2013年10月29日火曜日

Scan&Solve 2014 WIP、新しい機能



Scan&Solve 2014 for Rhino WIPの新しいバージョンは、要望の多かった2つのビジュアライゼーション機能を追加します。

モデルのどの部分が圧縮または引張応力によって影響されているのかを、Advanced VisualizationタブのPrincipal Tension/Compressionコンポーネントを選択することで見ることができます。

モデルに蓄えられたひずみ(変形)エネルギーの分布を、Advanced VisualizationタブのStrain energy densityコンポーネントを選択することで表示させることができます。


0 件のコメント: