2013年12月6日金曜日

RhinoとGrasshopperがミツバチ保護をお手伝い。誰でも参加できます。



カナダのマギル大学(School of Architecture)はデザインと社会的責任の両方を奨励しています。マギル大学の建築研究生は非常に革新的な蜂の巣観察/研究センター、b-Shackをデザインしています。このb-ShackはRhinoでデザインされ、ファブリケーションとアセンブルは学生達が担当しています。 プロジェクトは同時に、建築を研究する若手グループにミツバチの窮状に対する現実世界の反応を作り出すことを通し、責任感を持つよう促します。 都市部の養蜂コミュニティ、特にモントリオールの非営利運営者、Santropol RoulantMcGill Apiary Associationへのインフラや促進のサポートを提供します。生物資源工学の研究イニシアチブは蜂群崩壊症候群に照準を合わせながら、このプログラムはボランティアの教育者とアマチュア養蜂家のグループが知識を共有し、ミツバチへの関心を一般の人と共有できるようにします。

b-Shackはクラウドファンディングのキャンペーンで35,000ドルを集めようとしています。



0 件のコメント: