2015年12月31日木曜日

c--c | ひねりの効いたガラス



湾曲したガラスから曲線状の壁を作る従来の方法はコストがかかります。調整可能な器具を使っても特注の型でも、フラットな板ガラスを全体が延性を得るまで約600℃に熱し、重力で徐々に目的の形状に仕上げています。曲がる力をゆっくりと和らげるためパーツは何時間も炉内に置いておく必要があり、仕上がったものは確かに魅力的ですが、この労力は必然的に価格に反映されます。

低コストで完全に異なるアプローチを追求するドイツのインダストリアルデザイナー、Holger Jahns は1つの製品コンセプトを示しました。ユニークな結合方法のガラスは工業生産できるプレハブ式の要素で、あらゆる角度でつなげることが可能なので従来のように特定の形状を検討する必要がありません。

c--c は溝型ガラスを大きく越えるもので、何十年も製造されてきたように機械でU字型に曲げられたガラスです。アップデートされた輪郭形状で、曲線状の建築用途に間違いなくフィットします。

0 件のコメント: