2020年2月4日火曜日

3D印刷されたモデル - スーパーボウルのスタジアム




マイアミデイド警察がスーパーボウルの準備に役立てるため、ハードロック・スタジアムの3D印刷モデル作成にフロリダ国際大学(FIU)の学生達の協力を求める

マイアミデイド郡警察(MDPD)は(断面への分割を含めた)ハードロック・スタジアムのモデルを、イベント開催日の2月2日(金)に向けて行われた2019年11月の対策会議から使いました。

FIU(フロリダ国際大学)の College of Communication, Architecture + The Arts で学ぶ学生達が作成した4×5フィート(1.2×1.5メートル)のモックアップで、6万5千席のスタジアムの観客席、コンコース、出入口、部屋、支持梁を詳細に再現していました。

そのおかげで警察はアメリカンフットボールのメジャーイベントに向けてスタジアムの構造に精通し、安全のための手順や計画を準備して警官を配備することができました。このモデルはコンサートのような今後の活動にも利用されます。




RhinoFabStudioの認証をお考えですか? RhinoFabStudio®(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。


原文投稿者: Andrés González

0 件のコメント: