2014年3月7日金曜日

DATA BODIES Grasshopperワークショップ、パリ(フランス)


データだけでは何の意味もありません。データベースを埋めるものです。このデータが意味を持つためには検証が必要です。それには人が関わる必要があります。人が検証した時に情報が生まれ、人の社会的交流を通して情報が変換された時に知識が作り出されます。” 

DATA BODIES Grasshopper ワークショップ
フランス、パリ
2014年5月9-11日


私達の住む空間は様々な場面でモニターすることができ、絶え間ない進化と変化におけるデータの勾配となって現れます。パラメトリックツールの大きな利点の1つは、デザインプロセスに空間、時間、データストリームの正確で具体的、調整可能な情報を与えられることです。

DATA BODIESは関連するGrasshopperの本質や使われ方に焦点を合わせたワークショップです。

このワークショップではRhino 5GrasshoppergHowlMeshEditWeaverBirdFireflyLunchboxが使われます。

講師: Andrea Graziano、Co-de-iT
キュレーター: Francesco Cingolani、superbelleville coworking

0 件のコメント: