2020年4月9日木曜日

Grasshopperを楽しく学ぶ方法

Grasshopperを学ぶ手助けとなるよう、McNeel マイアミはパラメトリック思考の全体的な理解を向上させることのできるカードゲーム、SudoHopper3Dを作りました。

SudoHopper3D では数学、アルゴリズム、基本的なコーディングを遊び半分に見て回ることができます。 プレイヤーはベクトル幾何学や三角法といった概念を驚くほど学び、社会的に相互関係があり、楽しめる環境で問題解決、論理、直線的思考も学びます。

このカードゲームはレベル1向けのカード126枚で構成されています。無料でPDFファイルをダウンロードすることができ、ご自宅でプリントアウトすればゲームやビデオでお使いいただけます。クリエイティブに: FaceTimeやウェブカメラ等を使うと、学生達とリモートでゲームをすることができます。 カードのダウンロード/ご注文はこちらからどうぞ。

このカードに加え、Vimeoオンデマンドでレベル1ビデオをご覧いただけます。COVID-19 対策期間中および1年間、こちらのコードでビデオを無料でご覧いただけます: HELP4EDU
それぞれの課題を解決する定義を書く複数の方法をご覧いただくことができ、英語版またはスペイン語版をご用意しています。



課題を解決する方法は他にもYouTubeチャンネルでご覧いただけます:

Assignments from 1-6:
Assignments from 7 to 12:
Assignments from 13 to 18: 


SudoHopper3DやGrasshopperがお役に立ちましたら、どうぞコメントやイメージをお寄せください。

安全を守り、どうぞご自愛の上お過ごしください。ありがとうございます。

Andres Gonzalez
RhinoFabStudioワールドワイドディレクター
McNeel マイアミ


参考リンク:
www.RhinoFabStudio.com
www.GJD3D.com


原文投稿者: Andrés González

2020年4月8日水曜日

Grasshopperクラス - オンライン、スペイン語



複雑なジオメトリの作成や有理化に応用されるコンピューテーショナルデザイン、様々なデザインプロセスへの導入を学びたい学生や社会人を対象に、スペイン語でワークショップが行われました。オンラインクラスで基本概念やデザインの問題に向き合う方法をカバーし、Grasshopperを使ったビジュアルプログラミングのプロセスを通してアルゴリズムツールの開発に取り組む内容でした。




お問い合わせ: Leonardo Nuevo - Tel +52 1 33 3956 9209(メキシコ)

原文投稿者: Andrés González

2020年4月6日月曜日

Rhino 6 でのポリゴンメッシュ、NGon 2.1 - 新リリースのお知らせ



Rhino 6 でポリゴンメッシュを扱う NGon 2.1 が、新しくリリースされました。

NGon 2.1 の新機能等:

  • シームをマージしたBrepサブディビジョン
  • Brepの向きをNGonサブディビジョンに一致
  • 接平面の平坦化
  • Reciprocal method
  • リメッシュ
  • Dual(Naked Edge を追加)
  • 穴のあるメッシュのロフト - バグ修正
  • Grasshopperのデフォルト表示
  • NGon Split
  • ポリラインからメッシュへの変換がスピードアップ
  • Mesh Weld のスピードアップ 
  • NGonsCore.dll はカスタムスクリプトに利用可能
  • より多くのサンプルファイル



原文投稿者: Cécile Lamborot

Studio 3DX - クラウドBIM&GISのアセット管理ソリューション



Parametricosは建築家やエンジニアが建物のライフサイクルのあらゆる段階、コンセプトデザインから建設、施設管理まで、オフィスでのワークフローをデジタル化できるクラウドBIMおよびGISのアセット管理ソリューション、Studio 3DXを作成しました。

Studio 3DXを使うと後で状況に合わせて地理的に調整される3DのBIMモデルを安全に保存、視覚化することができます。チーム全員とクライアントがアップロードされたIFCモデルを解析し、3Dビューアの中で問題点やコメントを作成してチームの責任者に割り当てることにより、共同でプロジェクトに取り組めるツールを提供してくれるソリューションです。実際と同じようにプロジェクトそれぞれに固有の場所がありますが、このソリューションは各モデルについても異なる場所を選べる機能を提供してくれるため、1ヶ所に複数の建物がある大規模なマスタープランを、全てそのクラウドの中で作成できるようになります。
Parametricosはリモートで効率的に共同作業ができるよう、専門家の役に立つことを目指しています。

先日Parametricosは VisualARQ: Flexible BIM for Rhino と連携し、ユーザー向けに Studio 3DX の年間サブスクリプションを€100オフで提供しています。
彼らはこの割引きをRhinoユーザーにも拡大したいと考えています。ご興味のある方でしたらどなたでも7日間お試し(https://studio3dx.com)いただくことができますので、割引料金でご利用になりたい方は Marios Messios までメールでご連絡ください。



原文投稿者: Cécile Lamborot

Rhino開発サポート アフタヌーンセッション








弊社McNeelのエキスパートがリモートで開発サポートを提供しました。

Rhinoを使ったプロジェクトを開発中の方を対象に4月8日(3-5pm CET/中央ヨーロッパ標準時)、Grasshopperプラグイン、Pythonスクリプト、その他Rhinoの新しい開発ツールに関することでしたら何でも、アイデアや進行中の開発プロジェクトについてリモートで意見交換していただけるセッションを行いました。

開発について質問したり、開発プロセスで向き合う可能性のある障害についてアドバイスを受けられる、砕けたスタイルのマンツーマンセッションになりました。

3pmから5pmの時間枠で事前登録は必須でしたが、参加費用は無料でした。


原文投稿者: David Leon