2014年7月24日木曜日

ショップを学生ラウンジへ


写真: Michael Moran Studio

ワイオミング大学のこの建物は学生センター(Sullivan Family Student Center)になっていますが、もとはショップがあった場所を改装したものです。全体に穴と密集状態がある竹のパネルは40%程の隙間があります。開口部は小さなスリットからフルサイズの出入り口まであり、2つのエリアを垣間見ることができます。同じパターンはありません。

気付くのが少し遅かったので2011年のプロジェクトでしたが、Grasshopperスクリプトの興味深い使用例でしょう。CurbedのSarah F. Coxがニューヨークの建築事務所、Lewis.Tsurumaki.Lewis のPaul Lewisにインタビューした内容をご覧頂けます。

0 件のコメント: