2020年1月22日水曜日

Rhino3dMedical、整形外科用プラグイン



CTからセグメント化された解剖学的に正確な膝
Rhino3DMedical を使うと、医療画像の表示、解析、測定、注釈ができるようになります。3Dの画像空間で直接メッシュをセグメント化、抽出、修復することができ、ビジュアライゼーションや3D印刷に向けた準備に進めます。

アプリケーションにはインプラントデザイン、術前計画、仮想手術、生体工学、医学訓練/教育が含まれています。

詳細: Rhino3DMedical



原文投稿者: Sandy Mcneel

V-Ray for Rhino ワークショップ - ブラチスラバ(スロバキア)





Rhinoceros、V-Ray、Photoshopでの情緒的なイメージ作成によるストーリーテリングに焦点を合わせたワークショップシリーズ、FlyingArchitecture Emotion が開催されます。どうぞご参加ください。


原文投稿者: Carlos Pérez

Connecter - Rhinoに統合されました

Connecterは無償で、3Dアーティスト向けのビジュアルアセット管理システムです。


この最新リリース(Connecter 1.7.6)にはRhinoとの統合が含まれ、Connecter(.3dm、.obj、fbx、.3ds)からアセットをドラッグアンドドロップでより簡単に行えるようになり、RhinoからConnecterへはアクティブなビューポートのプレビューベースで、.3dm形式でアセットを保存できるようにしてくれます。



原文投稿者: Carlos Pérez

2020年1月21日火曜日

Solemmaシンポジウム2020 - 2月20&21日 - カリフォルニア州ロサンゼルス






日: 2020年2月20日(木)
場所: HOKロサンゼルスオフィス(カルバーシティ)
オプション: フォローアップ1日トレーニング、2020年2月21日


Solemma Symposium は全日イベントで、デザインやパフォーマンス評価のワークフローにおける採光と熱のシミュレーションツールの使われ方に焦点を合わせた一連のプレゼンテーションとディスカッションが含まれます。Solemma Symposium 期間中は新しいソフト、ClimateStudio が初めて披露されました。ClimateStudio はシミュレーションのセットアップ簡素化、大幅なスピードアップ、データの図形出力機能の向上、LEEDやその他の規格順守を示すシミュレーションレポートの自動化によって、エネルギーモデリングのデザインの初期段階や採光のユーザーエクスペリエンスを向上させる、新しいフラッグシップソフトウェアです。

Solemma シンポジウム:
$395(シンポジウム、ディナー)
$790(シンポジウム、ディナー、照明デザイン、熱解析、サーカディアン照明デザインの新しいソフトウェアパッケージ、ALFAおよび ClimateStudio の使い方をカバーする1日トレーニング)

お問い合わせ: Solemma開発チーム

原文投稿者: Mary Ann Fugier

Grasshopperでの新しい気流シミュレーション



風の流れを解析されていますか? Eddy3d はRhino&Grasshopper向けの新しい気流シミュレーションツールです。


原文投稿者: Sandy Mcneel