2019年8月20日火曜日

Rhinocerosモデリングにさらなる自由度をプラス!ディプロス株式会社が『XNurbs』の販売を開始

この度、ディプロス株式会社が国内で初めてXNurbsの販売を開始しました。

XNurbs(エックスナーブス)は、Rhinocerosで動作するサーフェス作成コマンドのプラグインソフトです。
Rhinoで五角形以上の輪郭をもつサーフェスを張るには、複数面に分けてサーフェスを敷き詰める必要がありますが、XNurbsを用いれば、最小限の操作で連続性を持った美しいサーフェスを単一面で生成できます。


30日間試用できる体験版もご用意がございますので、ぜひお試しください。

詳細はこちらから



2019年7月31日水曜日

パラメトリックデザイン—従来型3Dモデリングを越える


2019年8月8-9日に行われる Inside/Outside へ、どうぞご参加ください。
8月10日(土)にはRhinoFabStudioディレクターの Andrés Gonzalez がGrasshopper/パラメトリックデザインのトレーニングを行います。

Grasshopperは Rhinoceros 6 に搭載されるようになった、ビジュアルプログラミング環境です。Grasshopperスクリプトは視覚的要素で表示され、Grasshopperキャンバス全体で途切れることなく展開します。ビジュアルなGrasshopperスクリプトを作成することでコンセプトからファブリケーションまでモデルを探索し、作り上げることができます。


場所: ニューヨーク大学タンドン・ スクール・オブ・エンジニアリング

6 MetroTech Center
MakerSpace

BrooklynNY 11201(ニューヨーク)

日: 2019年8月10日(土)

時間: 9 AM to 5 PM(EDT/米国東部夏時間)



原文投稿者: Andrés González

2019年7月24日水曜日

Grasshopperで形を探るワークショップ、8月28-29日





2019年8月28-29日
$495.00

Grasshopper for Rhinoceros を学ぶ時が来たとお考えの方に、速習ペースで2日間のワークショップをご案内します。弊社McNeel マイアミの Andres Gonzalez Posada がシアトル本社に出張してこのクラスを担当します。ぜひご参加ください。

お席に限りがありますので、どうぞお早めにお申込みください。


Grasshopperは Rhinoceros 6 に搭載されるようになった、ビジュアルプログラミング環境です。Grasshopperスクリプトは視覚的要素で表示され、Grasshopperキャンバス全体で途切れることなく展開します。ビジュアルなGrasshopperスクリプトを作成することでコンセプトからファブリケーションまでモデルを探索し、作り上げることができます。

Grasshopper入門から中級レベルまで紹介するワークショップで、Grasshopperとパラメトリックデザインの機能的な理解も提供します。カバーする内容:

  • インターフェイスの理解
  • ジオメトリのモデリング
  • データ構造
  • ツリーを使う論理

クラス概要はこちらでご覧いただけます。


メモ:
基本的なRhino5とRhino6の実務知識が必要です。
弊社シアトルの教室はトレーニング中に1台ずつお使いいただけるコンピューターが装備されていますので、ノートパソコンは不要です。





原文投稿者: Jody Mills

2019年7月16日火曜日

Grasshopperチュートリアル: パターンを編む


10分間のGrasshopperチュートリアルで、Parametric House がNURBSサーフェスに織り込みパターンをモデリングするMesh+とWeaverbirdの使い方を紹介します。

最初にSweep1を使ってRhinoでサーフェスをモデリングし、次にMesh+を使ってパターンをモデリングします。最終的には結果を滑らかにして織り込みパターンを作成するWeaverbirdの使い方を紹介するチュートリアルです。


原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月15日月曜日

MAGIX-LOCK、魔法のような留め具


MAGIX-LOCK は特許を取得した革新的な留め具で、磁石の力を利用しています。引き付け合う通常の磁石と違い、逆向きで反発し合うマグネットがオブジェクトをはめ込んでロックします。留め具のオスとメスのパーツが合わさってロックされ、オスのパーツに力を加えることで外すことができます。

初期のデザインコンセプトはプロトタイプ製造プロセスの第1歩として役割を果たし、アナログのスケッチがデジタル空間に移されてRhinocerosで正確に3Dへと仕上げられました。バリエーションの違う最初のプロトタイプはFFF(=FDM/熱溶解積層法)で3D印刷され、効率の良いネオジム磁石を使って手で組み立てられました。このプロトタイプ1代目の結果に基づき、3Dモデルの材料の厚みやファブリケーションの許容差がRhinocerosでさらに最適化されました。


改良された2代目のプロトタイプは最終的な材質や外観をより正確に反映するロストワックス技術で鋳造され、現在の3代目は完全な再設計で機能が向上し、大量生産を見据えて全てCNC加工で作り上げられています。 Rhinocerosはデザインと構築のプロセスに不可欠なもので、最終的なファブリケーションプロセス(スケッチ-構築-製造)に向けた直接出力の役割を果たしています。

MAGIX-LOCKの機能的デザインのシンプルさは、ウォッチ、ジュエリー、バッグ、ヘルメット等、様々な製品で留め具の全く新しいスタイルを広げるでしょう。


原文投稿者: Carlos Pérez

2019年7月12日金曜日

Insole Designer とRhinoCAMを使った矯正用フットウェアのデザイン




イタリアに本拠を置く Duna Srl は市販のフットウェア製品の他、運動機能にハンディのあるクライアント向けにオーダーメイドの矯正用フットウェアを製造するグローバル企業です。

DunaはRhinoプラグイン、Insole Designer を開発しました。ナレッジベース、テンプレート、特化したRhinoユーティリティを使ってインソールデザインのプロセスを迅速化するCADプログラムで、正確で完全な 3D NURBS ポリサーフェスモデルのインソールが、最終的な靴の中に収められる状態で完成します。

CAMソフトについては、Dunaは MecSoft Corporation のRhinoCAMを使っています。

Insole Designer はインソールの統合データベースと、専門ツールおよびユーティリティを一式組み合わせたテンプレートを使い、処方されたインソールを作成します。

Insole Designer は他のインソールプログラムと違い、上下の輪郭を完全にぴったり合わせてインソールを作り出します。上部は患者の足のスキャンに、底部と外側の輪郭はDuna製の矯正靴にフィットし、追加されるインソール材は最低限しか使わずにオーダーメイドの完璧な結果を生み出します。

詳細はこちらでご覧いただけます: RhinoCAM does Custom Orthotics in Italy! 

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月11日木曜日

ICERMワークショップ: 動力学と確立を描く

平面内の安定マッチング
画像: Alexander E. Holroyd
Christopher Hoffman、Alexander Holroyd、Yuval Peres の研究に基づいた画像


ICERM (The Institute for Computational and Experimental Research in Mathematics)

11月11-15日
ブラウン大学
米国ロードアイランド州プロビデンス

動的システムと確立の実例、ビジュアライゼーション、コンピューターを使った実験を通して発展させる理論的洞察に焦点を合わせたワークショップです。

複雑力学のトピック: 
  • Dynamical moduli spaces and their dynamically-defined subvarieties
  • Degenerations of dynamical systems as one moves toward the boundary of moduli space
  • The structure of algebraic data coming from a family of dynamical systems
古典的動的システムのトピック: 
  • Flows on hyperbolic spaces and Lorentz attractors
  • Simple physical systems like billiards in two and three-dimensional domains
  • Flows on moduli spaces
確立の理論ではブラウン運動、シュラム・レヴナー発展(SLE)、離散値系のスケーリング限界のような連続時間確率過程やランダムウォークを取り上げます。


原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月10日水曜日

Grasshopperを使ったパラメトリックモデリングとデジタルファブリケーションのワークショップ - ブラジル




Lab for Architectural Singularity が Parametric Modeling and Digital Fabrication Workshop with Grasshopperを開催しました。



日程: 2019年7月15-20日
時間: 7 PM-10 PM 月-金曜)
10 AM-1 PM(土曜)
参加費用: 1,000.00ブラジルレアル
場所: Rua João Moura 2152
São Paulo, SP 05412004
ブラジル、サンパウロ

建築やデザインに適した特に高度なジェネレーティブモデリングソフト、Grasshopperを使ったデザインパラメーターを通した複雑なジオメトリの開発、コントロール、実現可能性を紹介する入門コースを提供しました。

このワークショップは最後に学生達が独自のモデルを開発/ファブリケーションする機会があり、建築家、デザイナー、エンジニア等、パラメトリックモデリングツールに関心のある方でしたら誰でも参加することができました。

詳細はメールでお問い合わせください: Renata Portelada

RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。


原文投稿者: Andrés González

280のコンポーネントを備えた形を変える Pufferfish V2.5


このプラグインは形を変えるために必要なトゥイーン、ブレンド、モーフィング、平均化、変形、補間に焦点を合わせた280のコンポーネントのセットです。通常は入力された数で割るGrasshopperとは対照的に、Pufferfishはトゥイーンやグリッドのような操作でよりカスタムコントロールができるよう、入力は主にパラメーターや係数を使います。

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月9日火曜日

Grasshopperチュートリアル: ボロノイ パターン



15分間のチュートリアル、Grasshopper Voronoi Pattern で、ヒマワリの種の配分をベースにしたボロノイパターンの作成を学ぶことができます。

Maelstromコンポーネントを使ったテクニックで一連の直線をねじり、ボロノイのセルを作り出します。実際のフィボナッチ数列ではありませんが、似たパターンを作り出すために使える早技です。

これはご利用可能な Parametric House一連のコースの1つに過ぎません。

Parametric House の Voronoi Pattern チュートリアル...

原文投稿者: Sandy Mcneel

Formlabs Roadshow 2019(ロンドン)


Formlabsは世界中の産業の中心地を訪れ、デジタル製造における3D印刷の可能性を楽しく伝えています。今回は7月17日(水)にロンドンで Formlabs Roadshow を開催し、地域のイノベーターを一堂に集めて3D印刷の活用が新しいビジネスの機会を作り出している様子を紹介しました。
Simply Rhino も加わり、 Goldsmiths’ Centre で2つのイベントを開催しています。

Morning Session | Jewellery Focus | 09:30-12:00
3Design、Matrix、Rhino、ZBrushを含む 3D CAD ソフトのあらゆるオプションを利用しているジュエラーに適したモーニングセッション。

Afternoon Session | Engineering & Design Focus | 13:00-16:00
SOLIDWORKS、Creo、Fusion 360、Onshape、NX、CATIA、Rhino、ZBrush、あるいは他のCADツールを利用しているエンジニアリング/デザインスタジオに適したアフタヌーンセッション。


原文投稿者: Carla Sologuren

2019年7月8日月曜日

Grasshopper/ARCHICADの連携を探る


先日の Reimagine 2019 カンファレンスで、Rhino/Grasshopper/ARCHICADの連携について Graphisoftが最新情報を紹介したプレゼンテーションをご覧いただけます。

太陽光解析を利用して影のパターンを作り出すために、GrasshopperとARCHICADが使われました。

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月4日木曜日

パラメトリックデザインのワークショップ、8月(ベルリン)



デザインスキルをレベルアップさせるパラメトリックの能力を身につけたい、
アイデアやコンセプトを全く新しい領域へ広げるパワフルなツールを学びたい、という方のためのワークショップです。

Wassef Dabboussi による Parametric Design Workshops(ベルリン、2018年9月、初心者および上級)はRhinocerosのビジュアルプログラミング無償プラグイン、Grasshopperを使うために必要な知識や技量を提供し、ハンズオンのパラメトリックプロジェクトも含まれたワークショップです。

  • オプション1: General Workshop for Beginners(初心者向け総合ワークショップ) - 16時間: 2019年8月17日スタート
  • オプション2: Intensive Workshop for Intermediates(中級向けワークショップ) - 8時間: 2019年8月24日スタート


原文投稿者: Carla Sologuren

Grasshopper UK ユーザーグループミーティング、ロンドン - 2019年7月23日



Heatherwick Studio、ロンドン
2019年7月23日

SimplyRhino UK と弊社McNeel は、Heatherwick StudioRhino Inside、Sub-D、Rhino 7 WIP を含む、様々なアップデートを紹介する特別なGrasshopperユーザーグループミーティングを開催します。どうぞご参加ください。

Heatherwickのプレゼンテーションで開幕し、弊社McNeel、参加者の皆さんと開発チームとのQ&Aへと進行します。



原文投稿者: Carlos Pérez

2019年7月2日火曜日

Grasshopperチュートリアル: Para! Stairs



Rhino Grasshopper Stair チュートリアルはシンプルなロフトサーフェスを使って一連のパラメトリック階段をモデリングします。

まずRhinoで基本となる曲線をモデリングし、GrasshopperでLoftコマンドを使ってサーフェスを作成します。その後Contourコマンドで階段の曲線を作成し、オフセットコンポーネントを押し出しと一緒に使ってモデルを完成させます。

これはご利用可能な Parametric House一連のコースの1つに過ぎません。

Rhino Grasshopper Stairs チュートリアル、Parametric House はこちら...

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月1日月曜日

WAR Workshop | スペイン、ムルシアでのサマーワークショップ



建築家および建築学生向けにスペイン語で行われるGrasshopperのサマーワークショップです。
後援: UIMP メネンデス・ペラヨ国際大学.

アルゴリズムのデザイン、プロセスの計画と説明、プロセスのプログラミング言語への変換、デザインへの外部データの取り込み、コーディングの限界の探索、その他多くの方法がスペイン語で紹介されます。


原文投稿者: Carla Sologuren

2019年6月28日金曜日

クリエイティブ産業もロボットを身近に



KUKA|prcはクリエイティブ業界が産業用ロボットを利用しやすくなるよう目標をかかげて誕生しました。

このため Association for Robots in Architecture のメンバーはKUKA|prcを無料で研究/教育に利用することができます。

KUKA|prcはCADソフトRhinoに含まれている使いやすいビジュアルプログラミングシステム、Grasshopperを利用しています。

KUKAロボットを直接パラメトリック環境に統合するロボット建設の要素を提供し、コードを書く代わりに直接シンプルな機能ブロック同士がつなげられ、結果が即座に可視化されます。



原文投稿者: Bernat Lorente

2019年6月27日木曜日

新体操センターのための建築


新体操の精神に宿る建築: RhinoとGrasshopper、さらにARCHICADが、ロシア、モスクワ近郊の Irina Viner-Usmanova Rhythmic Gymnastics Center(RGC/イリナ・ヴィネル新体操センター)に使われました。

RGCの屋根はコンセプトから組立図の作成まで、Rhino/Grasshopperでデザインされています。



原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年6月26日水曜日

強化されたEnnoble: 新しいSwarovski(スワロフスキー)ジルコニア・宝石ライブラリ、プロング&カッタービルダー、Rhino 5 & 6向け


Ennobleは一連の Adobe® Illustrator® & Rhino3D® 向け専用プラグインです。このソフトにはSwarovski(スワロフスキー)デジタルコンポーネントカタログが含まれ、デジタルジュエリー/ファッション/高級品のデザイナーおよびエンジニアにぴったりです。
Ennobleは最新のリリースで(最新の Swarovski Zirconia /スワロフスキージルコニアが追加された)Swarovski Crystal & Gemstone カタログから1,200以上のカットおよびサイズの組み合わせにアクセスできるようになり、また宝石の適用で一般的な課題に対応するプロングのコンポーネント作成やカッタービルダーの新機能セットを利用することができます。
RhinoでSwarovski(スワロフスキー)コンポーネント向けにジェネレーティブデザイン/エンジニアリングのツールをお使いいただくことができ、Rhino 5 と Rhino 6 の両方に対応しています。
リリースノートはオンラインでご覧いただけます。新しいFAQはこちらダウンロードはこちらからどうぞ。メーリングリストに登録すると、ソフィア(ブルガリア)での Total Chaos Master Class やロンドンの Rhino UGM、またEnnobleの全般的なニュースやリリースのアップデートについて、今後の情報を受け取ることができます。

EnnobleD. Swarovski Distribution GmbH が提供しています。


原文投稿者: Carlos Pérez

2019年6月25日火曜日

Pompano Beach High School、SeaPerchクラブのROV







Pompano Beach High School のSeaPerchクラブは受賞歴のある水中ロボティクス クラブです。リーダーの Maria Ilonta によって2016年に導入され、主に1インチの塩ビパイプとプールヌードルでROV(遠隔操作探査機)の製作を始めました。授業でRhinoの知識を向上させていたことから、メンバーはこのソフトを使って流体力学的で軽量、浮揚性のモデルをより速くデザインできることに気付きました。


新しいモデルのデザインにRhinoを使い始め、複数の水中ROV(水中ドローン)で複製パーツやモデル全体まで作り上げることができました。モデルはカスタマイズされ、最終的には3D印刷されて地元のコンペでは全て上位に入るようになり、出場資格を得て3D印刷のROVでジョージア州アトランタでの全国大会(2017)、マサチューセッツ州ダートマスでの国際大会(2018)、ワシントンD.C.での国際大会(2019)にチームを送り込みました。


詳細はメールでお問い合わせください:  Ronald Holley


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andrés González

Camillo De Gaspari(Camdesign)ヨットデザインのワークフロー

ヨットデザイナーの Camillo De Gaspari(Camdesignが3DデザインのワークフローをRhinoコミュニティに紹介してくださいました:

"コンセプトのほとんどは紙にスケッチしたものから3Dモデルを作成、再定義しており、今回のケースはデザイン界のトレンドや動物の形といった様々なものからインスピレーションを得ています。取引先からの要望や仕様から作業に入る時は従来型の設計スパイラルのことをお話しします。

Rhinoと一連のプラグインはそのようなコンセプト作りにとても効率的な環境で、関わる人も補完するソフトも多く必要とするより複雑なプロジェクト、ボートやそれより大きいエンジニアリングに使われるファイル形式のほとんどを簡単にインポート/読み込むことができます。

ヨットデザイナーには学際的なアプローチが求められ、私のワークフローは通常、次のようになっています。Rhinoを使った3Dモデリングがメインの場合、造船技師はマリンプラグインのOrca3Dを使うおかげで既に一貫性を得られます。モデリングの後、ボートのモックアップを3Dプリンターに送ることもあります。


Delta-eco(ABS plastic、2011)

2Dの図面はRhinoでたいした手間もなく生成、印刷することができ、レンダリングエンジン(Flamingo、V-Ray、あるいはMaxwell等)向けのテクスチャ追加へと進んだ後、動画向けか画像向けの作業かによって2種類のパイプラインに従います。前者の場合はRhinoプラグインのBongo、あるいはそのキネマティクスに追加する 3ds Max のような外部プログラムを併用し、レンダリング後に一連のフレームを動画にまとめます。画像の場合は枚数に関わらず、よく知られているPhotoshop、他にも特にMacで代替手段が揃っていますが、そのような専用ソフトでの画像編集やマルチライト等、ポストプロダクションでより効果を加えます。

私は小さな工芸品やヨットの3Dモデルにかなりのディテールを加える傾向がありますが、よりリアルに見えるというだけでなく、実行段階やプロジェクト製作中での変更作業が少なくなることも理由になっています。"

原文投稿者: Carlos Pérez

2019年6月24日月曜日

多種多様なマスタープランの生成方法 - KPF

How to Generate a Thousand Master Plans:
A Framework for Computational Urban Design
SIMAUD 2019(ジョージア工科大学)

都市計画のマスタープランをデザインする現在のプロセスは一般的に、CADソフトの力を借りて区画条件に基づく数例の案を考える複数の建築士や都市計画家のチームが関わります。(経済、環境等について)一連のパフォーマンスの目標を達成できるよう計画されますが、初期段階やデザインプロセスを通した定量的な分析はほとんど行われません。可能性のあるアプローチやそれぞれの案の相対的パフォーマンスを全て把握することは難しい方法です。

都市のサステナビリティ(持続可能性)、住みやすさ、衡平性を向上させながら急速な都市化を一番良い形で調整するには、デザインについて十分な情報を得た上で決定できる定量的ツールを使う必要があります。

コンピューテーショナルデザインの技術は建設規模から非常に多くのデザインのテスト、パフォーマンスの数値化までうまく利用されていますが、コンピューテーションの経費増加や入力を制限する難しさ、プロセスにより多くの関係者が関わることから、都市規模での応用は困難です。




原文投稿者: Carlos Pérez

2019年6月21日金曜日

サグラダ・ファミリア キリスト降誕のファサード - 点群からの3Dモデリング


Junta Constructora del Templo de Sagrada Familia のためにModelicalが手がけた作業

アントニ・ガウディのプロジェクト、バルセロナにあるサグラダ・ファミリアのバシリカについて聞かれたことのある方もいらっしゃると思いますが、その建物が1882年に建設が始まり、今も最新のテクノロジーを使ってデザインと建設が続けられていることは、きっと多くの方がご存知だと思います。この建物でユネスコの世界遺産であるキリスト降誕のファサードは2Dでも3Dでも信頼でき、詳細が分かる資料が2018年までありませんでした。

修復とクリーニング作業の際、トポグラフィーのチームは点群と写真測量を使ったファサード全体の調査を依頼されました。その結果、Modelicalの依頼はNURBSサーフェスとメッシュ両方で完全な3Dモデルのセットになり、ファサードの詳細が分かる断面図や設計図の2D図を取り出すことができました。



原文投稿者: Carlos Pérez

NXT BLD カンファレンス、ロンドン - 講演の録画


NXT BLD(Next Build/次世代の建設)はBIMの先にある建築環境に新しく生まれた技術を探る、未来を見据えたカンファレンスとエキシビションです。デジタルファブリケーション、人工知能(AI)、ロボット、ジェネレーティブデザイン、VR、リアリティモデリング、その他多くのトピックが含まれ、素晴らしい講演者を迎えて6月11日にロンドンで行われました。その講演者の多くはRhino/Grasshopperユーザーです。

このイベントに参加されなかった方も、こちら(ページの下までスクロールしてください)でご登録になると録画されたセッションをご覧いただけます。

原文投稿者: Carlos Pérez

ShapeDiver、Kangaroo 2 プラグインをサポート



Grasshopper 1.0 への追加で特に面白いのは、ネイティブのGrasshopperコンポーネントのセットとしてKangarooプラグインが含まれていることです。多くの要望により、ShapeDiverは Kangaroo 2 をサポートしています。

一部のKangarooの機能はその性質からShapeDiverと互換性がないため、それがサポートを始める上で警告を行う主な理由になっています。

KangarooとShapeDiverを一緒に使う前に知っておくべき注意事項についてはこちらの記事の全文をご覧ください。.

原文投稿者:Carla Sologuren

2019年6月19日水曜日

ロンドンでの FABRICATE 2020 カンファレンス - 作品募集の受付終了


FABRICATEはデジタルファブリケーションをテーマに根拠となるパブリケーションで相互評価する国際カンファレンスです。進歩するデジタルデザインと製造プロセスの統合や21世紀のデザインとものづくりへの影響を議論するFABRICATEは建築、建設、エンジニアリング、製造、マテリアルテクノロジー、コンピューテーションの範囲でデザインやものづくりに関わるパイオニア達を一堂に集めます。
議論に含まれる主要テーマ: 
  • コンポーネントから建設規模まで、デジタルファブリケーション技術は新しい創造性や建設の機会をどう可能にしているか
  • デジタルモデリングとその実現の間にある困難な隔たり
  • デジタルモデリングとその実現の間にある困難な隔たり
  • 現場内外での建設
  • 学際的な教育
  • 経済的でサステナブルなコンテクスト

FABRICATE 2020スウィンバーン工科大学コーネル大学(College of Architecture, Art, and Planning)UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、The Bartlett School of Architecture)が共同議長となって共催されます。

2020年は 22 Gordon Street にある本館の大幅な改修工事の完成を含め、サイズ、範囲、外観ともここ数年でかなりの変化を遂げたFABRICATE誕生の地、UCLの Bartlett School of Architecture に戻ってきます。Hawkins\Brownがデザインしたプロジェクトは利用可能な空間を倍増させ、オープンプランのスタジオ、展示スペース、B-made(Bartlett Manufacturing and Design Exchange)として知られるワークショップを含め、1,200名以上の学生と400名以上のスタッフに最先端の設備を提供する建物になっています。



原文投稿者:Carlos Pérez

ArchiCAD + Grasshopper 集中サマーコース、PAZ Academy、チューリッヒ


2019年7月8-12日
PAZ Academy(Parametric Academy Zurich)
スイス、チューリッヒ


ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)を使って初期デザインにつなげる方法を紹介するサマーキャンプ、ArchiCAD-Grasshopper Summer Camp が行われました。

シンプルな練習でGrasshopperを学び、2つのソフトを組み合わせて使えるようにするステップも全て紹介されました。

コースの終わりには実際に使える定義について理解、編集し、自分で開発できるようになり、夏を楽しみながら日常業務を最適化できる内容でした。


原文投稿者:Carla Sologuren

2019年6月17日月曜日

DR_SoM 手法についてのデザイン研究シリーズ

DR_SoM Digital Practice TU Graz Oct-24-27-2019
Design Research Series on Method
2019年10月24–26日
グラーツ工科大学、オーストリア


Design Research Series on Method(DR_SoM)7回目のセッションはグラーツ工科大学で、Architectural Research in Europe Network Association(ARENA)の年次大会を兼ねて行われます。実務上の建築リサーチは3回目ですが、デジタルに重点を置くのは今回が初めてで、DR_SoM は特にデザインの着想や考え方の新しい方法としてデジタル技術をとらえているプロジェクトや事務所について聞きたいと考えています。詳細はオンライン発表をご覧ください。



原文投稿者: David Leon

最小化による形状探索


修士課程、 Master's Degree in Parametric Design in Architecture(MPDA)Daniel Piker が講義を行い、Studio2の審査に加わりました(6月20日14:00、ETSAVの Assembly Hall / Sant Cugat del Valles、バルセロナにて)

このコースは建設を意識したデザインに焦点を合わせ、今までにない実験的な建築方式に基づく1:1のモデルのファブリケーションで締めくくられました。今年は実現可能性を非常に重視しながら、ハイブリッドでベンディングアクティブ(Bending-Active)な球状で弾力性を備えたGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製グリッドシェルのデザインとファブリケーションに取り組み、広範囲にわたってKangarooで作成した物理的/デジタル両方のモデルを頼りに進め、K2eで解析が行われました。コースには複数のセミナーとマスタークラスが含まれ、Christoph GengnagelRiccardo La MagnaCecilie Brandt といったこの分野の国際的なエキスパートが参加しました。

Daniel Piker
Form-finding through minimisation

Daniel は研究と実務の両面から、建築における複雑な形状のデザインと実現に関わっています。 以前はArup(アラップ)の Advanced Geometry Unit で仕事をしていましたが、現在は Foster+Partners の Specialist Modelling Group に所属し、インタラクティブな物理シミュレーションや最適化を Rhino 3D CADソフトで幅広く実現できる形状探索ツール、Kangarooの開発者でもあります。

原文投稿者: Carla Sologuren

2019年6月16日日曜日

Grasshopper - ARCHICAD 23 ウェビナー(スペイン語)- 2019年6月26日


先日 ARCHICAD 23 が発表され、Rhino & Grasshopper との連携がさらに強化されました。

SIMBIM Solutions はARCHICADでのアルゴリズムデザイン(Grasshopper)について、スペイン語でウェビナーを行いました。
原文投稿者: Carlos Pérez

2019年6月14日金曜日

ワークショップ: SortalGI 形態文法インタープリター


Rhino / GH Shape Grammars
講師: Rudi Stouffs、Andrew Li、Dan Hou
6月22-25日
韓国、大田(デジョン)

SortalGI 形態文法インタープリターの使い方を紹介する4日間のワークショップが行われました。

SortalGI Shape Grammar Interpreter のサポートするRhino/Grasshopper環境で形態ルールの開発と適用を探る内容で、このインタープリターは点、線や平面のセグメント、円、楕円、円弧、2次ベジェ曲線を含め、2次元および3次元、パラメトリック/ノンパラメトリック両方のルール、形態発想で、RhinoとGrasshopperの両方で形態ルールおよび記述ルールをサポートします。




原文投稿者: Sandy Mcneel

新しいリリース - ARCHICAD 23

GRAPHISOFTがBIMオーサリングソフト、ARCHICAD 23 の最新版をリリースしました。パフォーマンスや反応が向上し、さらにいくつかの興味深いGrasshopperベースのテクノロジーが新しく統合されています。

Rhino-Grasshopper-ARCHICAD ライブコネクション—新しい Grasshopper Deconstruct Component はARCHICADのサーフェス要素をデザインの参照に使うことができ、この機能を利用すると主要デザインへの変更が自動的にBIMで更新され、関連するディテールは全てGrasshopperのデジタルアルゴリズムで生成されます。.
ARCHICAD 23の詳細...

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年6月13日木曜日

Designers Corner - Marco Traverso のインタビュー


Designers CornerShapeDiverのブログのカテゴリーで、パラメトリックデザイナーが業績や作品、モデルの裏話について話す場で、このエピソードではイタリアのコンピューテーショナルデザイナーMarco Traverso に話を聞いています。

Marco Traverso機械工学を学び、仕事はいつもインダストリアルデザイン乗物のデザイン建築3Dモデリングおよびビジュアライゼーションソフトやウェブの開発が重なる所でした。2004年にカーデザイナーやマニアに人気の高いウェブサイト、Car Body Design を立ち上げています。

彼の作品や背景、自動車業界については、こちらのインタビューで紹介されています。


原文投稿者: Carla Sologuren

2019年6月12日水曜日

ICERMワークショップ: 整数論と代数を描く





ICERM(Institute for Computational and Experimental Research in Mathematics)

10月21-25日
ブラウン大学
Providence, Rhode Island(米国ロードアイランド州プロビデンス)

数学の描写と数学的研究との象徴的な関係は、代数と整数論に開花します。代数や整数論向けの新しいビジュアライゼーションツールの開発を含め、その連携を紹介し、発展させるワークショップで、アポロニウスの球充填や数論的双曲多様体の実例、整数列の統計の視覚的探索、またガウス周期やモジュラー形式のフーリエ係数といったオブジェクトの実例となるジオメトリなどを含む、幅広いトピックが取り上げられます。他にもエクスパンダーグラフ、可換砂山、ディオファントス近似等がトピックに含まれる可能性があります。

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年6月10日月曜日

Essential Mathematics 第4版



Essential Mathematics for Computational Design(コンピューテーショナルデザインのための数学の基礎/英語版)の第4版を公開できることになり、嬉しく思います。弊社McNeelの出版するこのテキストは、Grasshopperを使ったアルゴリズム/パラメトリックデザインを効果的に開発するために不可欠な数学的概念の基礎を、デザインのプロに役立つよう紹介しています。テキストとサンプルはNURBSジオメトリ、ベクトル、変形などをある程度深く、全て視覚的な解説を付け、Rhino 6 で100近くのGrasshopper定義を使いながら説明しています。マテリアルは現在ショートビデオ(それぞれ2-4分)への録画を進めており、最初のセットを公開中で他のビデオも順次公開の予定です。

Essential Mathematics のテキストとGrasshopperのサンプルをダウンロード...
Essential Mathematics のビデオを見る...

原文投稿者: Rajaa Issa

ワークショップ: 木造板構造のデジタルデザインとファブリケーション





2019年8月15日
シドニー大学

日: 2019年8月15日(木)
場所: シドニー大学、The School of Architecture, Design and Planning
148 City Rd, Darlington, NSW 2008(オーストラリア)
ワークショップ: 4:00 PM–6:00 PM
公開講演: 6:30 PM–7:30 PM

技術者継続教育の2時間コースと1時間の公開講座で、木材の継ぎ手のデジタルファブリケーションや木造板構造のクローズドループのデジタルデザインワークフローを含む、最先端の木造建築技術のコンピューテーショナルデザイン戦略を紹介します。

伝統的な木材の継手は高層木構造の建設で何百年もうまく利用されていましたが、大量の木造建設の復活やCNCファブリケーション機械の急増により、再び木造建物を建設する機能的でコストのかからない方法になっています。

適切にデザインすれば継手は構造的にも建設の上でも多くの利点をもたらし、これにはパーツの許容差や力学的挙動をかなりより良く制御できるようにしたり、組み立てをスピードアップする自動整列や自動ロックの機能、マテリアルの使用やCNCファブリケーションの時間を最適化することでパーツの製造コストを下げることが含まれます。

このような利点はデザイナー、ファブリケーター、建設業者の間に高度な調整があって初めて実現することができ、このコースでは参加者がその調整に必要なスキルを伸ばし、デジタル統合された最先端の木造建築を作り上げられるようにします。




 Register now


原文投稿者: Jody Mills

2019年6月5日水曜日

3D印刷の石とコンクリートが明らかに!



アディティブマニュファクチャリングによるマスカスタマイゼーションはプラスチックや金属といった材料で既に広まっていますが、コンクリートや石のような他のものについてまだ費用がかかりすぎ、あるいは複雑すぎて商業的に実現可能とはいえません。

技術の進歩やShapeDiverConcr3deのようなアイデアの結集のおかげで、一企業が自社のウェブサイトでデジタル製品の形でアルゴリズムを発行できるようになりました。エンドユーザーはオンラインでカスタマイズし、ユニークなデザインをすぐに3D印刷することができます。

GrasshopperRhinoのウェブベースカスタマイズとアディティブマニュファクチャリングを通したパラメトリックデザインの組み合わせにより、製品はオンラインでデザインして直接オーダーを受けることができるようになり、手ごろな価格で全く新しい材料を使ったものにすることができます。コンセプトデザインから実際の具体的な製品になるまで、ほんの数日で進めることができます。


原文投稿者: Carla Sologuren

2019年6月4日火曜日

バーニングマンで炎に包まれるペガサス



金属彫刻家で長年に渡るRhinoユーザーである Adrian Landon は、17歳の時に初めてRhinoをダウンロードしました。車をデザインしたかった彼が独学でRhinoの使い方を学んだのは13年前のことで、その結果として金属加工を習得しました。タイヤ4本のあるデザインから4本足のデザインへと移り、実物大でメカニックな金属製の馬につながりました。

今はバーニングマン2019に向けて巨大な機械仕掛けの金属製ペガサス、Wings of Glory-The Mechanical Pegasus を製作中で、翼幅40フィートでメカニックがほとんど見える作品になります。

このペガサスは空中で炎の上をスローモーションでギャロップしながら飛ぶしかけで、動いている間はプロパンガスの装置が炎を吹き出します。

Wings of Glory はデザインとエンジニアリングの最終工程に入り、 Kickstarterのキャンペーンで詳細をご覧いただけます。

原文投稿者: Rajaa Issa

Rhino UK ユーザーミーティング(ロンドン、6月12日)



6月12日(水)、SimplyRhino が Rhino UK User Group Meeting 2019Crypt on the Green(Clerkenwell Close、ロンドン)で開催し、経験豊富なユーザーのプレゼンや出展パートナーのソフトの実演を、広がりを増すRhinoコミュニティに紹介しました。
 
アジェンダの要約はこちらで公開されています。講演者: 弊社McNeel、Pablo Zamorano(Heatherwick Studio)、Lee Simmons、James Woodington(Safran Seats GB)、Karl Lenton(Seeds)、Oliver Salway(Softroom)、Graham Hench(Swarovski Professional)、Daniel Piker(Kangaroo)、Carlos Bausa & Dirce Medina(Wild Designs)、Chris Johnson(Pentland Brands)
 
詳細とお申込みはこちら...

原文投稿者: Carlos Pérez

2019年6月3日月曜日

クリエイティブなキャンパス - コスタリカ


コスタリカのラティーナ大学、"Campus Creativo" 落成 - Sede Heredia

このクリエイティブなキャンパスは、多くのクリエイティブな専門分野に提供される学際的な教育スペースです。創造性を後押しし、革新的コミュニケーションの統合を促し、問題解決や考案の新しい方法を生み出す学術的環境を立ち上げることが目的です。

この落成記念の期間にRhinoFabStudioのワールドワイドディレクター、Andres Gonzalez Posada がRhinoGrasshopperのワークショップと、データ駆動のデザインおよびファブリケーションの手法を紹介しました。

日程: 2019年6月3-6日
場所: Edificio E, Sede Heredia(コスタリカ)

詳細のお問い合せ: Arq. Margherita Valle Pilia
Tel: (+506) 22076004 - メール: margherita.valle@ulatina.cr


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andrés González

SuperD - 新しいモデリングプラグイン



SuperD はRhinoのハイクオリティで隙間のないコンセプトデザインを行うツールです。
覚えやすく、工業規格を満たし、メッシュコントロールのインターフェイスを備えています。 以前あったT-splines等(SubDのような)再帰的細分割ツールを探しているユーザー向けで、'奇抜'あるいは'スター'ポイントはないので取り組む必要もなく、パッチクラスターや隙間もありません。継ぎ目は(専門用語のC2に近く)非常に滑らかで、エッジを尖らせたり尖りと丸みの間を滑らかに散逸させることができる素晴らしいツールを備えています。 モデルがデザインの常識的なルールに従っていれば全く隙間のない状態で出力され、余計な'修復'作業なしに3D印刷ができます。B-スプラインへはボタンクリック1つで素早く変換でき、あらゆるポリゴンファイルを入力に使い、滑らかにし、Rhino B-スプラインとして出力することが可能になります。 どうぞチュートリアルビデオをご覧ください


原文投稿者: Carlos Pérez

2019年5月30日木曜日

地形デザイン技術のPhDワークショップ、8月26- 30日、コペンハーゲン


© University of Copenhagen & Echtzeit GmbH, Figure: The Rhino Sandbox. © IGN


日程: 2019年8月26-30日

会場: コペンハーゲン大学(Department of Geosciences and Natural Resource Management)
講師: Dylan Cawthorne、Patrick Moechel、Thomas Ott、Kane Borg、Rikke Munck Petersen、Anne Wagner、Lene Fischer、Hans Skov-Petersen、Pia Fricker、Mariusz Hermansdorfer


コペンハーゲン大学(Department of Geosciences and Natural Resource Management)が主催するこのPhDワークショップは、都市や景観の計画/デザインプロセスにおける現実を記録、表現、変換、シミュレーション、やり取りする地形デザイン技術を取り上げます。このコースは厚紙やクレイで作った物理モデルや確立された 2D GIS や 3D CAD で構成したデジタル技術に基づく古典的な方法を越え、認識されている世界の一方でそのデジタル対物理的な表現が並ぶ新しい新興技術を取り入れ、紹介し、議論することを目指します。

地形デザイナー、ランドスケープアーキテクト、建築家、エンジニア向けデザイン、モデリング、シミュレーションのツールとして、RhinoとGrasshopperが使われます。

原文投稿者: Verena

2019年5月29日水曜日

竹のオフィス、Design Building コンペ(中国)



全てRhino(2D+3D)でデザインされ、Grasshopperで環境解析されたプロジェクト、Bamboo Office が、Chinese Sustainable Design Centre China New Building Materials Design & Research Institute のプロモーションで行われた1回目の International Design Building Competition で受賞作品の1つに選ばれました。 Barberio Colella ARC(Maurizio Barberio and Micaela Colella)が Angelo Figliola と共同でデザインしたこの興味深いプロジェクトは、建築、生物気候、環境の面もカバーしています。


原文投稿者: Carla Sologuren

2019年5月28日火曜日

Rhino 6 for Windows レベル2オンラインコース - 2019年6月



2019年6月18-27日
9 AM-1 PM PDT/太平洋夏時間
US$250 - 詳細

特に高度なRhinoの機能を利用する方法を学ぶ、2週間の上級クラスがオンラインで行われました。ハイクオリティなモデルをより素早く、より簡単に作成するヒントやコツも紹介されました。

Dates: 
  • 火-木、6月18-20日
  • 火-木、6月25-27日

時間は全て太平洋夏時間です。タイムゾーンを計算する。 


詳細はこちら

Rhinoのスキルを向上させるオンライントレーニングで、Pascal Golay がインストラクターを務めました。Pascal は弊社 Robert McNeel & Associates の技術者で、高い頻度で Discourse Support Forum へも投稿しています。自宅での学習も推奨しますがオプションです。セッションは全て録画され、復習用に投稿されます。セッションができなかった場合はご都合に合わせて遅れを取り戻すことができます。

クラスに必要なもの: 
  • Rhino 6 for Windows の事前インストール(インストラクターが使用するバージョン)
  • Rhino 5 for WindowsRhino for Mac はお勧めできません。
  • 安定した高速インターネット接続。 
  • マイク付きヘッドセット
  • クラス概要

原文投稿者: Mary Ann Fugier