2019年11月7日木曜日

Rhino、Revit、Power BI Graphics のデモ - ニューヨーク


AEC Tech 2019 で、Kristen SchulteSteve Sanda がGrasshopper用のオープンソースプラグイン、ConduitMicrosoft Power BI を使ったデータのビジュアライゼーションテクニックについての4時間のマスタークラス、Conduit and Power BI Examplesを行いました。建物のデータとパラメトリックモデルでインタラクティブなダッシュボードを作成する、様々なケースをカバーする内容です。

似たようなことを試してみたいと思われますか?

ワークショップの例がこちらで公開されています!

原文投稿者: Sandy Mcneel

Wabentheke - アーヘン専門大学の学生によるプロジェクト


Wabenthekeプロジェクトはアーヘン専門大学(FH Aachen)による、建築構造分野の一連のプロジェクトの1つです。

新しい製造技術(大型3D印刷)を使って1:1のオブジェクト、このケースでは複雑なジオメトリのバーカウンターの製作を実験しています。


原文投稿者: Carlos Pérez

2019年11月6日水曜日

Rhino.Inside®、Rhinoのパワーを BricsCAD® BIM V20 へ


Hexagon AB グループのBricsys®Rhino.Inside®の取り組みを活用するため、弊社 Robert McNeel & Associates と提携しました。BricsysはNURBSモデラー、Rhinocerosのパワーを完全に BricsCAD® BIM V20 へ取り込むために Rhino.Inside® を使っています。

Rhinoの統合は初期のコンセプトデザインとBIMのギャップを埋める新しいワークフローを実現し、Rhinoに組み込まれているGrasshopperのビジュアルプログラミング言語を使うことでBricsCAD® BIM の中でパラメトリックなコンセプトモデルを作成することができます。


原文投稿者: Carlos Pérez 191106 9:09

トレーナー向けトレーニングのワークショップ - バルセロナ、2019年11月26-27日

Training for Trainers Workshop
2019年11月26-27日
McNeel ヨーロッパ
バルセロナ

Rhino経験が豊富で認定Rhinoトレーナーとしての公認を目指している方のために、バルセロナにあるMcNeel ヨーロッパで認証ワークショップを行いました。 

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域での認定Rhinoトレーニングのプログラム詳細についてはこちらをご覧ください...

コース費用: €295 (+税)

定員があり、事前のご登録が必要なプログラムです。



原文投稿者: Delia Robalo

2019年11月5日火曜日

アーバンモビリティ シミュレーションのUrbano



RhinoとGrasshopperでモビリティをモデリング/シミュレーションできるUrbanoがリリースされました。

街路網のデザインを選ぶ重要性を理解しましょう。

Urbanoは活発なモビリティをモデリングし、アメニティや通り、公共空間へのアクセスを評価できる新しいアーバンデザインツールです。
  • 地理空間データのダウンロード: 地図や観光名所のデータをOpenStreetMapsからGrasshopperへ直接ダウンロード。
  • ご自身のデータをインポート: OSMまたはシェープファイルから現状の情報のレイヤを解析し、インポート。
  • メタデータの検索と変更: メタデータを添付し、検索してパラメトリックにカスタマイズ。
  • モビリティモデルの前処理と作成: トポロジカル街路網の作成や各建物の通りへのアクセスポイント作成を含む、モビリティモデリングのステップを自動化。
  • 異なるモデルのルート探し: 歩行者、車など、異なる交通モデルを使って開始地点から指定した建物へのルートを検索。
  • TripEngineでモビリティのシミュレーションを実行。 
  • 快適性と街路の解析: 街路(Streetscore)、快適性(Amenityscore)、歩行(Walkscore)の各スコアを含む都市解析の様々な測定基準を算出。
  • CADワークフローの統合: メタデータを含むモデルのジオメトリをRhinoにベイク。他のビジュアライゼーションコンポーネントとシームレスに作業することができます。
原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年11月4日月曜日

Grasshopperのグループ色分けを素早く



Grasshopperでグループの色調整に時間がかかりすぎていて、その色が機能別になっている場合、次のどちらかに当てはまるかもしれません: 
  1. お気に入りの色のRGB値は全て記憶し、分かっている
  2. 自分の色分けは完璧ではないが、近いものとして受け入れている
どちらも時間がかかり、優れたソリューションとは言えません。

BIG-Bjarke Ingels GroupTimo Harboe Nielsen も同じことが気になり、Grasshopper API を使うようになってグループ名に基づいた色分けを行うスクリプトを作成しました。例えばグループに Inputという単語が含まれていた場合、グループの色は緑になります。




原文投稿者: Sandy Mcneel