2019年12月13日金曜日

Iray for Rhino のMDL-IESマテリアル



Rhinoのシーンでインテリアに照明を加えるのは難しく、時間がかかり、限りなく調整が必要になるという方、特にビジュアルを素早く出力し、ドキュメンテーションの条件として照明装置の詳細を正確に提供しなければならないという方はいらっしゃいませんか?

Rhinoとプラグイン、Iray for Rhino が探されていた解決策になるかもしれません。MDL-IES マテリアルベース光源の導入で、次のような利点があります:

  • 実際の照明取り付け作業が非常にしやすくなります。
  • 光源はどのサーフェスあるいは形状要素でも正確に割り当てることができます。
  • Rhinoブロックの照明器具ライブラリの作成が効率化されます。
これらの機能は照明デザイナーだけでなく、インテリアデザイナー、店舗デザイナー、建築グループ、その他プロジェクトのドキュメンテーションシステムのため設置の詳細を含む正確で写真のようにリアルなビジュアルを必要とする多くの建設部門向けに、実際の照明装置の正確なセットアップや設置を大幅に簡素化してくれます。

詳細と作成された出力タイプの実例については動画が公開されています:

  1. Introducing MDL-IES Materials inside Iray for Rhino 
  2. MDL-IES Materials and a Retail Store Project:
  3. MDL-IES Materials and a Harbour Front Development
原文投稿者: Carlos Pérez

2019年12月9日月曜日

RhinoをRevitで、新しいワークフローを探索


Parametric Monkey 創業者の Paul Wintour が、最近のチュートリアルの1つを紹介しました。

"Rhino to Revit Workflow は Parametric Monkey で圧倒的にアクセスの多いチュートリアルの1つですが、Rhino.Inside のリリースであらゆる種類の相互運用の可能性が生まれました。私達はクライアントと一緒にGrasshopperスクリプトとRevitを統合させ、使い始めに役立つこのクイックチュートリアルを開発しました。"


原文投稿者: Sandy Mcneel

2Shapes for Rhino - 新しいジュエリープラグイン


RhinoGold 創業者でプロダクトマネージャーの Rafael del Molino と 2Shapesチームが公開した 2Shapes for Rhino は、"市場で最高の直感的なジュエリーデザイン/製作ソフト"です。

"2Shapes for Rhino は世界中のジュエラーに役立ちながら、過去15年以上に学んだデザインのニーズを全て解決することを目指しています。"

"特にパワフルな機能の1つに直感的パラメトリックがあり、指のサイズから宝石、プロングの厚みを含む輪郭まで、デザインのあらゆるプロパティを変更できるようにしてくれます。私達にとって簡潔さは必須ですから、ユーザーの皆さんは複雑なことを気にせず、結果である完璧なデザインに集中していただけます!"



原文投稿者: Carlos Pérez

Shape to Fabrication 2020 | ハッカソン&カンファレンス | ロンドン | 4月17-22日


SimplyRhino UK が4月17-22日に開催される Shape to Fabrication 2020 | Hackathon & Conference の早期割引チケットを発表しました。

ロンドン、ストラトフォードでAEC(建築、エンジニアリング、建設)に焦点を合わせた人気のカンファレンスの8回目が開催されます。どうぞご参加ください。

The Shape to Fabrication カンファレンスは建築、エンジニアリング、デザインにおける革新的な構造やアプリケーション、最先端のテクノロジーに焦点を合わせています。講演者はテクノロジーとデザインのイノベーションが交わる所で働きながら未来を形作り、テクノロジーやエンジニアリングを新たな高みに押し上げることを恐れません。

私達は今までない時を生きています。建物が動き、ジュエリーが印刷され、衣類が吹き付けられ、ファサードがロボットに折りたたまれ、車がテキスタイルでできる時代です。このイベントではこのような開拓中のテクノロジーを初めて使って魔法のような体験を作り上げている先駆者達が紹介されます。

プレゼンター(建築家 / エンジニア / ファブリケーター / アーティスト)の国際的なパネルディスカッションで、デジタルファブリケーションやコンピューテーショナルデザインにおける最新のアプローチの良さを分かっていただけるでしょう。

2020の新情報 - Shape to Fabrication ハッカソンはCORE(Thornton Tomasetti)が主催し、ロンドンにある Grimshaw Architects で行われます。

詳細や現在までの発表内容、STFのチケットオプションについては www.shapetofabrication.com でご覧いただけます。

原文投稿者: Carlos Pérez