2010年1月21日木曜日

Rhino用VSR Realtime Rendererのリリース



Virtual Shape ResearchRhino用VSR Realtime Rendererのリリースを発表しました。

この新しいプラグインを使うと、新しいフォトリアリスティック環境でモデリングができるようになります。

機能の一部をご紹介します。

  • レンダリング環境(立方体、円柱、球)
  • HDRIサポート(環境および反射)
  • IBL(イメージベースドライティング)
  • 環境シャドウ(Rhino光源)
  • Rhinoのマテリアルをサポート
  • セッションの保存
  • 高解像度ハードコピー
  • セルフシャドウおよび地面の影

販売開始キャンペーン価格の設定があり、商用版で€699です。

詳細および評価版...


0 件のコメント: