2015年1月7日水曜日

新しいFirefly

デジタル世界と物理世界の間にリアルタイムなデータフロー
FireflyはRhinoとGrasshopperで物理的なデバイス同士を、入力/出力ともにつなぎます。サポートされている物理デバイスには以下が含まれています:

  • Arduino connected to LED、証明、モーター、バルブ、センサー等
  • ウェブカメラのストリーミング
  • OSCやUDPを使ったモバイル機器(iOS + Android)
  • インターネットフィードとXMLフィードの検索
  • Skeleton Trackingを含むKinectゲームコントローラー
  • Leap Motionコントローラー
  • マイクとスピーカー
  • その他多数...
その他含まれる機能:
  • Firefly / Grasshopperでの可視化センサーデータ
  • Arduinoボードへアップロードするコードを生成
  • 基本サウンド入力およびプロセッシングツール
  • データロギング、集計、プレイバック
  • エッジ検出、カラーフィルタリング、畳み込みフィルタリング、その他多くの機能を含むMachine Visionツールキット
含まれる新機能:
  • Arduino Dueのサポートを含めFirefly Firmataを書き換え
  • 向上したLeap Finger Tracking
  • Kinect V2のサポート
  • 複数のバグを修正
  • 新しいコンポーネント: 
    • PIDループ
    • Bitmap Tracer
    • Bitmap Decompose/Recompose、Threshold

0 件のコメント: