2011年1月19日水曜日

認定RhinoFabLab™プログラムの開始


認定RhinoFabLabとは?

認定RhinoFabLab™(ファブリケーションラボラトリー)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認定する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。RhinoFabLabの主な目的は、世界のデジタルファブリケーションの技能を地域コミュニティで共有することです。

認定RhinoFabLabはまた、

  • 工業用グレードのデジタルデザイン、解析、ファブリケーション技能の、最先端の提供者として認められています。
  • イベント、活動のすべてを世界に向けて公開します。
  • デジタルデザイン、解析、ファブリケーションのあらゆる面で、専門エキスパートへのワールドワイドなアクセスを備えています。
  • デジタルデザイン、解析、ファブリケーション製品開発チームの多くとダイレクトアクセスを備えています。

認定RhinoFabLabになるには

Rhino ART(認定Rhinoトレーナー)とARTC(認定Rhinoトレーニングセンター)にRhinoFabLabになって頂くことをお勧めします。 詳細はこちらへ...



RhinoFabLabコミュニティへご参加ください。

RhinoFabLabコミュニティは、デザインや製造/建設いずれかの段階でRhinocerosをお使いのインダストリアルデザイナー、ジュエラー、建築家、エンジニアのための、ファブリケーションのさまざまな方法を共有し、学び、教える場です。デジタルファブリケーションハードウェア、デジタルモデル、Grasshopperの定義を共有するにも素晴らしい場所です。

RhinoFabLabはどなたでもご参加頂くことができ、それぞれのアイデアの実現にお役立て頂けるよう、Rhinoと互換性のあるあらゆるソフトウェアとハードウェアについて話し合うことを奨励しています。

McNeelマイアミオフィスのAndres Gonzalezがこのコミュニティを担当します。

どうぞ www.RhinoFabLab.com をご覧ください。

0 件のコメント: