2014年8月6日水曜日

eCAADe 2014 - ノーザンブリア大学、英国、ニューキャッスル


eCAADe 2014
ノーザンブリア大学、英国、ニューキャッスル
2014年9月8-12日

eCAADe 2014 カンファレンス(9月10-12日)は、自然環境の管理/表現サービスの高度なレベルでのデータ統合や、その構築環境を作り、ビジュアライゼーション、デザインする可能性を探ります。

eCAADe 2014ワークショップ (9月8-9日)に含まれる内容:

Graph modelling with Grasshopper3d 
Introduction to data flow programming via visual graph editing
インストラクター: Peter Mehrtens

CAADソフトやCADプラットフォームは建築家やエンジニアにダイレクト/パラメトリックモデリングの幅広い機能を提供してくれますが、建築モデルがルールベースのデザインを表す場合のシナリオでは、実際のデザイン結果の基礎となるアルゴリズムの開発を支援する補間ツールを使うことが適切と言えるでしょう。

2日間の教室スタイルのワークショップでGrasshopperとRhinoを使います。
Grasshopper3dは非巡回有向グラフのデータフローをモデリングすることでデザインを開発できるようにする、NURBSモデリングソフトウェアRhinocerosのプラグインです。

0 件のコメント: