2015年10月26日月曜日

BIM GeomGym IFC & BullAnt、Rhino 5 for Mac 対応に

GeometryGymが Rhino 5 for Mac 用の BIM GeomGym IFCBullAnt を公開しました:


BIM GeomGym IFC はRhinoとGrasshopperの OpenBIMアドインで、IFC(Industry Foundation Class)モデルを生成し、ArchiCAD、Revit、Bently、Tekla、その他IFC機能のあるあらゆるBIMソフトと交換できるようにします。



BullAntは主に建築家やエンジニア(プラスその他のRhino / Grasshopperユーザー)向けのRhino/Grasshopperプラグインで、親プログラムやその他のサードパーティプラグインを強化・拡張するコンピューテーショナルデザインツールを備えています。BullAntのコマンドにはメッシュ緩和(極小曲面)、メッシュインフレーション(ETFEクッション)、シンメトリー自動化テセレーション(ポリゴンパッキング)構造モデリング/スケッチ(Grasshopperでのパラメトリック生成を含む)、ジオデシックドーム曲線ネットワークのプロセッシングが含まれます。


0 件のコメント: