2021年1月25日月曜日

GrasshopperでSOFiSTiKを使ったパラメトリック構造デザインのオンラインワークショップ、3月15–17日(McNeel ヨーロッパ主催)



Parametric structural design online workshop using SOFiSTiK in Grasshopper 
2021年3月15–17日
10 AM–5 PM CET/中央ヨーロッパ時間

現代の建築産業は複雑さや専門性を増し続けており、プロジェクトは建築家や構造エンジニア、その他の関係者との緊密な連携で動いています。特にデジタルの時代では建築家やエンジニアが建設現場と分けられていることから、業務範囲を3次元でしっかり理解できるデジタルモデルが必要とされます。ここで課題となるのは、建築モデルと構造モデルが完全に同じではないということです。

このワークショップではパワフルな解析ソフトのSOFiSTiKと、Rhino/Grasshopperの世界が持つほぼ無限のパラメトリックの可能性との連携を使った、パラメトリック構造設計をご紹介します。建築家と構造エンジニアが連携する方法を探ることに重点を置き、構造エンジニアでソフトウェア開発者の Andrés von BreymannAndreas Niggl SOFiSTiK AG)、BIMスペシャリストの Junghwo ParkUmdasch Group Ventures)が講師を務めます。

Grasshopperの基本的な使い方を経験されている構造エンジニアの方が多いと思いますが、他の業務に携わっておられる方のご参加も歓迎します。
ワークショップ終了時の達成目標:

  • SOFiSTiKで解析ワークフローの設定方法の基本を理解
  • SOFiSTiK Grasshopper Interface を習得
  • 解析ワークフローに役立つGrasshopperのヒントとコツを習得
  • Rhino.Insideを使ってRevitのBIMモデルと解析をつなぐ方法を習得
Day 1- SOFiSTiKワークフローを知る
  • SOFiSTiKを使った構造解析
  • SOFiSTiK Rhino Interface
  • GrasshopperとSOFiSTiKの橋渡し
  • Grasshopperの便利なヒントとコツ
Day 2 - SOFiSTiK Grasshopper の世界に深く潜り込む
  • SOFiSTiK Grasshopper: 基本的な用例
  • Rhino.Insideを使って解析とBIMをつなぐ
  • SOFiSTiKの基本をさらに学ぶ: 組み合わせ、結果の評価、レポート
 
Day 3 - 実践編
  • パラメトリック構造のコンセプトデザイン
  • 建築家と構造エンジニアのデザイン連携
  • ボリュームモデルの生成と解析
  • パラメトリックブリッジのデザイン
  • 未来の開発とワークショップ要約

オンラインコース受講料: €395(+VAT/付加価値税); フルタイムの学生および大学教員は50%の割引きがあります(身分証明書が必要) お席の確保はコース費用のお支払い確認後となります。ご了承ください。

定員: 25名。規定の人数に満たない場合、コースは15日前(2月28日)にキャンセルとなります。

コース言語: 英語

学生/教員向けのお席は限られています。お申込みの方は弊社McNeel ヨーロッパまで、メールでご連絡ください。


原文投稿者: Verena Vogler

2021年1月18日月曜日

DesignMorphineの新しいウェビナー - 2021年2月


DesignMorphineが新しく素晴らしいウェビナーを発表しました:
  • 2021年2月6日 - Bionic Articulations V1.0 ウェビナー、DesignMorphine



    DesignMorphineの修士課程(Chapter 1 – Prosthesis)にインスピレーションを得た Bionic Articulations V1.0 は、人体を補綴・拡張するものとして統合されるビスポーク コンポーネントのデザインに焦点を合わせます。ダイナミックなデジタル彫刻を使い、人体の生体工学的な装飾を高解像度で作成する方法を学びます。
  • 2021年2月7日 - Contorted Compositions V1.0 ウェビナー、DesignMorphine



    DesignMorphineの修士課程(Chapter 2 – Corpuscle)にインスピレーションを得た Contorted Compositions V1.0 は、複雑なジオメトリのデザインとプロシージャルモデリングを、Grasshopperアルゴリズムを使って組み合わせるパラメトリックワークフローを探索し、建築空間を作り上げます。周期サーフェスの作成と、それを複合パビリオンのトポロジーにモーフィングする複数のアプローチが紹介されます。

  • 2021年2月13日 - Kinetic Correlations V1.0 ウェビナー、DesignMorphine



    DesignMorphineの修士課程(Chapter 4 – Kinesis)にインスピレーションを得た Kinetic Correlations V1.0 はHoudiniの群れベースの生成システム、Vector、Vector trail、パーティクルシステムを探ります。参加者はパラメトリック原理と計算ルールに基づいて視覚的に想像をかき立てる生成構造を作り出す方法を学びます。

  • 2021年2月14日 - Scripted Synergies V1.0 ウェビナー、DesignMorphine



    DesignMorphineの修士課程(Chapter 5 – Cosmogony)にインスピレーションを得た Scripted Synergies V1.0 はエージェントベースのアセンブリやシステムを、Grasshopperのカスタムコーディングを通して紹介します。オブジェクト指向プログラミングとC#を使ったアルゴリズムデザインとスクリプトの基本を理解できる内容です。


原文投稿者: Carlos Pérez

2021年1月14日木曜日

Rhino 7、販売中

 


Rhino 7 をリリースしました! 新機能および機能向上には以下が含まれています:

以下を除き、Rhinoの価格に変更はありません:
  • 商用版アップグレード価格は¥86,000–になっています。
  • 2021年3月10日までは商用版アップグレードのプロモーション価格、¥57,000–でご購入いただけます。
注意点: 評価版以外でしたら旧バージョンのRhinoはアップグレード可能です。Rhinoの評価版はアップグレードできません


原文投稿者: Sandy Mcneel

2021年1月11日月曜日

パラメトリックデザインのウェビナー(Rhino + Grasshopper)- 2月



デザインスキルをレベルアップさせるパラメトリックの能力を身につけたい、アイデアやコンセプトを全く新しい領域へ広げるパワフルなツールを学びたい、という方のためのワークショップです。

この Parametric Design Webinar はRhinocerosのビジュアルプログラミング無償プラグイン、Grasshopperを使うために必要な知識や技量を提供します。

既にGrasshopperの知識があり、パラメトリックの知識を深めたい方は、オプション2をお選びいただけます。

  • オプション1: General WEBINAR for Beginners(初心者向け総合ウェビナー) – 8日間/計16時間: 2月15日スタート
  • オプション2:: Intensive WEBINAR for Intermediates(中級向けウェビナー) – 4日間/計8時間: 2月22日スタート

タイムゾーン: CET/ベルリン(ドイツ)時間

言語: 英語

参加者はウェビナー終了時に参加証明書を受け取ることができます。



原文投稿者: Carla Sologuren

xNURBS Rhino プラグインのV5が公開されています

xNURBSがバージョン5の公開を発表し、V4の正規ユーザーは無料でアップグレードを入手することができます。V5にはサーフェシングクオリティの向上や一連の C/RhinoCommon API エクスポート等、多くの機能向上が含まれています。"なぜxNURBSなのか"を簡単にご紹介しましょう。



xNURBSの主要機能:

  • NURBSの解決につながる無限の能力: その最適化アルゴリズムで(拘束の複雑さに関わらず)実質的にあらゆるNURBSサーフェスを何ミリ秒かのうちに解決します。
  • ハイクオリティなサーフェス: 入力された拘束全てを満たすよう、xNURBSの最適化アルゴリズムはエネルギー最小化手法を使ってあらゆる可能なソリューションから一番滑らかなNURBSサーフェスを生成します。生成されたサーフェスのクオリティは際立ったものになります。
  • xNURBSは従来のCADソフト向けにあらゆるサーフェシングの問題を仮想空間で修正する、非常にパワフルなNURBSツールです。
  • 使いやすさ: 使うのはシンプルなユーザーインターフェイス1つで、あらゆる種類のNURBSモデリングに対応。
  • 非常に安定しています: xNURBSは極めて強固で、完璧に動作します。
  • CADネイティブ サーフェス: xNURBSはジオメトリを一切変換することなくCADモデリング操作に直接使える、CADネイティブサーフェスであるNURBSをベースにしています。

詳細...

原文投稿者: Cécile Lamborot

2021年1月9日土曜日

知らなかった、Grasshopperでできる5つのこと!


Shapediverの最新ビデオで、多くの方がご存じなかったGrasshopperShapediver(Rooster、Squid、OpenNestも取り上げています)でできる5つのことが紹介されています。

ビデオの詳細と視聴はこちら...


原文投稿者: Carla Sologuren

2021年1月7日木曜日

船舶設計のNemo、再び水の中へ!

船舶設計のためのGrasshopperプラグイン、Nemoが水に戻ってきました! 

Nemoは線図の生成、流体静力の計算、抵抗予測の実行、構造データの抽出、2D図の作成、外部ソフトとのデータデータ交換ができる様々なツールを提供します。翼断面(NACA)、水中翼、キール(竜骨)、舵、ブレードプロペラ、帆装図といったパラメトリック形状を作成する無料ツールも含まれています。

2021年から、Nemoは商用版または教育版ライセンスでご購入いただけるようになりました。

活動内容に応じてあらゆるニーズを満たせるよう、以下のライセンスレベルが用意されています: 
  • 無料(デザイナー)
  • レベル1(Section + Hydrostatics + Visualization)
  • レベル1+2(Section + Hydrostatics + Visualization + Resistance + Structure)
今回は特に Mac OS + Windows サポート(Rhino 6 + 7)、新しいエクスポートコンポーネント(MaatHydro + FineMarine)、新しい構造ツールをもたらす新しいリリースです。

原文投稿者: Cécile Lamborot