2015年8月19日水曜日

木の組み立て部品を解析

最新のSnSWIP for Rhino は木のマテリアルと組み立て部品の両方をサポートするようになりました。どうぞお試しください。

その他に含まれる機能向上:

  • レポートの生成
  • グリッドの表示
  • ソルバーの選択
  • メジャー/マイナーなバグの修正



0 件のコメント: