2018年9月19日水曜日

トゥルク(フィンランド)でのGrasshopperトレーニング


2018年10月29-30日
Käsityöläiskatu 4A
20100 Turku
フィンランド、トゥルク

Rhinocenter David Rutten を講師として迎え、フィンランドのトゥルクで 2日間の初心者向けGrasshopperコースを行います。.

Grasshopperは生成アルゴリズムを使って新しい形を探索するためのグラフィカルアルゴリズムエディタ です。
弊社 Robert McNeel & Associates の David Rutten はGrasshopperのデザイナーで、ジェネレーティブデザインの権威として世界的に知られています。

コース費用: €995(+VAT//付加価値税)
お席の確保はコース費用のお支払い確認後となりますのでご注意ください。残席がある場合、フルタイムの学生および大学教員(身分証明書が必要)の方は割引きが受けられます。  

定員: 8名。規定の人数に満たない場合、コースはワークショップ開始日(10月12日)より15日前にキャンセルとなります。

言語: 英語

参加条件: プログラミングやスクリプトの知識は必要ありません。参加者の方にご用意いただくのは、 Rhino 6 がインストールされているお使いのコンピューターだけです。

お申込みの方は Marika Almgren まで、メールでご連絡ください。

コース情報(フィンランド語): https://www.rhinocenter.fi/grasshopper-koulutus

2018年9月17日月曜日

Construct3D 2018 での教員向けRhinoワークショップ



Construct3D 2018 は3D印刷、デジタルファブリケーションのカンファレンスと、学術利用や成功事例、専門的な開発の機会を教員、学校スタッフ、学生向けに提供することに重点を置いたエキスポです。今年はジョージア工科大学がこのイベントを主催します。

教員向けの Rhino for Educators Workshop は総合的な1日入門クラスで、正確な3Dモデルの作成と編集の基本を学びます。レンダリング、デジタルファブリケーションのどちらにも対応できるモデルを開発するため、どうRhinoを使い始めれば良いかをカバーする速習クラスで、紹介で始まってからすぐ、より高度なサーフェス作成コマンドや3D印刷に向けたモデルの準備に進みます。“ハンズオン”になるよう企画されたクラスですが、コンピューターをお持ちでない方もお気軽にご参加ください。

場所: Georgia Tech Manufacturing Institute (GTMI),
813 Ferst Drive NW, Atlanta, GA 30332(米国ジョージア州アトランタ)
会場: GTMI Auditorium
: 2018年10月5日(金)
時間: 9:00am - 4:00pm
インストラクター: Mary Ann Fugier、教育/トレーニング ディレクター
Robert McNeel & Associates

お席には限りがあります - お申し込みはお早めに!

詳細...




原文投稿者: Dale Fugier

2018年9月14日金曜日

ACADIA 2018 メキシコシティ、10月18-20日





10月18 - 20日 | Universidad Iberoamericana | メキシコシティ


ACADIA 2018 Mexico City はコンピューテーショナルデザインの研究に関する論議を見直すことを目指します。メキシコにはルイス・バラガン、フェリックス・キャンデラ、リカルド・レゴレッタ、マティアス・ゲーリッツ、マリオ・パニといった名前が浮かぶように、豊かで多様なデザイン文化があります。このカンファレンスは不正確さの中で、現代建築の研究や実務の範囲で忠実性を定義する基準を破壊する実験ができるプラットフォームを提供します。 詳細...


お申込みはこちら

カンファレンスに合わせて様々なワークショップが行われます。詳細、ワークショップの説明、お申込み情報についてはこちらをご覧ください。


原文投稿者: Jody Mills

Karamba3Dワークショップ - 11月28-30日、ウィーン


場所: オーストリア、ウィーン
会場: Sichtart e.U., Mariahilfer Straßer 112/1/9 Vienna 1070
日程: 2018年11月28-30日
時間: 10:00 - 18:00
コース費用: 社会人€750(+VAT//付加価値税)、学生€375(+VAT)

プラグイン開発者で構造エンジニアの Clemens Preisinger が Karamba3Dエキスパートチームの Zeynep Aksoz、Matthew Tam と一緒に指導する3日間のワークショップで、Grasshopperのパラメトリック環境で構造システムをセットアップする方法に焦点を合わせます。構造モデルの解析や解釈の基本から最適化プロセス、Karamba3dをC#スクリプトに統合させる方法までご案内します。

このワークショップはKarambaの初心者から中級ユーザーを対象にしていますが、上級レベルの方にもお勧めします。また社会人、学生どちらのユーザーもお申込みいただけます。

Karamba3Dは空間トラス、フレーム、シェルの正確な解析を提供するパラメトリック構造エンジニアリングツールです。3Dモデリングツール、RhinocerosのプラグインであるGrasshopperのパラメトリックデザイン環境に完全に組み込まれ、パラメーター化されたジオメトリモデル、有限要素計算、Galapagosのような最適化アルゴリズムを組み合わせやすくしてくれます。


コース概要
  • Introduction & Presentation of project examples
  • Optimization of cross sections of line based and surface based elements
  • Geometric optimization
  • Topological Optimization
  • Structural Performance Informed Form Finding
  • Understanding analysis algorithms embedded in Karamba and visualising results
  • Complex Workflow processes in Rhino3d, Grasshopper3d and Karamba3d
参加条件
  • このワークショップは英語で行われます。
  • RhinoとGrasshopperの基礎知識はあった方が良いでしょう。
  • Karambaの知識は不要です。

定員は最大10名で、教育関係者向けのお席は限られています。このワークショップの実施には最低4名の参加者が必要となっており、10月15日までに達しない場合はキャンセルされます。

ご参加の方は、Rhino5/Rhino6 のいずれかとGrasshopperがインストールされた、各自お使いのノートパソコンをお持ちください。90日間有効のRhino評価版は、 こちらからダウンロードしていただけます。

ご参加の方には非商用使用半年間のKarambaライセンスが提供されます。



原文投稿者: Verena Vogler

2018年9月11日火曜日

ジョージア工科大学での Construct3D 2018 - Grasshopper 101 ワークショップ



今年のConstruct3Dはジョージア工科大学で開催されます。このカンファレンスはデジタルファブリケーションに関わる教育関係者を一堂に集めてアイデアを交換し、ネットワークを作り、新しいスキルを学んで、教育現場で3D印刷の探索や導入を加速することを目指しています。

光栄なことにRhinoFabStudioディレクターであり、Rhino & Grasshopperのスペシャリストである Andres Gonzalez を招いてくださいましたので、TROTEC USA と共同で行うプレゼンテーションと、2つのワークショップ指導させていただきます。

Andresが担当するGrasshopper入門のワークショップへ、どうぞご参加ください!

このコースは速習ペースでGrasshopperの概念や機能を効率的に学ぼうとお考えのデザイナー/設計者に向いています。AndresはGrasshopperプラグインを使ったRhinoでのジェネレーティブモデリングを、実例でご紹介します。

場所: Georgia Tech Manufacturing Institute(GTMI)
813 Ferst Drive NW, Atlanta, GA 30332(米国ジョージア州アトランタ))
日: 2018年10月5日(金)
時間: 9:00am - 4:00pm 

お席には限りがあります。今すぐお申込みください!


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andrés González

2018年9月6日木曜日

Construct3D 2018

Construct3D 2018 は3D印刷、デジタルファブリケーションのカンファレンスと、学術利用や成功事例、専門的な開発の機会を教員、学校スタッフ、学生向けに提供することに重点を置いたエキスポです。

今年はジョージア工科大学がイベントを主催し、10月5-8日に米国ジョージア州アトランタで行われます。お申込みは2018年9月28日まで受け付けられています。

このイベントは幼稚園(年長)から高校、高等教育あるいは非公式教育に関わる教員、実務者、技術者、デザイナー、学生でしたら、どなたでもご参加いただけます。

カンファレンスは著名な教育関係者や業界からパネリストを迎えて4日間で100以上の講演やワークショップを開催し、トップレベルのデザイン、マテリアル、デジタルファブリケーション技術等のデモを提供するベンダーエリア、議論を促す交流の場も設けられます。

弊社 Robert McNeel & Associates の指導的トレーナーである Andres GonzalezMary Ann FugierDale Fugier も参加し、RhinoGrasshopperSudoHopper3Dについて詳しく紹介するワークショップを行います。

それぞれの学校やプログラムにお持ち帰りいただける新しいスキルと、アプリケーションを開発したスタッフと直接お話しいただける機会を教育関係の方に提供するセッションです。



原文投稿者: Dale Fugier

2018年9月4日火曜日

3Dモデリングのワークショップ(初心者向け)- チリ




Carpintería Vez がチリで初心者向けのワークショップ、3D modeling Workshop for beginners を行います。建設関係、エンジニア、建築家、インダストリアルデザイナー、インテリアデザイナー、アーティスト、企業家といったその分野の技術者やプロを対象にしたコースで、ワークショップではRhinoが使われます。



日程: 2018年10月1日、3日
時間: 6:30pm - 8:30pm
場所: Calle Martinez de Rozas #520 Concepción,
C3 Centro de Creación Concepción、チリ(コンセプシオン)
費用: 250,000 CLP(チリペソ)

お申込みはこちら


詳細はメールでお問い合わせください: Evelyn Larraguibel


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andrés González

2018年8月31日金曜日

Innochaiエキシビション、“Practice Futures – Building Design in a new material age”開催 - KADK、コペンハーゲン




8月31日 - 12月7日
9:00 am - 5:00 pm


KADK Exhibition Hall
Danneskiold-Samsøes Allé 51
1435 Copenhagen K
(デンマーク、コペンハーゲン)


Innochainエキシビション、PRACTICE FUTURES: BUILDING DESIGN FOR A NEW MATERIAL AGE がKADKで開幕しました。 Innochainは建築、エンジニアリング、IT、ファブリケーションのデジタルデザイン実務における新しい可能性を研究する、ヨーロッパのPhDネットワークです。

ヨーロッパ全土の6つの教育機関から15のPhDプロジェクトを披露するエキシビションで、業界が絞られていることから、PhDは学際的分野の最先端の産業パートナー14社と共同で行われています。

共同で拡張デジタルチェーン– 未来の建築産業に向けた新しい総合的手法やデジタルワークフローを作り出すため、共通のデジタルプラットフォームは解析、ファブリケーション、マテリアルデザインのツールをつなぎ合わせることが可能です - を研究し、デジタルツールが伝統工芸技術の新しい使い方をどう作るか、資源効率を意識した最適化が新しい構造設計にどうつながるか、共有デジタルプラットフォームが新しいコラボレーションの理解にどうつながるかが紹介されます。
Rhino3DGrasshopper + 関連アプリは、どのPhD研究プロジェクトでも幅広く使われています。

Innochainエキシビション PRACTICE FUTURES は国際カンファレンス、PRACTICE FUTURES: Expanding information modelling for a new material age との共催で、カンファレンスは2018年11月8-9日に Danish Architecture Centre で行われます。カンファレンスのお申込み:http://innochain.net/conference/


Innochain産業パートナー:
BIG、Bluhmer Lehmann、Buro Happold、Cloud 9、designtoproduction、Fibre、Foster Partners、HENN、McNeel ヨーロッパ、ROK-Office、S-Form、Str.ucture、White Architects、 Smith Innovation

Innochainアカデミックパートナー:
バートレット建築学校 - UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)、IOA - ウィーン応用美術大学、CITA - デンマーク王立芸術アカデミー建築学部/デザイン学部/保存学部、ITKE - シュトットガルト大学、IAAC、スウェーデン王立工科大学 School of Architecture

原文投稿者: Verena Vogler

2018年8月30日木曜日

コンセプトフォンデザイナー、ヨナス・ダナートとの対談


Yanko Design がスマホ/インダストリアルデザイナー、ヨナス・ダナート(Jonas Daehnert)とのインタビューを公開しています。どうぞご覧ください。

Yanko Design は最高クラスの国際的プロダクトデザインをカバーすることに特化したオンラインマガジンです。

原文投稿者: Sandy Mcneel

2018年8月29日水曜日

オレゴン州ポートランドでの新しいRhinoコース


Gary Dawson Designs の Gary Dawson が新しい認定Rhinoトレーナーの仲間入りをしました。9月に Portland Jewelry Academy でレベル1 Rhinoコースを行います。


日程: 9月19-21日
場所: オレゴン州ポートランド 
受講料: US$750

このコースは2時間のセッション7回で構成され、初回は Portland Jewelry Academy で、続く6回はウェビナーとして行われます。クラスはRhino初心者から中級にかけてのユーザー向けで、ジュエリーのモデリングに焦点を合わせます。詳細... 


お問い合わせ、お申込みについてはメール(Jason Chandlerまたは電話(+1-503-444-5623)でご連絡ください。


原文投稿者: Jody Mills

ACADIA2018 ワークショップが発表されました!


2018年10月15 - 17日
UNAM(メキシコ国立自治大学)
メキシコシティ

The ACADIA2018 Workshops が発表され、詳細がオンラインで公開されています。


どうぞ以下からお選びください:
  • Flexible Formwork for Concrete Curves/コンクリートで曲線を描くフレキシブルな型枠(Rhino、Grasshopper)
  • Recalibrating Architectural Design Optimization/建築デザインの最適化を再調整(Rhino、Grasshopper、DIVA、Ladybug、Karamba、Galapagos等)
  • Holographic-Analog-Controlled (HACd) Machines: Working with hand-operated tools within mixed reality environments/アナログホログラム制御(HACd)マシン: 複合現実環境で手動ツールを使った作業(Rhino、Grasshopper、Fologram)

2018年8月28日火曜日

Grasshopperプラグイン、Fractals - food4Rhinoに登場


food4Rhinoでご利用いただけるようになりました! FractalsはGrasshopper向けの無償プラグインで、異なる3種類、L-システム、ヒマワリ、DLA(拡散律速凝集)の、数学的に生成されるフラクタルの作成に役立ちます。 原文投稿者: Sandy Mcneel

GrasshopperとShapeDiverが子供向け人工装具の3D印刷製作をお手伝い!


プロジェクト

このビデオで紹介されている通り、SuperGiz は変わったタイプの人工装具です。人の手をそのまま真似るのではなく、バスケットボール食事など、特定の状況下で非常に役立つよう作られています。最初に提供された子供の1人、既にSuperGizの義手を使っているHector の様子もご覧いただけます。

HECTOR と ISRAEL

Hectorの父、Israel は息子が遺伝的な課題を克服できそうな、実現可能な代替手段を何年も探し求めていましたが、そんな時に出会ったのがAutofabricantesメディアラボ・プラドでした。彼らは何度もの反復を経てSuperGizのコンセプトを考え出し、革命をもたらす手ごろな価格の人工装具が多くの家族に届くことを願っています。


2018年8月27日月曜日

Para Guru 2018 シンポジウム + Ladybugワークショップ




Para Guru 2018
Symposium + Ladybug Tool Workshops
11月3-10日(メルボルン)+ 11月12-17日(シドニー)


スウィンバーン大学とニューサウスウェールズ大学はLadybugツールを使い、11月にメルボルンとシドニーでイベント、Para Guru 2018 を開催します。

Para Guru Symposium + Ladybug Tool Workshops は、地元および国際的な Para Guru(パラメトリックの第一人者)を集めて熱中させ、彼らの経験や挑戦を共有することで建築、エンジニアリング、学界でのパラメトリックデザイン導入を促進することを目指しています。
原文投稿者: Sandy Mcneel

2018年8月22日水曜日

ジェネレーティブジュエリーデザインの入門コース、ニューヨーク




Grasshopper - Introduction to Generative Jewelry Design
2018年10月6-7日(土-日)
New York, NY(ニューヨーク)
受講料: US$495
Grasshopperコンセプトとパラメトリックデザインの実用的な理解を提供する2日間のクラスです。複雑に繰り返す形状の作業を大幅にスピードアップできるようにしながら、Grasshopperが今までにない流動性をどう生成し、自動タスクをデザインプロセスの中でさらに先へ進められるかを学び、探索しましょう。

プログラミングやスクリプトの知識は不要で、デザイナーは単純なものから壮大で圧倒されるようなデザインまでさまざまな形状ジェネレーターを構築することができます。このクラスはList管理をカバーし、Date Treesを紹介します。

参加条件: Rhinoの基礎知識が必要です。


ジュエリーのプロジェクトに取り組みますが、あらゆる業界のデザインのプロに役立つクラスです。

必要なもの: Rhino 5 と最新のGrasshopperがインストールされたノートパソコン。

インストラクターについて:
Akiyo Matsuoka(松岡晃代) は認定Rhinoトレーナーで、ニューヨークのファッション工科大学の講師でもあります。





原文投稿者: Jody Mills

Droid、food4Rhinoで公開


Droid は3D印刷に関連するGrasshopperプラグインライブラリの無料アドオンで、モデルのスライス制御、カスタムパス、Gコード生成を提供します。

Droid はRhino&Grasshopper環境で充填、シェルの厚さ、キャップといった従来のスライス機能を制御できるようにしてくれる他、一度モデルがRhino&Grasshopperのワークスペースにスライスされると、完全な制御と解析を可能にしながらパスの出力と編集が利用できます。.

カスタムまたは編集したパスはDroidに戻して入力し、Gコードを準備/生成することができます。

Droidを使うとDroidコンポーネントでモデルの準備と印刷を'プラグアンドプレイ'方式で行うことができますし、あるいはカスタム入力/出力の印刷パスで、より制御された実験的な方法を選ぶこともできます。

Droid は小型のデスクトップ3Dプリンターから大規模なロボットファブリケーターまで、様々な印刷デバイスを扱うことができます。

2018年8月21日火曜日

タコマの木造ドームを復活させる


米国ワシントン州タコマにあるタコマドームは改修が進められています。タコマドームは容積で比較すれば、世界最大の木造ドームアリーナです。

このドームでは過去35年の間に2,500万人以上が世界クラスのエンターテインメントを楽しみましたが、この夏、設備改良に3,000万ドル以上かけて強化されます。

ドームの構造と新しくアップグレードされたシートレイアウトは、3Dでの見直しやビジュアライゼーションのためにRhinoでモデリングされました。こちらはDIGがモデルを作り上げる様子を紹介したショートクリップです。

タイムラプスのレンダリングで見るモデルのウォークスルー動画






SudoHopper3D 教員向けガイド



Grasshopperを学ぶ手助けとなるよう、McNeel マイアミはパラメトリック思考の全体的な理解を向上させることのできるカードゲーム、SudoHopper3Dを作りました。SudoHopper3D では数学、アルゴリズム、基本的なコーディングを遊び半分に見て回ることができます。

レベル1 は定義を書く32の課題を提供します。弊社は教える側が学生のために学びやすくなるよう、"カンペ"として使える全ての課題の定義を掲載した Teacher's Guide を公開しました。


レベル1の全定義をご覧いただける Teacher's Guide はこちらからダウンロードしていただけます。

このカードゲームはレベル1向けのカード126枚で構成され、SudoHopper3Dを遊ぶのに必要な全てのカードは無料PDFファイルでダウンロードするか、実際のカードをこちらからオンラインでご注文いただくことができます。

またVimeoオンデマンドでのレベル1ビデオのレンタルもお勧めします。ビデオではそれぞれの課題を解決する定義を書く複数の方法を紹介し、英語またはスペイン語でご覧いただけるようになっています。



こちらのビデオで学生達がSudoHopper3Dをしている様子をご覧いただけます。


詳細は Andres Gonzalez まで、メールでお問い合わせください。


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

2018年8月20日月曜日

Karambaで複数のデザイン変数を最適化

片持ち梁の主応力および変形の解析


建築家の Patricio Llordella、Juan Fostel とエンジニアの Jorge Farez がアルゼンチン、ハドソンの一軒家を共同でデザインしました。

構造/建築パラメーターの組み合わせを研究するためにパラメトリックモデリングを使い、建築/構造上の必要性を満たすデザインを達成できるよう、社内で開発された多目的の最適化ツール、Zirkel とともにKarambaが使われました。

2018年8月17日金曜日

3D印刷とコンクリート


チューリッヒ工科大学(Digital Building Technologies)の Benjamin Dillenburger 教授が注目の話題、3D印刷とコンクリートについての動画を作成しました。

複雑なジオメトリを使ってコンクリートの枠組みを印刷し、軽量でプレハブのコンクリートスラブを製作しています。





2018年8月16日木曜日

新しいHVAC(暖房、換気、空調)プラグイン: Ironbug ベータ






Ladybug Tools が新しいHVAC(暖房、換気、空調)プラグイン、Ironbugを発表しました。 IronbugのHVACコンポーネントは現在のHoneybeeエネルギーモデリングの能力を広げます。またIronbugはOpenStudioのHVACモデリング能力を完全にGrasshopperへもたらします。

2018年8月15日水曜日

キング・ アブドゥルアズィーズ世界文化センター - スノーヘッタ


King Abdulaziz Center for World Culture
サウジアラビア、ダーラン

スノーヘッタ(Snøhetta)は2007年の招待者限定建築デザインコンペで選ばれ、この新しい文化施設のデザインを任されました。

キング・ アブドゥルアズィーズ世界文化センターは講堂、映画館、図書館、エキシビションホール、博物館、公文書館を含む多様な文化施設が備えられています。

金属のどの要素もユニークな長さと形状を持ち、RhinoとGrasshopper、Pythonスクリプトがこのプロジェクトで役に立つことを証明しました。



2018年8月14日火曜日

Scan&Solve for Rhino 6 リリースのお知らせ


Scan&Solve Pro for Rhino 6 がリリースされました!

Scan&Solve Pro はソリッドジオメトリ(ポリサーフェス、押し出し、メッシュ)のどのような集まりで構成されていても、接着されたアセンブリの構造シミュレーションを Rhino 6 で可能にしてくれます。木材と接着された直行異方性複合材など、高度なマテリアルモデルもサポートします。現在サブスクリプションライセンスに加え、永続ライセンスも提供されています。



2018年8月13日月曜日

パラメトリックデザインとデジタルソリューションのワークショップ - ブラジル、リオデジャネイロ



Brazilian Institute of Architects / Rio de Janeiro がブラジル、リオデジャネイロでワークショップ、Parametric Design and Digital Solution Workshop を行いました。


日程: 2018年8月18、25日
時間: 9 am - 6 pm
場所: Rua do Pinheiro nº10, Flamengo - Rio de Janeiro
ブラジル、リオデジャネイロ

Sede do IAB RJ(IAB RJ Headquarters

Rhino&Grasshopper等のデジタルツールを使って行う
ワークショップで、実践的/理論的クラスで体系化のプロセスを経験できる内容です。このコースはトータル16時間で、8時間のクラス2回に分けて提供されました。

プログラムで取り上げられた内容: サーフェスの構築、ユークリッド変換、直角座標/パラメトリック空間、ブール演算、数学的手法、サーフェスの構築と分割、パターン、拘束システム、データツリー、アトラクター、リパルサー

参加費用: 
学生:  R$ 500.50(ブラジルレアル) 
IAB-RJ Associates:  R$ 572.00 
4名以上のグループ:  R$ 607.75 
IAB 卒業生: R$ 643.50
重複する場合の最大割引き料金: R$ 429.00 
通常料金: R$ 715.00


詳細はメールでお問い合わせください: 
Carina Carmo
carina.fcarmo@gmail.com




RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。
原文投稿者: Andrés González

2018年8月10日金曜日

"Instancia"、XII Salón del Agua で最優秀に - コロンビア






Ramón Galvis Centurión のアート作品、Instanciaが、158の応募があった XII Salón del Agua in Cúcuta, Colombia のカテゴリー、“Other Visual Manifestations” で最優秀に選ばれました。おめでとうございます。

Instanciaは流れる水の一瞬をとらえたアート作品で、 形のないものに形を、静的なオブジェクトに動きを与えています。

RhinoGrasshopper、Bowerbirdを使ってデザインされた作品で、ワッフル構造が正確・精密にカットされるよう、特別なレーザー加工機で製作されました。床から1.2mの高さに天井から吊り下げて展示するようデザインされています。

ソーシャルメディアでRamónをフォロー: InstagramFacebook


詳細のお問い合わせはメールでどうぞ:
Ramón Galvis Centurión





RhinoFabStudioとは?  RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。
原文投稿者: Andrés González

船舶設計/マリンデザインのワークショップ: Orca3D + ExpressMarine - McNeel ヨーロッパ(バルセロナ)- 2018年10月22-24日



Marine Design Workshop: Orca3D + ExpressMarine by Stéphane Dardel
2018年10月22-24日
10:00 - 18:00

McNeel Europe S.L.
Roger de Flor, 32-34 bajos
08018 Barcelona(スペイン、バルセロナ)



McNeel ヨーロッパと Nick Danese Applied Research が3日間の Orca3D + ExpressMarine のワークショップを共催し、10月22-24日にMcNeel ヨーロッパで行われます。どうぞご参加ください。

Orca3Dは船体デザイン、流体静力、非損傷時復原性、パフォーマンス予測、重量追跡のための造船工学プラグインです。

ExpressMarine はバージョン2となり、船舶/マリン構造のパラメトリック3Dモデルを素早く作り上げることができます。もっと根本的にはデザインプロセスのごく初期に3D構造を開発できるようにしてくれることが、このプラグインの主な利点です。

この3日間のワークショップでは、Orca3DとExpressMarineの詳細な理解を身につけます。最初の船体デザイン、フェアリングテクニックの基礎、船体のフェアネス評価、流体静力および安定性チェックからExpressMarineを使ったパラメトリック構造モデルの作成まで、実践的な練習が行われます。Orca3D船体形状の更新で自動的に構造モデルが更新される等、補完プラグインによってもたらされる相乗効果を、どうぞご覧ください。


1日目
  • Orca3D Properties 
  • Rhino refresher: modeling aids, Gumball, geometry edition 
  • Hull assistants 
  • Foundations of modeling and fairing techniques 
  • NURBS theory 
  • Point control 
  • Surface analysis 

2日目
  • Hydrostatic calculations 
  • Stability with criteria verification 
  • Performance prediction 
  • Weight tracking 
  • Orca3D to ExpressMarine 
  • ExpressMarine modeling environment and GUI 
  • Modeling: Start from scratch 

3日目
  • Shell node 
  • Stiffeners 
  • Cutouts and openings 
  • Custom objects 
  • Outputs 
  • Interface to ShipWeight

参加条件: どなたでもご参加いただけますが、直接的には船舶設計や造船工学のプロや学界に向けたコースです。
参加される方にはある程度Rhinoを使いこなしていることが期待され、
Rhino 6 が動作する最近のパソコンであれば大丈夫です。

Software Licenses:Orca3DとExpressMarineのライセンスは、トレーニング中の無償提供が可能です。

コース費用: €795(+VAT/付加価値税) フルタイムの学生および大学教員(身分証明書が必要)の方は50%の割引きがあります。お席の確保はコース費用のお支払い確認後となります。

定員: 10名。規定の人数に満たない場合、コースは15日前にキャンセルとなります。

言語: 英語

学生/教員向けのお席は限られています。お申込みの方は McNeel ヨーロッパまで、どうぞお早めにご連絡ください。

原文投稿者: Verena Vogler

2018年8月7日火曜日

コンピューテーショナルデザインのインターンシップ - Arup(アラップ)ミラノ


アラップがイタリアにある Arup Milan Office でデジタルチームに加わるインターンを募集しています。(Grasshopper を含むスクリプト言語の経験者)詳細は英文とリンク先をご覧ください。

As an intern you'll participate in interesting architecture and engineering projects, working on topics like performance simulations, scripting routines and design optimization.

If you are enthusiastic about parametric design and you have experience with Grasshopper and other scripting languages (C#, VB, Processing, etc.) please apply on Arup's portal.


原文投稿者: Carla Sologuren

2018年8月3日金曜日

InnoChain 国際カンファレンス "新しいマテリアルの時代に向けたインフォメーションモデリングの拡張" - コペンハーゲン(デンマーク) - 2018年11月8-9日


InnoChainが国際カンファレンス、Expanding information modelling for a new material age を発表しました。

2018年11月8-9日にコペンハーゲンで行われ、OMAの手がけた新しいBLOXのビル内にあるデンマークの建築センター、Danish Architecture Centreが会場になります。

このカンファレンスはデンマークの組織、BLOXHUBと共同で開催され、学際/起業指向の研究のためのフォーラムを作ることを目指しています。

基本データ

2日間のカンファレンスで2018年11月8-9日、BLOXの Danish Architectural Centre で開催。
カンファレンス前のBLOXHUB全日ワークショップが、2018年11月7日にBLOXHUBスペースで行われます。



原文投稿者: Carlos Pérez

2018年7月31日火曜日

AAAngewandte2018、ウィーン(オーストリア)でのサマースクール - 2018年9月8-16日



Angewandte Architecture ChallengeAA出張スクールのコラボレーションで行われるワークショップで、世界的に有名な2つの機関から最新のアイデアを詳しく教わることのできる機会です。

アルゴリズムデザインへの関心や建築に応用されるジェネレーティブデザイン戦略の複雑さの高まりとともに、デザインからファブリケーションへの効率化されたプロセスのハイテクなコンピューテーショナルデザインツールの統合やオーサーシップの問題は、議論で切り離せない部分になろうとしています。業界内でCADソフト向けにカスタムソフトウェアツールを書くことが増えていることから、多くがプロジェクトのある段階で問題解決デバイスとして使われています。このワークショップはデザインプロセスに不可欠なものとしてアルゴリズムに関心を持って行われます。

原文投稿者: Carlos Pérez

Rhino 6、ロシア語版を公開

Русская версия Rhino 6!

Rhinoをロシア語でお使いいただけるようになりました!

ロシア語のウェブサイトRhino 6 の新機能を紹介し、ユーザーインターフェイスのダウンロードもしていただけるようになっています。

ロシアにあるパートナー、Sabit Soft と共に引き続きトレーニング教材に取り組み、近いうちにロシア語版を公開する予定です。

お気づきの点等ございましたら、McNeel ヨーロッパまで(英語で)ご連絡ください。ロシア語でのサポートについては、どうぞ弊社販売代理店へご相談ください。


原文投稿者: Delia Robalo