2020年5月21日木曜日

ウェビナー: BricsCAD BIM でGrasshopperを使ったジェネレーティブデザイン - 2020年6月4日


ウェビナー: Generative design with Grasshopper in BricsCAD BIM
日: 2020年6月4日
時間: 9:00 & 20:00 CEST/中央ヨーロッパ夏時間
所要時間: 50分

Generative design with Grasshopper in BricsCAD BIM はアルゴリズムデザインとBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)のギャップを、Grasshopperがリアルタイムで双方向のワークフローでつなぐ方法を紹介するライブウェビナーです。

原文投稿者: Carlos Pérez

2020年5月20日水曜日

Rhino WIP のQuadRemesh入門 - SimplyRhino UK


SimplyRhino UK の Phil Cook がこちらのビデオで Rhino WIP の新機能、QuadRemeshを紹介しています。

四角メッシュの新しいコマンド(QuadRemesh)で、あらゆる入力オブジェクト(サーフェス、ポリサーフェス、サブディビジョン、あるいは既存のメッシュ)から四角形を優先させたメッシュを作成することができます。サブディビジョンに直接変換できるので、既存データのリバースエンジニアリングに極めて効率的な方法を提供します。


以前のビデオ、An Introduction to SubD (SubDivision Surface Modelling) in Rhino WIP で考察を始めたサブディビジョンのワークフローについてもさらに考察を進めていきます。以前のビデオはこちらでご覧いただけます


原文投稿者: Carlos Pérez

2020年5月19日火曜日

SimplyRhino UK のGrasshopperレベル1 & 2 オンラインクラス


SimplyRhino UKがGrasshopperのオンラインクラス、Grasshopper Level-1Grasshopper Level-2 を発表しました。

クラスは6月(18:00 BST/英国夏時間、13:00 EDT/米国東部夏時間)から、3時間のセッション7回で行われます。





原文投稿者: Carlos Pérez

2020年5月15日金曜日

Grasshopper - Curso en Español



複雑なジオメトリの作成や有理化に応用されるコンピューテーショナルデザイン、様々なデザインプロセスへの導入を学びたい学生や社会人を対象に、スペイン語でワークショップが行われます。オンラインクラスで基本概念やデザインの問題に向き合う方法をカバーし、Grasshopperを使ったビジュアルプログラミングのプロセスを通してアルゴリズムツールの開発に取り組む内容です。
詳細はこちら...



お問い合わせ: Leonardo Nuevo - Tel +52 1 33 3956 9209(メキシコ)


原文投稿者: Andrés González

2020年5月14日木曜日

パラメトリックデザインのウェビナー(Rhino + Grasshopper)




デザインスキルをレベルアップさせるパラメトリックの能力を身につけたい、アイデアやコンセプトを全く新しい領域へ広げるパワフルなツールを学びたい、という方のためのワークショップです。

この Parametric Design Workshop はRhinocerosのビジュアルプログラミング無償プラグイン、Grasshopperを使うために必要な知識や技量を提供し、ハンズオンのパラメトリックプロジェクトも含まれたワークショップです。

既にGrasshopperの知識があり、パラメトリックの知識を深めたい方は、オプション2をお選びいただけます。

  • オプション1: General Webinar for Beginners(初心者向け総合ウェビナー) - 16時間: 2020年6月20日スタート
  • オプション2: Intensive Webinar for Intermediates(中級向けウェビナー) - 8時間: 2020年6月27日スタート


原文投稿者: Carla Sologuren

2020年5月10日日曜日

Arthur Mamou-Mani、バーニングマンのインスタレーション実現を手伝ってくれるゲームデザイナーを募集


建築家の Arthur Mamou-Mani は今年のバーニングマン向けにデザインした木造の円形劇場を、砂漠でのフェスティバル開催がキャンセルされたことを受けてバーチャル体験に変えるお手伝いをしてくれる人を募集しています。

デザインはDezeenのみで公開されており、この仮設構造物をデジタル空間で実現するのを手伝える、ゲームエンジンでの作業に経験のある人を探しています。

"私達は人々がこの構造物に希望のメッセージを出したり書き込んだりできるよう、このプロジェクトでゲームエンジン、Unityの'マルチプレイヤー'のような機能を使ったオンライン体験を作り出したいと考えておいます。"


原文投稿者: Carlos Pérez

2020年5月8日金曜日

NON Architecture コンペ

NON Architecture がコンペを企画しました。RhinoとGrasshopperをお使いの皆さんのご参加をお待ちしています:


Healing - Alternative Designs for Quarantine Cities


COVID-19の緊急事態に関連する代替的な都市生活に向けて、明確なビジョンのあるコンセプトを募集しています。規模や場所、プログラムは全く自由で、図面/スケッチ3枚だけです。

賞: 優勝者2名に各€1000、特別賞6名

審査員: Maura Ambrosiano – Foster & Partners(Associate Partner); Enno Zuidema – MVRDV(Director/Urban Planner)

コンペは2020年5月1日に受付が開始され、締切は2020年8月22日です。

Social Distancing - Housing Block

長引くソーシャルディスタンシングの状況の中、不動産市場を壊すような代替住居モデルを募集しています。規定のユーザー、プログラム、エクステンションから離れた、建築デザインへのクリエイティブなアプローチが求められます。規模や場所、プログラムは全く自由で、図面/スケッチ3枚だけです。

賞: 優勝者2名に各€1000、特別賞6名

審査員: Fala Atelier、3XN

コンペは2020年5月1日に受付が開始され、締切は2020年8月29日です。


原文投稿者: Carlos Pérez

2つの無料ウェビナー、2020年5月13日: Fologram for Grasshopper 入門


ウェビナー1回目: 5月13日、8:00am UTC/協定世界時(3時間)
ウェビナー2回目: 5月13日、23:00pm UTC/協定世界時(3時間)
インストラクター: Sean Guy(Fologram for Rhino)

Fologram for Rhino & Grasshopper プラグインの入門ウェビナーが行われ、RhinoとGrasshopperで拡張現実(AR)体験を作り出す方法が紹介されました。Fologram初心者向けでGrasshopperの基本もカバーされるので、事前経験は不要でした。

Fologramは物理的空間に広がるデザインモデルから複数のスマートフォンやタブレットに没入型プレゼンテーションを作り出すモデル共有、インタラクティブでマルチタッチのモデリングツール構築、あるいは複雑なファブリケーション課題の支援など、あらゆる目的で利用することができます。ウェビナーの終わりには参加者が独自のプロジェクト案について話し合い、フィードバックを得ることもできました。

参加条件:
Rhinoに精通し、Fologram for Mobile アプリをインストールしたスマートフォンまたはタブレットを持っていること。Fologram for Mobile は App Store や Google Play から無料でダウンロードすることができます。

ウェビナー:
同じウェビナーを2回のインストラクションで行い、ヨーロッパからもアメリカからも利用しやすい時間設定です。5月13日(水)の08:00am(UTC/協定世界時)はヨーロッパ向け、23:00pm(UTC/協定世界時)はアメリカ向けで、約3時間のウェビナーのうち最後の30分はオープンQ&Aとなり、インストラクターの Sean Guy と参加者全員が話し合うことができる構成になっています。




原文投稿者: Verena

Driven — 高度なコンピューテーショナルデザイン/ファブリケーション戦略


Drivenとは?

フランス、パリのクリエイティブハブ、Volumesがサーキュラーエコノミー(循環型経済)に向けて初期の企業家精神に高度なコンピューテーショナルデザイン/ファブリケーション戦略を組み込む起業支援プログラム、Drivenを立ち上げます。

Drivenはデザインの段階から工業生産プロセスまで、サーキュラーエコノミーに向けたコンピューテーショナルデザイン/ファブリケーションの適用を実際に示せる初期のプロジェクトを育てようとしています。このプログラムの詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。

ワークショップシリーズも予定されており、現在決まっているスケジュールは以下の通りです:



原文投稿者: Carlos Pérez

2020年5月7日木曜日

船体デザインとフェアリング レベル1&2 - オンラインのライブトレーニング



Hull Design and Fairing Level 1 & 2 - Live Online Training
2020年6月2、4、9、11日
RhinoCentre、オランダ

船舶、ヨット、作業船、マルチハルの船体を素早くモデリングできるようにするトレーニングコース、Rapid Hull Modeling がオンラインで提供されます。

スキルアップを目指す内容: クラスAフェアリング – 最終デザイン – 製造に向けたフェアリング – 船体の最適化 – リバースエンジニアリング – 一般配置図(GA)/線図からの船体作成 – 高度な解析 – モデリング戦略 – 展開可能な船体

船体デザインとフェアリングのトレーニングバンドルを2週間で完了することができます:
  • 2時間のライブトレーニングセッション4回で3つのトレーニングモジュールをカバー。最初の週は2時間のセッションを火・木曜日に、2週目も同様に火・木曜日に行われます。
  • ライブセッションの合間は指導ビデオと書き出した練習課題に取り組む自習時間となります。
  • この集中トレーニングは第23週および24週目に行われ、第23週のライブセッションは6月2日と4日、第24週は6月9日と11日です。
  • 世界中の参加者に対応できるよう各セッションは1日2回行われ、時間は中央ヨーロッパ夏時間(CEST)で 09:00 - 11:00、17:00 - 19:00 です。
  • 各セッションとも定員は10名です。
  • 受講にはRhinoレベル1 トレーニング、あるいはRhinoで2ヶ月以上の作業経験が必要です。
  • 講師はこの手法を開発した1人でフェアリングのプロでもある Gerard Petersen が務めます。
  • いくつかの課題をご提出いただいた上で修了証を授与します。
  • オプションで1-4時間の個別トレーニング補習の追加が可能です。
  • 船体モデリングやフェアリングの仕事を始めるための追加支援プログラム(8時間または16時間)も用意されています。


原文投稿者: Carlos Pérez

xNURBS Rhino プラグインのV4が公開されています



xNURBSサーフェスの編集とリビルド

xNURBSバージョン4が公開され、ご利用いただけるようになりました。既にxNURBSをお使いの正規ユーザーの方は、V4.Xへの無料アップデートが可能です。バージョン4にはよりクオリティの高いサーフェス作成、xNURBSサーフェスの編集、接線偏差をさらに小さく(0.04度未満に)する等、多くの機能向上が含まれています。

xNURBSを選ぶ理由となる主な機能:
  • NURBSの解決につながる無限の能力: その最適化アルゴリズムで(拘束の複雑さに関わらず)実質的にあらゆるNURBSサーフェスを何ミリ秒かのうちに解決します。

  • ハイクオリティなサーフェス: 入力された拘束全てを満たすよう、xNURBSの最適化アルゴリズムはエネルギー最小化手法を使ってあらゆる可能なソリューションから一番滑らかなNURBSサーフェスを生成します。生成されたサーフェスのクオリティは際立ったものになります。

  • xNURBSは従来のCADソフト向けにあらゆるサーフェシングの問題を仮想空間で修正する、非常にパワフルなNURBSツールです。

  • 使いやすさ: 使うのはシンプルなユーザーインターフェイス1つで、あらゆる種類のNURBSモデリングに対応。

  • 非常に安定しています: xNURBSは極めて強固で、完璧に動作します。

  • CADネイティブ サーフェス: xNURBSはジオメトリを一切変換することなくCADモデリング操作に直接使える、CADネイティブサーフェスであるNURBSをベースにしています。

原文投稿者: Cécile Lamborotl

Rhino.Insideを使ってKaramba3DをRevitで(ウェビナー)– 2020年5月8日


Karamba3D、Rhino.Insideシリーズの第3セッションでは、Junghwo Park がKaramba3Dを使ってRevitでのかなり複雑な構造をどう解析できるかを紹介しました。Karamba3Dに移す前、Grasshopperでジオメトリをどう処理すべきかが説明されています。

Junghwo Park はオーストリアの Umdasch Group Ventures でBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)のスペシャリストとして働いており、韓国にある Point One Studio の創始者です。

日: 2020年5月8日(金)
時間: 14:00 – 14:40(CEST/中央ヨーロッパ夏時間)
言語: 英語


原文投稿者: Carlos Pérez

新しいオンラインワークショップ: Python、C#スクリプト & Grasshopperプラグイン開発


SimplyRhino UK が開発者向けに新しいオンラインワークショップを発表しました:
Rhino レベル1 オンラインクラス(Windows版、Mac版)も、5月19日から6月9日まで行っています。

お役に立ちますように!

原文投稿者: Carlos Pérez

2020年5月5日火曜日

BSS-ビルディングシステム スペシャリスト_Online PAZ(Parametric Academy Zurich)



パラメトリックデザインとBIMの連携方法を学べる ARCHICAD+Grasshopper BSS Rhino.Inside Revit BSS オンラインコースが行われます。

どちらのコースもRhinoceros+Grasshopperに焦点を合わせ、最初のステップからARCHICADまたはRevitでの最終的なBIM出力までカバーする内容です。

シンプルな課題と技術的な全ステップを通してRhinoとGrasshopperの連携を学び、プロ仕様で面白い PAZ ONLINE プラットフォームで理論とシステムをさらに深められます。

BIMソフトを最大限に活用し、Grasshopperのパワーを学び、日常業務を最適化し、パーソナルPAZを伴ってBSSのタイトルを手に入れましょう。

次回のPAZオンライントレーニングは6月1日です。



原文投稿者: Carla Sologuren

2020年5月4日月曜日

Flashワークショップ - GhPython初心者レベルIII


2020年5月6日
16:00 - 17:00 CET/中央ヨーロッパ時間


無料 Flash Workshop - GhPython (初心者レベルIII)

McNeel ヨーロッパがまた別の Flash Workshop を行いました: 

今回も引き続き David Andrés LeónBernat Lorente がGrasshopperの GhPythonを使ったスクリプトを紹介しました。

GhPython - Beginner Level シリーズのエピソード3ですので、 前回を見逃された方は先にこちらのビデオをご覧ください。

参加条件: Rhino 6 およびGrasshopperの予備知識がある程度必要です。Rhino 6 をお持ち出ない場合は90日間の評価版をダウンロードして受講することができました。


原文投稿者: David Leon

2020年5月3日日曜日

ShapeDiver - クラウドアプリケーション向けのパラメトリックデザイン - 2020年5月6-8日


ShapeDiver がクラウドアプリケーション向けのパラメトリックデザインについて、5月もオンラインウェビナーを行いました。

3日間の ShapeDiver オンラインワークショップは Edwin HernándezGrasshopperスペシャリスト)、Mathieu Huard(共同創始者、Head of Product)を迎え、クラウドアプリケーション向けにGrasshopper定義を準備し、最適化する方法を紹介しています。







原文投稿者: Bernat Lorente

2020年5月1日金曜日

Clemens Preisinger のKaramba3Dオンラインワークショップ、6月22-24日(McNeel ヨーロッパ、バルセロナ)






2020年6月22-24日
10 AM-1 PM/ 2-6 PM
弊社McNeel ヨーロッパ(バルセロナ)主催のオンラインコース


Bollinger Grohmann の構造エンジニアであり、Karamba3Dのプラグイン開発者でもある Clemens Preisinger が、Karamba3Dをゼロから学べるワークショップを指導します。Karamba3Dは空間トラス、フレーム、シェルの正確な解析を提供するパラメトリック構造エンジニアリングツールです。3Dモデリングツール、RhinocerosのプラグインであるGrasshopperのパラメトリックデザイン環境に完全に組み込まれ、パラメーター化されたジオメトリモデル、有限要素計算、Galapagosのような最適化アルゴリズムを組み合わせやすくしてくれます。このオンラインコースはZOOMプラットフォームで行われます。

ご参加の方には非商用使用1年間のKarambaライセンスが無料で提供されます。

オンラインコース受講料: €397,50(+VAT/付加価値税); フルタイムの学生および大学教員は50%の割引きがあります(身分証明書が必要)。お席の確保はコース費用のお支払い確認後となります。了承ください。

定員: 25名。規定の人数に満たない場合、コースは15日前にキャンセルとなります。

コース言語: 英語 

学生/教員向けのお席は限られています。お申込みの方はお早めに、McNeel ヨーロッパまでメール(tech.eu@mcneel.com)でご連絡ください。


原文投稿者: Verena

2020年4月30日木曜日

Rhinoceros 6 レベル1 オンラインコース - 5月6日スタート


計7セッション
5月6、13、20、27日
6月3、10、17日
各水曜日
6PM - 9PM
PDT/太平洋夏時間


参加費用: US$750
トレーニングのお申込み
  • セッションは全て録画され、受講者は復習のためアクセスすることができます。
  • デザインプロセスをより効率化し、より製作しやすいモデルにする方法を取り上げるコースです。
  • Rhinoを使ったジュエリーデザインやプロトタイプの作成に関心をお持ちの学生にお勧めの内容です。
  • コースはRhino開発者である弊社 Robert McNeel & Associates が作成し、公開しているトレーニングマニュアル(英語)、Level I training manual に沿って進められますが、 インストラクターの Gary Dawson はジュエリーに特化した例を使って練習課題の追加や差し替えを行います。
詳細

Gary Dawson は米国オレゴン州ユージーンにあるカスタムデザインのオンラインショップ、Gary Dawson Designs のオーナーで、ジュエリーのデザイン、製作、修理に40年以上携わっている 認定Rhinoトレーナーです。

原文投稿者: Mary Ann Fugier

2020年4月29日水曜日

MacroCADオンライントレーニング



Rhino Grasshopperまたはジュエリー向けのRhinoを学びたいとお考えの方のために、認定RhinoトレーニングセンターのMacroCADがオンラインのレギュラーコースと個別トレーニングを提供しています。期間はご希望とトレーニングの種類によって異なり、複数日を要するトレーニングは半日セッションでの提供となります。





原文投稿者: Carla Sologuren

2020年4月28日火曜日

Flashワークショップ - GhPython初心者レベルII



2020年4月29日
16:00 - 17:00 CET(中央ヨーロッパ時間)


無料 Flash Workshop - GhPython (初心者レベルII)

McNeel ヨーロッパが Flash Workshop を再度行いました:

今回も引き続きDavid Andrés LeónBernat Lorente がGrasshopperのGhPythonコンポーネントを使ったスクリプトを紹介しました。

GhPython - Beginner Level シリーズのエピソード2ですので、1回目を見逃された方は先にこちらのビデオをご覧ください。

参加条件: Rhino 6 およびGrasshopperの予備知識がある程度必要です。Rhino 6 をお持ち出ない場合は無料の90日評価版をダウンロードして受講することができました。


原文投稿者: David Leon

2020年4月23日木曜日

コンピューターを使ったAEC、4回目のミーティングはオンラインで


AEC(建築、エンジニアリング、建設)のオープンソースソフトウェア(OSS)

AEC業界でOSSに関わるエキスパート3人がオープンソースの可能性に光を当てるオンラインミーティングが行われました:

  • Ehsan Iran-Nejad - Rhino.Inside Revit とオープンソースプロジェクトにおけるドキュメンテーションの役割: Ehsanは建築家で、ソフトウェア開発者でもあります。現在、弊社 Robert McNeel & Associates でオープンソースの Rhino.Inside Revit プロジェクトに取り組んでいます。
  • Dion Moult - オープンソース、オープンデータ、および建築環境での役割: Dionも建築家で、ソフトウェア開発者でもあります。現在Lendleaseの Emerging Digital Engineering Manager を務め、最近のオープンソースプロジェクトはBlenderBIMです。
  • Jon Mirtschin - BIM: オープン vs クローズド: Jon Mirtschin はオーストラリア、メルボルン大学で工学/科学の学士号を取得し、2009年に Geometry Gym を始める前の10年間、構造エンジニアとして働きました。Geometry Gym は特にIFCなど、openBIMスタンダードを使ったモデル交換向けのBIMソフトを開発しており、これらは主にRevit、Rhino、Grasshopper、Tekla、その他様々な構造解析アプリケーションのプラグインという形になっています。

日時:
2020年4月30日(木)
6:00 pm – 8:00 pm AEST(オーストラリア東部標準時)





原文投稿者: Sandy Mcneel

2020年4月22日水曜日

オンラインワークショップ: 建築プロジェクトのためのGrasshopperプログラミング - 4月25、26、29、30日



オンラインワークショップ: PVB - Programación Visual Básica con Grasshopper para Proyectos de Arquitectura 

4月25、26、29、30日(16-21時)
インストラクター: Sergio Del Castillo Tello 

Offmiau がGrasshopperを使ったアルゴリズムモデリングを導入したいとお考えの建築家を対象に、(スペイン語で)新しいワークショップを行いました。


お問い合わせ: dime@offmiau.com

原文投稿者: Carlos Pérez

船体デザインとフェアリング レベル1&2 - オンライントレーニング - 5月5日から



Hull Design and Fairing Level 1 & 2 - Live Online Training

2020年5月5-14日
RhinoCentre、オランダ

船舶、ヨット、作業船、マルチハルの船体を素早くモデリングできるようにするトレーニングコース、Rapid Hull Modeling がオンラインで提供されました。

スキルアップを目指す内容: クラスAフェアリング – 最終デザイン – 製造に向けたフェアリング – 船体の最適化 – リバースエンジニアリング – 一般配置図(GA)/線図からの船体作成 – 高度な解析 – モデリング戦略 – 展開可能な船体

船体デザインとフェアリングのトレーニングバンドルが2週間で完了できるようになり、6月も予定されています:


  • 2時間のライブトレーニングセッション4回で3つのトレーニングモジュールをカバー。最初の週は2時間のセッションを火・木曜日に、2週目も同様に火・木曜日に行われます。
  • ライブセッションの合間は指導ビデオと書き出した練習課題に取り組む自習時間となります。
  • この集中トレーニングは第19週および20週目に行われ、第19週のライブセッションは5月5日と7日、第20週は5月12日と14日です。
  • 世界中の参加者に対応できるよう各セッションは1日2回行われ、時間は中央ヨーロッパ夏時間(CEST)で 09:00 - 11:00、17:00 - 19:00 です。
  • 各セッションとも定員は10名です。
  • 受講にはRhinoレベル1 トレーニング、あるいはRhinoで2ヶ月以上の作業経験が必要です。
  • 講師はこの手法を開発した1人でフェアリングのプロでもある Gerard Petersen が務めます。
  • いくつかの課題をご提出いただいた上で修了証を授与します。
  • オプションで1-4時間の個別トレーニング補習の追加が可能です。
  • 船体モデリングやフェアリングの仕事を始めるための追加支援プログラム(8時間または16時間)も用意されています。


原文投稿者: Carlos Pérez

SimplyRhino UK プライベート&個別対応のオンライントレーニング


SimplyRhino UK が新しい個別対応のトレーニング、Private & Tailored Online Training を発表しました:

具体的なモデリングの問題を解決したい、

間近に迫った締め切りに頭を悩ませている、

プロジェクトの進展と同時にエキスパートからも学びたい、

という方に、SimplyRhino UK が業界特有のRhinoモデリングやビジュアライゼーションについてアドバイスを提供します:

  • 短時間にできるだけ多くの領域をカバー
  • 個別に最も適したコンテンツを選択
  • 特定のプロジェクトや課題に向けたスキルを伝授
  • 専門ユーザーに焦点を合わせたトレーニング

原文投稿者: Carlos Pérez

2020年4月21日火曜日

Rhino.Inside - ThinkParametricの新しいオンラインコース





ThinkParametricのチームが新しいオンラインコースを公開しました。新しいスキルを、今日にでも学ぶことができます。

Rhino.Inside - Design to Production workflow

このコースではBIGのBIMスペシャリスト、Oliver Thomas が、Rhino.Insideを使ってデザインから製作へのワークフローを効率化する方法を紹介しています。

BIGでRhino.Insideを試し、その可能性を実感すれば、今後のプロジェクトの主要ツールとして広がります。

“このコースでは Rhino.Inside Revit ワークフロー、デザインプロセスの初期からドキュメンテーションへの導入を考察します。これはチームがデザインとドキュメンテーションの世界を行き来する作業を効率化するもので、それぞれのプラットフォームの強みを生かせるようにしてくれます。”




原文投稿者: Jody Mills

Flashワークショップ - GhPython初心者レベル



2020年4月22日
16:00 - 17:00 CET(中央ヨーロッパ時間)


無料 Flash Workshop - GhPython (初心者レベル)

McNeel ヨーロッパから Flash Workshop のご案内です: 
今回は David Andrés LeónBernat Lorente がGrasshopperのGhPythonコンポーネントを使ったスクリプトを紹介しました。

参加条件: Rhino 6 およびGrasshopperの予備知識がある程度必要です。Rhino 6 をお持ち出ない場合は90日間の評価版をダウンロードして受講することができました。


原文投稿者: David Leon

2020年4月17日金曜日

ShapeDiver ビデオチュートリアル



新しいShapeDiverのビデオチュートリアルで、ガイド付きツアーに出かけましょう。

ShapeDiverのドキュメンテーションでは一度に全て理解することが難しくても、ビデオがShapeDiverの機能をどうやってなぜ行うのかステップバイステップで説明してくれます。

最初のエピソードは全くの初心者向けの入門編です。仕組みや役立つ方法が紹介され、正しいプレビューの使用、メッシュ設定、もちろん主なルールも学ぶことができます。この情報があれば、ほんの数分で定義をアップロードできるでしょう。

既に基本に馴染まれている方でしたら、次のエピソードでより高度な機能やワークフローを探索できます。今のところ7つが公開されていますが、今後も増えていく予定です。

過去に質問されている内容を確認したり新しいトピックを提案できるフォーラムも、どうぞご覧ください。



原文投稿者: Carla Sologuren

2020年4月16日木曜日

Rhino.Inside Revit オンラインコース - Paz Academy




Join the Rhino.Inside Revit オンラインコースは、パラメトリックデザインBIMの連携方法を学べる内容です。

Rhinoceros + Grasshopper Revit間の新しい展開に焦点を合わせたコースで、弊社の製品がAEC(建築、エンジニアリング、建設)業界全体の変革に役立つ方法が紹介されます。Paz Academy と先頭に立って流れを変える旅に加わりましょう。

シンプルな課題と技術的な全ステップを通し、RhinoとGrasshopperの連携をプロ仕様で面白い PAZ ONLINE プラットフォームで学ぶことができます。

Revitを最大限に活用し、Grasshopperのパワーを学んで、パーソナルPazをお供に日常業務を最適化しましょう。



原文投稿者: Carla Sologuren

2020年4月15日水曜日

Teklaに新規搭載: Grasshopperで複雑なジオメトリをモデリング

Trimble が Tekla 2020 Structural BIM Software Solutions をリリースしました。最新のTekla製品で、Tekla Structural Designer (TSD) とGrasshopperの直接リンクが新しく搭載されています。

このリンクは一連のGrasshopperコンポーネントで、オブジェクトの作成や更新をライブで行うことができます。主要パラメーターを Tekla Structural Designer にリンクしたGrasshopperで操作し、素早く簡単に選択肢を比較して様々な初期段階のデザイン候補を探索することができます。

このリンクを使うとTSDの静的解析を自動化し、Grasshopperを使ってグローバル変位の結果を記録することもできます。


原文投稿者: Sandy Mcneel

ShapeDiver - クラウドアプリケーション向けのパラメトリックデザイン - 2020年4月28-30日



ShapeDiver - Parametric Design For Cloud Applications 


2020年4月28-30日
無料オンラインウェビナー



Edwin HernándezGrasshopperスペシャリスト)、Mathieu Huard(共同創始者、Head of Product)が3日間のShapeDiverオンラインワークショップを行い、クラウドアプリケーション向けにGrasshopper定義を用意し、最適化する方法を紹介しました。

各90分、3セッションで Rhino+Grasshopper エコシステム(Rhino Compute、Speckle、Swarm、Trinckle、Emarf、Ghshot...)で利用できるクラウドツールの概要を紹介し、一般的なデザインの課題を見極めるヒントや以下の種類のアプリケーションに向けた戦略も提供されました:


● コンピューテーションの効率化
● 軽量ソリューション
● データ管理
● 自動化を最大限に


Grasshopperでこのようなデザインの原則をマスターすることがこのワークショップの主な目標で、既に使用経験のあるデザイナーを対象に行われましたので、新しい仕事を始めたり今の仕事のレベルアップをするためにGrasshopperスキルを磨き、向上させたいとお考えの方に適した内容です。

まず最初にGrasshopperをベースにしたクラウドアプリケーションを始める上での具体例として、シンプルな定義を作成してShapeDiverにアップロードするプロセスを体験し、その後パート1-3でクラウドアプリケーション向けにGrasshopper定義を準備し、最適化する上級トレーニングが提供されました。Grasshopperエコシステムのポピュラーなツール複数(Metahopper、Human、OpenNest、Squid、FabTools等)の他、ShapeDiverプラグインに含まれるツールも使用されています。

最後にパラメトリック定義がベースのクラウドアプリケーションに欠かせない利用ケースに入り、クラウドにあるCADファイルを活用するあらゆる技術に当てはまる原則を高度に取り入れることへ焦点を保ちながら、ShapeDiverオンラインプラットフォームを使ったサンプルを作成しています。

イベントの全スケジュールはこちらでご覧いただけます。



ShapeDiverについてさらに学びたいとお考えの方は、ぜひInstagramアカウントをご覧ください。

原文投稿者: Bernat Lorente

2020年4月14日火曜日

Lands Design リリースのお知らせ


AsuniLands Design for Rhino をリリースしました。Lands Design は緑地や景観をデザインする高度なソリューションです。Rhino 6 で動作し、2D製図、3Dモデリング、フォトリアリスティックレンダリングにBIM技術を使います。

以下のウェビナーで主な機能について詳しくご覧いただけます:

  • 3D / 2D の幅広い植物データベース
  • パワフルな地形モデリングツール
  • パワフルな地形モデリングツール
  • GrasshopperのLandsコンポーネントを使ったパラメトリックデザイン
  • プロジェクトを実現するアニメーション動画とリアルなイメージ



原文投稿者: Carla Sologuren

2020年4月13日月曜日

Twinmotion 2020 の新リリースはRhinoワンクリックサポート搭載


Rhino One-Click Support を含む Twinmotion 2020 が公開されました。RhinoはTwinmotionのDirectLink機能でサポートされ、Rhino&Grasshopperのデータをクリック1つでTwinmotionに同期させることができます。組織と階層は保持され、ネイティブのマテリアルは自動的に Twinmotion PBR マテリアルに置き換えられます。
新機能/機能向上:
  • ライティングおよびレンダリングの向上
  • 植生システムの向上
  • 人がよりリアルに
  • プロジェクトのプレゼンテーションおよびビューア
  • マテリアルとテクスチャに新しいオプション
Twinmotion 2020 はレンダリングとアニメーションのためのリアルタイムでインタラクティブなビジュアライゼーションソフトで、建築、デザイン、建設、都市計画、ランドスケープアーキテクチャーや関連分野で役立ちます。

Twinmotion 2020 はWindows、Macどちらのプラットフォームでもご利用いただけます。


原文投稿者: Sandy Mcneel

2020年4月9日木曜日

Grasshopperを楽しく学ぶ方法

Grasshopperを学ぶ手助けとなるよう、McNeel マイアミはパラメトリック思考の全体的な理解を向上させることのできるカードゲーム、SudoHopper3Dを作りました。

SudoHopper3D では数学、アルゴリズム、基本的なコーディングを遊び半分に見て回ることができます。 プレイヤーはベクトル幾何学や三角法といった概念を驚くほど学び、社会的に相互関係があり、楽しめる環境で問題解決、論理、直線的思考も学びます。

このカードゲームはレベル1向けのカード126枚で構成されています。無料でPDFファイルをダウンロードすることができ、ご自宅でプリントアウトすればゲームやビデオでお使いいただけます。クリエイティブに: FaceTimeやウェブカメラ等を使うと、学生達とリモートでゲームをすることができます。 カードのダウンロード/ご注文はこちらからどうぞ。

このカードに加え、Vimeoオンデマンドでレベル1ビデオをご覧いただけます。COVID-19 対策期間中および1年間、こちらのコードでビデオを無料でご覧いただけます: HELP4EDU
それぞれの課題を解決する定義を書く複数の方法をご覧いただくことができ、英語版またはスペイン語版をご用意しています。



課題を解決する方法は他にもYouTubeチャンネルでご覧いただけます:

Assignments from 1-6:
Assignments from 7 to 12:
Assignments from 13 to 18: 


SudoHopper3DやGrasshopperがお役に立ちましたら、どうぞコメントやイメージをお寄せください。

安全を守り、どうぞご自愛の上お過ごしください。ありがとうございます。

Andres Gonzalez
RhinoFabStudioワールドワイドディレクター
McNeel マイアミ


参考リンク:
www.RhinoFabStudio.com
www.GJD3D.com


原文投稿者: Andrés González

2020年4月8日水曜日

Grasshopperクラス - オンライン、スペイン語



複雑なジオメトリの作成や有理化に応用されるコンピューテーショナルデザイン、様々なデザインプロセスへの導入を学びたい学生や社会人を対象に、スペイン語でワークショップが行われました。オンラインクラスで基本概念やデザインの問題に向き合う方法をカバーし、Grasshopperを使ったビジュアルプログラミングのプロセスを通してアルゴリズムツールの開発に取り組む内容でした。




お問い合わせ: Leonardo Nuevo - Tel +52 1 33 3956 9209(メキシコ)

原文投稿者: Andrés González

2020年4月6日月曜日

Rhino 6 でのポリゴンメッシュ、NGon 2.1 - 新リリースのお知らせ



Rhino 6 でポリゴンメッシュを扱う NGon 2.1 が、新しくリリースされました。

NGon 2.1 の新機能等:

  • シームをマージしたBrepサブディビジョン
  • Brepの向きをNGonサブディビジョンに一致
  • 接平面の平坦化
  • Reciprocal method
  • リメッシュ
  • Dual(Naked Edge を追加)
  • 穴のあるメッシュのロフト - バグ修正
  • Grasshopperのデフォルト表示
  • NGon Split
  • ポリラインからメッシュへの変換がスピードアップ
  • Mesh Weld のスピードアップ 
  • NGonsCore.dll はカスタムスクリプトに利用可能
  • より多くのサンプルファイル



原文投稿者: Cécile Lamborot

Studio 3DX - クラウドBIM&GISのアセット管理ソリューション



Parametricosは建築家やエンジニアが建物のライフサイクルのあらゆる段階、コンセプトデザインから建設、施設管理まで、オフィスでのワークフローをデジタル化できるクラウドBIMおよびGISのアセット管理ソリューション、Studio 3DXを作成しました。

Studio 3DXを使うと後で状況に合わせて地理的に調整される3DのBIMモデルを安全に保存、視覚化することができます。チーム全員とクライアントがアップロードされたIFCモデルを解析し、3Dビューアの中で問題点やコメントを作成してチームの責任者に割り当てることにより、共同でプロジェクトに取り組めるツールを提供してくれるソリューションです。実際と同じようにプロジェクトそれぞれに固有の場所がありますが、このソリューションは各モデルについても異なる場所を選べる機能を提供してくれるため、1ヶ所に複数の建物がある大規模なマスタープランを、全てそのクラウドの中で作成できるようになります。
Parametricosはリモートで効率的に共同作業ができるよう、専門家の役に立つことを目指しています。

先日Parametricosは VisualARQ: Flexible BIM for Rhino と連携し、ユーザー向けに Studio 3DX の年間サブスクリプションを€100オフで提供しています。
彼らはこの割引きをRhinoユーザーにも拡大したいと考えています。ご興味のある方でしたらどなたでも7日間お試し(https://studio3dx.com)いただくことができますので、割引料金でご利用になりたい方は Marios Messios までメールでご連絡ください。



原文投稿者: Cécile Lamborot

Rhino開発サポート アフタヌーンセッション








弊社McNeelのエキスパートがリモートで開発サポートを提供しました。

Rhinoを使ったプロジェクトを開発中の方を対象に4月8日(3-5pm CET/中央ヨーロッパ標準時)、Grasshopperプラグイン、Pythonスクリプト、その他Rhinoの新しい開発ツールに関することでしたら何でも、アイデアや進行中の開発プロジェクトについてリモートで意見交換していただけるセッションを行いました。

開発について質問したり、開発プロセスで向き合う可能性のある障害についてアドバイスを受けられる、砕けたスタイルのマンツーマンセッションになりました。

3pmから5pmの時間枠で事前登録は必須でしたが、参加費用は無料でした。


原文投稿者: David Leon

2020年4月3日金曜日

SOFiSTiK、橋梁用コンポーネントを発表




これでリアルな3Dジオメトリ、100%ユーザーがコントロールできる解析モデルを含む3Dパラメトリックモデルを、配列、断面情報、軸変数および配置に基づいて作成することができます。

BrIM(Bridge Information Modelling/橋梁BIM)や洗練されたFEA(Finite Element Analysis/有限要素解析)の前処理として使えるツールです。

SOFiSTiK Grasshopper Toolkit はGrasshopperのエクステンションで、点、曲線、あるいはサーフェスのような要素を構造用の点、曲線、サーフェスに変換してくれます。要素はマテリアル、断面、境界条件、あるいは荷重といった解析プロパティと属性付けることができます。その後このデータはSOFiSTiKプロジェクトに直接流し込み、構造の解析やデザインをさらに進めることができます。




原文投稿者: Sandy Mcneel

2020年4月1日水曜日

Stork - 新しいRhino用ビュー ナビゲーション プラグイン



Stork(コウノトリ)はRhino3D用のビュー ナビゲーション プラグインです。主な機能と利用分野:

• 歩行/飛行、リアルタイムで地平とシーンのオブジェクトの衝突を含めたRhino3Dモデル探索
• 直感的、フレキシブルで正確なカメラアングル設定とフォトマッチング
• リアルタイムでプロジェクトをプレゼンテーション、またはスクリーンを録画したウォークスルービデオの制作
• Rhinoの標準UIに既知の制限なく完全に実装された2点透視投影
• 外部ソフトへのエクスポート不要で人の目から見たモデルを体験

Storkは複数のキーボードショートカット、マウスアクション、ポップアップメニューを使い、主に[WASD] + FPP [1人称視点]のビデオゲームで知られるマウスルックのシーンナビゲーション規格に基づいてRhino特有の機能で強化されています。

原文投稿者: Cécile Lamborot

2020年3月31日火曜日

3D構造の配置と解析の生成





お問い合わせ: Nathan LukeGeometry Gym
+61 477 088 606  | nathan@geometrygym.com | support@geometrygym.com 


原文投稿者: Mary Ann Fugier

Clemens Preisinger と Matthew Tam のKaramba3D無料オンラインクラス

プラグイン開発者で構造エンジニアの Clemens Preisinger がKaramba3Dエキスパートチームの Matthew Tam と共同で40分の Karamba3Dオンライントレーニングセッションを提供し、4月3日(金)にスタートさせました。
最初のセッションでClemensはオットー・ワーグナーがデザインした橋をKaramba3Dでいくつか示し、ウィーンの宝の背後にある構造の基本原則を紹介しています。

日: 2020年4月3日(金)
時間: 14:00 – 14:40(CEST/中央ヨーロッパ夏時間)
言語: 英語



原文投稿者: Verena

2020年3月30日月曜日

Fologramを使ってRhinoとGrasshopperでインスタントMR体験を



Fologram for Mobile が App StoreGoogle Play で入手可能となり、デザイナーが拡張現実(AR)体験を作り出してRhino&Grasshopperから瞬時に共有、学習、モデリング、もの作りにつなげられるようになりました。FologramはWi-Fi経由で接続したモバイル端末(やHoloLens)にRhino&Grasshopperのモデルをストリーミングすることで動作します。デバイスの接続はボタンをクリックして生成されたQRコードをスキャンするだけとシンプルで、モデルの準備もゲームエンジンもスクリプトも不要です。上級ユーザーはトラッキングした端末、ジェスチャー、マーカーをパラメトリックモデルの入力に使うことで、FologramをパワフルでインタラクティブなARアプリの作成に利用することができます。こちらのビデオでFologramのデモをご覧いただけます:


Fologram for Mobile は教室、スタジオ、ワークショップ向けスタンドアロンのARプラットフォームです。ユーザーの方はRhinoプラグインと Fologram for Mobile をダウンロードしてモデルのストリーミング、複数のデバイス接続、あらゆるGrasshopperコンポーネントでの作業を、完全に無料で行うことができます。デバイスへのモデル保存や無制限のGrasshopperパラメーターでの作業は、サブスクリプションでロックを解除することができます。

原文投稿者: Verena

2020年3月28日土曜日

ArchiCAD + Grasshopper オンラインコース


PAZ Academy(Parametric Academy Zurich)
CONNECTED WITH THE WORLD

ArchiCAD+Grasshopper ONLINE コースは、パラメトリックデザインとBIMの連携方法を学べる内容です。どうぞご参加ください。

シンプルな課題と技術的な全ステップを通し、RhinoとGrasshopperの連携をプロ仕様で面白い PAZ ONLINE プラットフォームで学ぶことができます。

個人用PAZを伴って、日常業務を最適化しましょう!


原文投稿者: Carla Sologuren

2020年3月27日金曜日

Andrew Heumann のGrasshopperチュートリアル


Grasshopperのチュートリアルをお探しでしたら、初級から中級ユーザー向けの Andrew Heumann のシリーズをどうぞご覧ください。YouTubeセッションはどれも30分程度です。

AndrewはGrasshopperユーザーサイトデジタルアーティストへの投稿を頻繁に行っています。



原文投稿者: Sandy Mcneel

Long Nguyen のオンラインPythonプログラミングコース - 2020年4月22-24日


Python Level 1+ Basic & Intermediate Programming for Rhino and Grasshopper
2020年4月22-24日
オンライン


Long Nguyen(SimplyRhino UK 主催)の3日間のPythonクラスは、RhinoとGrasshopperさえ分かっていればプログラミングやスクリプトの予備知識は必要ありません。参加者の上限は8名だけですので、個別サポートも期待できるクラスです。

Pythonは3DモデリングからWebプログラミング、科学計算、AI(人工知能)等まで多くの分野で幅広く使われ、人気を増しているプログラミング言語です。

現代的なプログラミング言語でシンプルでクリーンな構文を備え、初心者でも非常に利用しやすくなっています。

RhinoとGrasshopperがPythonを公式にサポートしていることから、ユーザーは高度なNURBSエンジンに不可欠な機能の全てを含めパワフルなモデリング環境にプログラムでアクセスすることができ、以下のような新しく素晴らしい可能性を開きます:
  • 繰り返しのモデリングタスクを自動化して効率を高めるシンプルなスクリプト/ツールの作成
  • チームの具体的な必要に応じたツールやワークフローの開発・カスタマイズ
  • そのまま使う標準的ツールでは実現できない高度なデザインアルゴリズムのプログラミング
  • クリエイティブななデザインツールとしてPythonを利用
  • 他のソフトウェアプログラムと Rhino & Grasshopper の橋渡し

原文投稿者: Carla Sologuren

2020年3月26日木曜日

Crystallon入門ウェビナー



f=f 創始者の Aaron Porterfield が90分の無料ウェビナー、"Introduction to Crystallon" を行いました。

CrystallonGrasshopperを使って格子構造を作成する、オープンソースプラグインです。

格子構造の理論、可能性のある用途、Crystallonを使った素早いワークフローが紹介されました。

このウェビナーは3月29日(日)、17:00 CET/中央ヨーロッパ標準時に行われました。定員は50名でしたがYouTubeでライブストリーミングされ、終了後も録画(Part 1Part 2)をご覧いただけます。


原文投稿者: Carla Sologuren

2020年3月25日水曜日

フェイスシールドの3Dモデル


ControlMADがコミュニティにフェイスシールドのデザイン(3DM & DXF)を公開してくださいました。

レーザーカッターで1時間に最高10ユニットを製作することができます。詳細はこちら...


CoronaVirus Makersウェブサイト(スペイン語)には、他にも多くの医療用品や防護具のデザインが無料で公開されています。






原文投稿者: Carlos Pérez

2020年3月23日月曜日

Grasshopper向けC#スクリプトの基本ガイド

Essential Guide to C# Scripting for Grasshopper(Grasshopper向けC#スクリプトの基本ガイド/英語版)の初版を公開することができ、嬉しく思います。弊社McNeelの今回の新刊は、C#プログラミング言語を使った独自のカスタムスクリプトを作成できるようスキルのレベルアップをお考えの、Grasshopperビジュアルスクリプトで経験を積まれたデザイナーを対象にしています。このガイドはプログラミング経験があることを前提にしたものではなく、未経験でも大丈夫です。GrasshopperのC#コンポーネントの説明や、C#プログラミングの基本概要、RhinoCommonジオメトリの詳細なレビューの他、GrasshopperでC#を使ったデザインアルゴリズム実装の例もいくつか含まれています。


原文投稿者: Rajaa Issa

2020年3月18日水曜日

RhinoCAM 2020 リリースのお知らせ




MecSoft Corporation
が Rhinoceros 5/Rhinoceros 6 用で完全に統合されるCAMプラグインの最新バージョン、RhinoCAM 2020 をリリースしました。

リリースのハイライトには以下が含まれます:
  • Gコードファイルをプレビュー/編集する新しいGコードエディター
  • 輪郭ツールパスをネスティングする新しい Profile-Nesting モジュール
  • C軸加工機のプログラミングを旋盤上で行う新しい Mill-Turn モジュール
  • Fixtures – どのCAMツールパスでも固定具を定義できる機能
  • 2.5軸、3軸、4軸、5軸加工の機能および機能向上を多数追加
  • シミュレーション – テーパツールホルダーおよび固定具の衝突判定
  • その他の生産性およびユーザーインターフェイスの向上
詳細は RhinoCAM 2020 の What’s New をご覧ください。

RhinoCAMの無料デモ版のダウンロードは こちらからリクエストしていただけます。

原文投稿者: Sandy Mcneel