2013年11月15日金曜日

雰囲気や服の色を変える – そんなアプリがあります

写真: Oscar Carmona
バルセロナに拠点を置くテキスタイルとテクノロジーのデザインスタジオ、 Jorge & EstherがRhinoの手を借りてファッションとテクノロジーを組み合わせ、生活に遊び心と変化を加えるミニ服飾コレクションを創り出しました。

Lüme は、シンプルな黒い衣服の普段着コレクションです。ユニークなのは布地に柔軟性のある小さなLEDが埋め込まれていることで、布の層からソフトな光を放つ繊細な装飾が輝き、望み通りに変化します。

埋め込まれたLEDはスマートフォンでコントロールします。場所や雰囲気、組み合わせる他の服やアクセサリーに合わせて、あるいは時間、音楽、お天気に合わせて色を変えることもできます。

デザイナーのElizabeth FraguadaとLuis Fraguadaはイルミネーションを作り出す部分をデジタルファブリケーション(レーザーカット)する描画にRhinoを使いました。今ではパターンの作成やアーカイブに、幅広くRhinoを利用しています。

Jorge & Esterは現在、関心を持ったクライアントからカスタムオーダーを受け付けていますが、いずれは現在あるジャケット、チュニック、オープンバックドレスのコレクションを少数(各100点程度)生産する計画です。レーザーカットの部分はポルカドット、花柄、ライン等のパターンにカスタマイズできます。





0 件のコメント: