2016年1月8日金曜日

2016年AA出張スクール - リオデジャネイロでのワークショップ


D&AD annual book brain data graphic by Rhizomatiks.
Creative direction: Seiichi Saito
Creative corder: Satoshi Horii

AA出張スクール リオデジャネイロ、10日間の集中ワークショップは、スキャンされた体のデータがスポーツインフラにどう情報を与え、変えることができるかに焦点を合わせます。
ライゾマティクスのインタラクティブなデジタル建築家、齋藤精一氏が担当し、人の運動能力を示し、向上させるとともに、インタラクティブに観客を引き込みます。このワークショップは眼と脳のスキャン、インタラクティブなコーディング、パラメトリックなデジタルデザイン/ファブリケーションを、RhinoGrasshopperを使いながら紹介します。

学生達はインテリジェントでインタラクティブなスポーツ建築の新しいタイプを創り出すためのテスト用として、2020年東京オリンピックのスタジアムを使います。

ソフトについては全て初級レベルから教えられますので、事前経験は不要です。


日程: 2016年3月17-26日
時間: 9:00 a.m. - 9:00 p.m.
場所: ブラジル、リオデジャネイロ
参加費用: £615

詳細はこちらをご覧いただくか、Anneまでお問い合わせください。


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio™(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

0 件のコメント: