2020年3月10日火曜日

RhinoとGrasshopperのためのPythonレベル1+ 基礎&中級プログラミング、ロンドンでのワークショップ - 2020年4月15-17日


SimplyRhino UK が新エディションのロンドンでのワークショップ、Python Level 1+ Basic & Intermediate Programming for Rhino and Grasshopper - 2020年4月15-17日 を発表しました。*このクラスは9月に延期され、後日オンラインワークショップの詳細が発表される予定です。

Long Nguyen3日間のPythonクラスは、RhinoとGrasshopperさえ分かっていればプログラミングやスクリプトの予備知識は必要ありません。参加者の上限は8名だけですので、個別サポートも期待できるクラスです。

Pythonは3DモデリングからWebプログラミング、科学計算、AI(人工知能)等まで多くの分野で幅広く使われ、人気を増しているプログラミング言語です。

現代的なプログラミング言語としてシンプルでクリーンな構文を備え、初心者でも非常に利用しやすくなっています。

RhinoとGrasshopperがPythonを公式にサポートしていることから、ユーザーは高度なNURBSエンジンに不可欠な機能の全てを含めパワフルなモデリング環境にプログラムでアクセスすることができ、以下のような新しく素晴らしい可能性を開きます:


  • 繰り返しのモデリングタスクを自動化して効率を高めるシンプルなスクリプト/ツールの作成
  • チームの具体的な必要に応じたツールやワークフローの開発・カスタマイズ
  • そのまま使う標準的ツールでは実現できない高度なデザインアルゴリズムのプログラミング
  • クリエイティブななデザインツールとしてPythonを利用
  • 他のソフトウェアプログラムと Rhino & Grasshopper の橋渡し


原文投稿者: Carlos Pérez

2020年3月9日月曜日

Tekla Grasshopper Link - ガラスドームモデルのビデオ



原文投稿者: Sandy Mcneel

デザインとパラメトリックファブリケーションに関するControlmad のサマーワークショップ、(マドリード)- 2020年6月17日-7月9日または7月8-30日


Controlmad のサマーワークショップ、Design & Parametric Fabrication(マドリード)は事前に3DモデリングやRhinoの知識がなくてもパラメトリックデザインに取り組むためのしっかりとした基礎を身に付けることができるよう構成されているため、Rhinoの3Dモデリングツールと緊密に統合されたグラフィカルアルゴリズムエディター、Grasshopperを使います。Rhinoスクリプトと違ってGrasshopperはプログラミングやスクリプトの知識を必要としませんが、それでもデザイナーは単純なものから複雑なものまで様々な形状を構築できます。Grasshopperはザハ・ハディド・アーキテクツやノーマン・フォスター等の有名建築事務所、また世界でも技術的に特に高度な建物の1つ、サグラダ・ファミリア(バルセロナ)でも利用されています。

学生達はモデリングやレンダリングのやり方だけでなく、複雑なモデルの構造、解析、計算、物理環境との関わり合い等を得る様々な、戦略を取り入れる方法も学び、レーザーカッターのTrotecや3DプリンターといったCNC技術を使って様々なモデルを製造する機会もあります。RhinoとGrasshopperを使って格好の良いオブジェクト、プロトタイプ、あるいは彫刻を作成、デザイン、3Dモデリングし、V-Rayで素早くレンダリングしてデジタル加工で実現することが最終的な目標です。

コースは5つのユニットで行われ、以下の日程が予定されています。


第1回: 2020年6月17日-7月9日
第2回: 2020年7月8-30日


原文投稿者: Carlos Pérez

パラメトリックブリッジのデザインについてのGrasshopper-Sofistik録画ウェビナー


Complex Steel Bridge Design Through SOFiSTiK and Parametric Modelling

先日、Sofistikと FINLEY Engineering Group がパラメトリックモデルについてのウェビナーを行いました:

フロリダ州マイアミデイド郡の SR 826/Palmetto Expressway と SR 25/ Okeechobee Road のインターチェンジ改良プロジェクトには3つの新しい高架ランプの設計施工が含まれ、安全性の向上と渋滞緩和を提供しながら既存のインターチェンジに直結するルートを追加します。新しいランプはそれぞれツインの連続鋼箱桁で構成され、径間は140から230フィート、全長7,241フィートになる橋です。既存道路やマイアミ運河に妨げられて橋脚を設置できない箇所は道路をつなぐ4つの鋼ラーメン構造が必要で、高架ランプそれぞれに変化する幅、最小半径330フィート(100m)で曲がる桁、変化する片勾配、SOFiSTiKで解析を改良して3Dに明示的にモデリングされた複雑な分岐点内側の構造を含む、独特の幾何拘束があります。




原文投稿者: Carlos Pérez