2010年3月29日月曜日

Rhino Resurf - ケーススタディ

Rhino Resurfは非トリムNUBRSサーフェスをスキャンデータにフィットさせるのに利用できるRhino用のプラグインです。

Rhino Resurfは先日、ポルトガルにあるレーザースキャンサービスの会社、3Dtotalのプロジェクトで使用されました。この建築デジタイジングプロジェクトで、3Dtotal社はRhinoResurfをスキャンデータのポストプロセッシングに使いました。RhinoResurfのRsPoints2Surfコマンドを使い、最大許容差0.01cmの精度でスキャンした点群からNURBSサーフェスを作成、テクスチャマッピングの後、3Dの壁ができました。

1. 壁の写真

2.壁のスキャンデータ



3.スキャンした点データから作成されたNURBSサーフェス(_RsPoint2Surf)

4.NURBSサーフェスに基づいたテクスチャのある壁

Rhino Resurfの試用版をダウンロードして頂けます。

0 件のコメント: