2015年4月7日火曜日

バス停の中にあるパターン


スイス、チューリッヒに近いマイレンの町で新しいバス停がいくつか必要になった時、ROK(Rippmann Oesterle Knauss)はこの町の豊かな歴史的・文化的な背景をベースにしたシリーズを開発しました。

Rhinoを使い、5つのバス停1つ1つの場所に独自性を際立たせながら抽象的なパネルのイメージをデザインし、選びました。例えば1つは様式化したぶどう園のイメージを表現し、地元ワインを生産する文化を表しています。

後ろの壁になっているスチールパネルに開けられた抽象的な穴のパターンはハーフトーン印刷に似ています。亜鉛メッキ、パウダーコートされた背面パネルには最高20,000個の穴が開けられていますが、入力にデジタルイメージを使い、穴のアレンジをコントロールして直径をわずか3種類に抑えました。美しさを保ちながら多くの穴が光を通すことから、バス停でカバーされる部分の明るさと透明性を向上させています。

費用のかかる電気設備とランニングコスト削減のため、どのバス停にもソーラーパネルがあり、太陽光で電力を自給できるようになっています。



原文投稿者: Sandy Mcneel

0 件のコメント: