2013年10月4日金曜日

GE Jet Engine Bracket Challenge


General ElectricがGE Jet Engine Bracket Challengeの最終選考に残った10のファイナリストを発表しました。

このコンテストは有名な3DモデルのアーカイブであるGrabad.comで開催され、3D印刷技術も重要でした。

ファイナリストの中には完全にRhinocerosでモデリングされたプロジェクトのエントリーがあり、Andreas AneddaとCorsiRhino.itのサポートが手がけました。Rhinocerosではモデリングの新しい方法を試し、基本的なメッシュをGrasshopperKangarooを使って緩ませ、流れるような形を手に入れました。この後メッシュを編集してブラケットを強化するのにT-splinesが使われ、複数の縁と空洞を作成して骨に似たより強く軽い構造に仕上げました。これらのツールを使うことで、比較的短い時間に複雑な形状を作成しながら、非常に効率的な方法で応力を分散させることができるブラケットをデザインすることができました。

Bone414モデリング方法の詳細はこちらをご覧ください:
http://wordpress.vraywiki.it/?p=741

0 件のコメント: