2020年11月5日木曜日

パラメトリックデザインのウェビナー

Parametric Design Webinar 
11月30日-12月10日

デザインスキルをレベルアップさせるパラメトリックの能力を身につけたい、アイデアやコンセプトを全く新しい領域へ広げるパワフルなツールを学びたい、という方のためのワークショップです。

Rhinocerosのビジュアルプログラミング無償プラグイン、Grasshopperを使うために必要な知識や技量を提供するウェビナー、Parametric Design Webinar が定期的に開催されています。

既にGrasshopperの知識があり、パラメトリックの知識を深めたい方は、オプション2をお選びいただけます。

  • オプション1: General WEBINAR for Beginners(初心者向け総合ウェビナー) – 8日間/計16時間: 2020年11月30日スタート
  • オプション2: Intensive WEBINAR for Intermediates(中級向けウェビナー) – 4日間/計8時間: 2020年12月7日スタート

タイムゾーン: CET/ベルリン(ドイツ)時間

言語: 英語

参加者はウェビナー終了時に参加証明書を受け取ることができます。

イベント紹介ページ(ドイツ語)...


原文投稿者: Carla Sologuren

Rhino 7 ベータのSubDウェビナー



Rhino 7 ベータにはSubDツールが含まれています。

Rhino3D.Education は Brian James とその機能を紹介する SubD in Rhino 7 ウェビナーを行いました。

Brian James はRhinoが育った弊社 Robert McNeel & Associates のチームメンバーで、Rhinoユーザーへのテクニカルサポートやトレーニングを提供する中で、日々実現される素晴らしいデザインやアイデアを数多く目にする機会があります。ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(RISD)では非常勤講師としてインダストリアルデザインを教えており、信じられないほど才能ある学生を指導することもあります。

このウェビナーでは Rhino 7 で追加されたSubD作成や編集ツールの活用を紹介していますが、SubDは編集可能で非常に高精度なフリーフォームの形状を作成できる、新しいジオメトリタイプです。
  

日: 2020年11月6日(金)
時間: 11:00 am(米国東部時間)
事前登録でどなたでもご参加いただけるイベントでした。




ご質問の方は、メールで Lucia Miguel までお問い合わせください: lucia@mcneel.com


RhinoやGrasshopper等のコース最新情報は Rhino3D.Education でご覧いただけます。

原文投稿者: Andrés González

2020年11月3日火曜日

The Architecture Machine エキシビション



ドイツ語圏で初めての Architekturmuseum der TUM は、コンピューターの建築への影響についての大規模なエキシビションを提供しています。1950年代から現代までをカバーし、いわゆるデジタル革命の主な進歩を総括する4つのチャプターで魅力的な歴史を物語る展示で、製図機として、デザインツールとして、物語を伝える手段として、インタラクティブなプラットフォームとしてコンピューターを紹介しています。2年間の研究プロジェクトを導いた根本的な問いかけは、コンピューターは建築を変えたのか、もしそうであればどのように? 、ということです。

詳細...


原文投稿者: Carla Sologuren

Digital Crafting ウェビナー - Yoshio Fukumori

 


CEDIM(メキシコのデザイン大学)が Yoshio Fukumori を講師に迎えてウェビナーを開催しました。デジタル工芸に焦点を合わせ、共同フィードバックの方法としてデジタルツールと地域の製造プロセスとの交差について紹介されています。取り上げられたデザインのいくつかは、Weaverbirdプラグインと共に Rhino 7 ベータの新しいSubDツールを使って作成されました。

Yoshioはメキシコ国立自治大学の建築家で、デジタルツールと職人の製作プロセスとの交わりに焦点を合わせています。Rojkind Arquitectos などトップレベルの建築事務所に勤め、WeWorkではコンピューテーショナルデザインのシニアマネージャーでした。


Zoom開催のウェビナー
日: 2020年11月4日
時間: 6:30 pm(GMT-6:00)
事前登録でどなたでもご参加いただけるイベントでした。



お問い合わせ(メール): yoshiofv@gmail.com



RhinoやGrasshopper等のコース最新情報は Rhino3D.Education でご覧いただけます。

原文投稿者: Andrés González

food4Rhino ウェビナーシリーズ: Lands Design - 11月20日


Lands Design でBIMテクノロジーとランドスケープモデリングの新しい機能を発見できます。

以下の内容を紹介するウェビナーセッションが行われ、録画が公開されています:
  • プログラムのBIMの強み
  • 地形モデリングと植生ツール
  • 数多くのテイクオフリスト、区画ツール、平面図の配置を生成する2Dドキュメンテーションツール
  • 構造物ツール
  • アニメーションツール
  • Revitを使った相互運用: Rhino.InsideテクノロジーをいたRevitでの Lands Design
講師:

Dr. Elham Ghabouli、Lands Design プロダクトマネージャー、Asuni

Elham Ghabouli はカタルーニャ工科大学でPhD(Urban and Architectural Management)を取得し、ランドスケープおよび都市計画プログラムで講師や研究者としてさらに7年の経験を積んでいます。彼女はランドスケープアーキテクトとしても10年近く働いています。

Francesc Salla、建築家でプロダクトマネージャー、Asuni

Francesc Salla はスペイン、ロシア、スロベニア、ブラジルにわたる国際的なポートフォリオを持つ経験豊富な建築家で、2010年にAsuniのソフトウェアプラグイン、VisualARQと Lands Design プロダクトマネージャーに選任されました。


Lands Design のダウンロード: https://www.food4rhino.com/app/lands-design 

このウェビナーはYouTubeでご覧いただけます: https://youtu.be/aGt1pZ84dNU 

原文投稿者: Carlos Pérez