2016年7月25日月曜日

多目的文化センターのためのプロジェクト - マテーラ(イタリア)


New Fundamentals Research Group は Giuseppe Fallacara 教授の率いる研究者とイタリア人建築家のチームで、Polytechnic University of Bari の Department of Civil Engineering and Architecture(DICAR)に付属して建築におけるイノベーションと伝統の関係に取り組む研究プロジェクトを開発しています。

Fallacara教授の学生達はArchitectural Design(Polytechnic University of Bari 建築学部の修士課程3年生で、指導教員である Maurizio BarberioMicaela Colella の支援を受けながらマテーラの街の建築デザインプロジェクトに向けて複数の異なる企画を開発し、この様子をビデオにまとめました。

このプロジェクトは新しい多目的文化センターに関するもので、マテーラの街のために新しい都市と建築のアイデアをまとめた学生達の貢献は European Cultural Capital for 2019 に選ばれました。彼らの考えた建築のモデリングには、主にRhinoとGrasshopperが使われました。






0 件のコメント: