2019年11月15日金曜日

MeasureXL: 新しいポータブルCMMデジタイザー




ハードとソフトで構成されるリバースエンジニアリングのパッケージは従来かなり高価なものでした。MeasureXLの特殊な点は、完全に Rhino 6 for Windows と統合され手ごろな価格でスキャンからCADへのソリューションを作れることにあります。

CADモデルを素早く作り上げましょう! MeasureXLから得られたデータは即座にRhinoで表示され、ゼロからデザインするより少ない時間で正確なCADモデルを作成できます。



MeasureXL ポータブルCMM はワイヤレスプローブと工場でキャリブレーションされた光学トラッカーで構成されていますので、そのまま正確なトラッキングを体験することができます。ユニットをキャリブレーションする必要がないので簡単に設定して計測を始めることができ、3Dデジタイザーはワイヤレスで計測してくれます。関節のあるアームを使った従来のポータブルCMMと比べて動きに制限がなく、プローブを使うため照明など環境条件の影響を受けることもありません。



原文投稿者: Jody Mills

ROB|ARCH 2020 | 9月@北京 | 論文募集


2020年9月1-5日
中国、北京


建築、アート、デザインにおけるロボティックファブリケーションのカンファレンス、Rob|Arch 2020 は、2020年9月に中国の北京で開催予定です。

ウィーン、アナーバー(米国ミシガン州)、シドニー、チューリッヒで成功を収め、8年目を迎えたこのイベントは今年、中国の精華大学が Beijing Design Week と協力して Rob|Arch 2020 を共同開催します。

学術論文はこちらからご提出いただけます

今年のカンファレンスとワークショップのテーマは自動システムをクリエイティブに利用して建設作業を行うことを意味する幅広い言葉、On-Site Robotics です。

含まれるのは産業用ロボットアーム、ドローンシステム、歩行ロボットシステム、自律型ローバープラットフォーム、3D印刷ソリューションに限らず、幅広く豊富です。これはコンピューテーショナルデザイン、パラメトリックデザイン、人工知能(AI)、機械学習、デジタルデザイン、人と機械の協調、デジタルネットワークストリームを含むデジタルデザイン技術の操作に使われる膨大な基盤技術にまで及びます。

締め切り日程
2020年1月9日: 要約の提出(オプショナル)
2020年2月9日: 完成論文の提出


原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年11月14日木曜日

ファイルから工場までのプロセスを学ぶコース - ブラジル


TEU TUA と Fab Lab Cidadania Cajuru がブラジル、クリチバでワークショップ、File-to-factory Workshop with Rhino and Grasshopper を行いました。



日程: 2019年11月23-25日
時間: 10:30 AM-5:30 PM、UTC -3(ブラジル東部時間)
参加費用: 400ブラジルレアル
場所: TEU TUA – Rua Cândido Lopes, 304 –
Centro, Curitiba 80020-060(ブラジル)
Fab Lab Cidadania Cajuru – Av. Prefeito Mauricio Fruet, 2150 
Cajuru, Curitiba 82900-010(ブラジル)

RhinoGrasshopperを使って小さなプロジェクトを開発、Fab Lab で製作しながら、建築およびデザインに向けたデジタルデザイン、プロトタイピング、製造のプロセスを学ぶ3日間の集中コースです。

ポルトガル語のコースです。

お問い合わせ(メール): Thaylini Luz


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andrés González

Humano3Dの新しい3D人物モデル


作成されるイメージをもっとリアルにしたいと思われますか?

新しい3D人物モデルがHumano3Dから公開されています。

Humano3Dの新しいコレクションは:
  • リアルで自然
  • 手頃な価格で使いやすい
  • Elegant 3D people(エレガント)または Casual 3D people(カジュアル)のパッケージで公開
  • モデル1つの購入も可能

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年11月12日火曜日

ザハ・ハディド・アーキテクツが利用しているソフトウェアは?



ザハ・ハディド・アーキテクツが利用しているソフトウェアは何でしょう? Chaos Group のこちらの記事でご覧いただけます。長いリストですが、Grasshopperは大きな役割を果たしています。


原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年11月11日月曜日

Proving Ground - RhinoからRevitへのツール


Proving Ground のConveyorはOpenNURBSを活用して、複雑な Rhino 6 形状を素早くRevitにインポートしてくれます。

米国にある大企業で特に革新的な事務所の複数が、デザインのワークフローを効率化するためConveyorフレームワークを導入しました。
  • Rhino 6 用に構築: OpenNURBSを広範囲に渡って活用し、ほとんどのワークフローでライセンス認証の制限を最小限に抑えています。
  • スキルレベルを問わないワークフロー: UIはコンピューターを使いこなしていない方を想定してデザインされた他、上級ワークフロー向けの豊富なツールも備えています。

原文投稿者: Sandy Mcneel