2013年5月24日金曜日

Scan&Solve 2013 WIP = SnSMesh + SnSScript + Scan&Solve for Rhino

Scan&Solve 2013 - 最新で、今までで一番パワフルなScan&Solve FEAツールの組み合わせです。Scan&Solve 2013の多くの高度な機能と機能向上には以下が含まれています。
  • SnSMeshとSnSScriptにビルトインサポート
  • SnSコマンド1つでRhino 5のあらゆるソリッドジオメトリ(ポリサーフェス、軽量押し出し、メッシュ)へ
  • オリジナルのSnSソルバーでのソリューションの状態をリアルタイムに表示
  • Intelの新しくパワフルな代替ソルバー
    • DSS – より多くのメモリを使用することでスピードアップするダイレクトソルバー
    • ISS – 多くの場合パフォーマンス向上が期待できるインタラクティブソルバー
  • 最高500,000に向上した解像度
  • 設定タブ、その他のコントロール
  • 多くのパフォーマンス向上およびバグ修正
この無償WIPはScan&Solveの製品版および評価版をお使いの方全てに公開されています。現在のバージョンは2013年6月21日まで機能します。

原文投稿者: Keith

0 件のコメント: