2014年9月22日月曜日

ルーヴル・アブダビ



先日F#unctional Londonersの集まりで、Goswin RothenthalがF#アプリケーションスクリプトを使ってルーヴル・アブダビのドームを覆うアソシエイティブなデジタル3Dモデルを作成した方法を紹介しました。F#unctional LondonersはF#を使った関数型プログラミングに関心のあるロンドンっ子を一堂に集めるため、新しく立ち上げられた会合グループです。

ルーヴル・アブダビは建築家のJean Nouvelがデザインしました。複雑なドームの建設はオーストリアの鉄鋼スペシャリスト、Waagner Biroが契約しました。

ドーム内のジオメトリの開口部は、伝統的に屋根素材で使われている織り合わさったヤシの葉にヒントを得たものです。このドームの覆いのため、カスタムのアルミ押出材の450,000以上の独特なカットやドリル加工のパターンが表現、自動化されました。Goswin Rothenthalはドームの覆いの要素を全て表現し、まとめるためにF#アプリケーションを開発し、描画とビジュアライゼーションのためのF# DLLのホストにRhinoとその.NET APIを使いました。これによってメインのジオメトリセットから製作データまで、1つのパラメトリックモデルに統合されたワークフローを得ることができました。

ルーヴル・アブダビ の建築についての詳細をご覧いただけます....


0 件のコメント: