2015年8月10日月曜日

ニュースで紹介されたUrban Network Analysis ツールボックス


都市の話題を扱うジャーナリストの Henry Grabar は最近、UNA for Rhino 3D の興味深い紹介と分析を記事にしました。

UNAはMITの City Form Lab のマッピングツールです。ユニークなのは都市ネットワークの起点と目的地に重みを加えられることで、人口、地下鉄の乗り継ぎ、あるいは都市部で考えられるその他のデータが要素になり得ます。歩行者の流れ、ビルの位置の目的に応じた適性、その他空間パターンが役立つ問題にも活用できる情報でしょう。

研究者がこのツールを作り上げた MIT Singapore Design Center のMIT News で詳細をご覧いただけます。

このプラグインは無償のベータ版で、City Form Lab がフィードバックやご意見をお待ちしています。

Next City はリーダー、政治、都市のイノベーションを毎日オンラインで取り上げている非営利団体です。

Next City の記事 ....








0 件のコメント: