2017年9月8日金曜日

アルゴリズムを使ったデザイン - デジタルデザインモデリングのトレンド



モデリングでアルゴリズムにどうアプローチしますか? Raymundo Burgueno は従来のソフトを使って1つ1つのコンポーネントを作っている人に会うと、「あなたに必要なのはRhinoとGrasshopperに堪能な人ですよ。」と言うそうです。

Raymundo は続けて、プログラミング経験が全くないとGrasshopperでのアルゴリズム作成を学ぶのは難しいかもしれませんから、と説明します。NURBSベースモデリングの従来のワークフローでの作業とは、非常に異なるアプローチでモデリングに取り組む必要があります。

Grasshopperを使った作業プロセスの一番パワフルな部分は一度アルゴリズムを書き上げてしまうとカスタマイズ可能で、プロセスのどの段階でも即座にパラメーターを変更することができることです。それぞれのデータセットをコントロールすることで、デザインのモデリングプロセスの中で距離や空間など、他のパラメーターに基づいてデザインを変更することができます。

Formtrendsの記事でRaymundoがこのプロセスを簡単にまとめています。


0 件のコメント: