2012年9月21日金曜日

Scan&SolveをRhinoのメッシュで


あらゆるソース、サイズ、複雑性のRhinoネイティブのメッシュで構造シミュレーションを行えるようになりました。いつものScan&Solveと同じように単純化や前処理、変換、有限要素メッシュ生成は必要ありません。このバージョンはScan&Solve™の最新版と同じ機能を備えていますが、Rhinoで作成または.stl、.wrl、.plyなど、Rhinoが認識できるメッシュ形式でエクスポートできるアプリケーションからインポートした閉じたメッシュで直接動作します。リバースエンジニアリング、3D印刷、デジタルモックアップ、スキャンしたモデル、バイオメディカル応用のどれに取り組んでいる場合でも、Rhinoで以下の操作をするだけです。
 
1.    有効な閉じたメッシュを選択します。
2.    マテリアル(StandardまたはCustom)を選択します。
3.    拘束を適用します。
4.    荷重(SurfacesまたはBody)を適用します。
5.    Goをクリックします。
6.    結果を表示、レポート生成ベイク、または3D印刷します。
 
SnSMeshは価格に関わらず他に同じようなものはありませんが、Rhinoユーザーはフルで制限のないSnSMeshのワークインプログレス(WIP)バージョンを完全に無料でダウンロードすることができます。
 
 
 

0 件のコメント: