能:
  • カスタムクラスの追加と削除
  • 特定のクラスでオブジェクトを表示/非表示
  • 特定のクラスでオブジェクトを選択
  • 英語版とドイツ語版をご利用いただけます

0 件のコメント: