2015年7月22日水曜日

Hangzhou Tennis Center - 材料を節約する花びら

イメージ許諾: NBBJ - CCDI
Rhinoが役立ったユニークなデザインをもう1つご紹介します。Grasshopperに焦点を合わせ、パラメトリックデザインを利用しています。

NBBJは構造デザインを担当したCCDIと共同でHangzhou Tennis Center を設計しました。

構造のエンベロープで材料の鋼鉄使用量を減らす、環境と経費削減が目的の1つでしたが、この目的は達成され、同じようなアリーナに比べて67%もの鋼鉄を節約できたと胸を張ります。

シェルの正確な対数デザインを生成するためにまずGrasshopperが使われました。生成された複曲面が花びらの形になり、Grasshopperは花びらを構造要素に変換するために使われました。

中国、杭州にある Hangzhou Tennis Center は2015-2016年に完成予定です。

Arch20がこのプロジェクトをウェブサイト(study of computational design)で特集しています。





0 件のコメント: