2009年1月23日金曜日

Rhino 4.0 SR5 リリース候補3 のお知らせ

Rhino 4.0 SR5 リリース候補3(2009年1月22日)をダウンロードして頂けます。

これはプレリリースソフトウェアです。プレリリースソフトウェアをインストールするのがご不安な方は、このビルドはダウンロードしないでください。

このリリース候補は、弊社で内部テストを行い、安定性、信頼性があると判断した上で公開しています。しかし、今までのリリース候補のように、内部テストで見つからなかった問題がある可能性があります。ダウンロード、インストールされて、問題があった場合、どうぞご報告をお願い致します。

公開テストの結果、このリリースの安定性、信頼性が確証できましたら、正式にサービスリリースとしてリリースする予定です。

クラッシュの場合は、表示されるMcNeelエラーの報告ダイアログボックスでご報告をお願いします。クラッシュ以外の問題が見つかった場合も、どうぞサポートチームへお知らせください

バグ修正:

  • 4View: クラッシュを修正しました。
  • Block: サーフェスのあるブロックがミラー、分解されている場合、サーフェスの法線が反転してしまっていました。これは修正されました。
  • コンテクストメニュー: 繰り返しのメニューアイテムが動作しませんでした。これは修正されました。
  • DocumentProperties: デフォルトの寸法スタイルのインポートが正しく行われませんでした。これは修正されました。
  • ExtractPt: クラッシュを修正しました。
  • Offset: 間違ったジオメトリ形式(ポリサーフェス面)の入力がRhinoをロックしていました。これは修正されました。
  • Open:OBJ: テクスチャのコントロールが無効になってしまっていました。これは修正されました。
  • Open: クラッシュを修正しました。
  • Options: クラッシュを修正しました。
  • Polyline: クラッシュを修正しました。
  • Render: キャンセルした際のクラッシュを修正しました。
  • Smash: クラッシュを修正しました。
  • ツールバー: クラッシュを修正しました。

詳細とダウンロードにつきましては、http://download.rhino3d.com/whatsnew.asp?rel=449をご覧ください。

0 件のコメント: