2009年6月9日火曜日

Driving Dimensions for Rhino

ロシア NOVOSIBIRSK、2009年6月9日 - 様々なCADプラットフォーム用のプラグイン、Driving Dimensionsとして知られる変分設計(variational design)ツールの独立プロバイダーであるLEDAS Ltd.は本日、新しいRhino用プラグインであるDriving Dimensions 0.1 for Rhinoのベータ版リリースを発表しました。Rhinoユーザーはこのプラグインで、主流MCADソフトウェアパッケージの機能と互換性のあるアセンブリ制約のある運動学的シミュレーションとボトムアップアセンブリ設計の、パワフルなツールを手に入れることができます。

詳細無償ダウンロード...

0 件のコメント: