2019年8月8日木曜日

UK Rhino サマースクール2019


2019年9月2-4日
リバプール大学
School of Engineering
Brownlow Hill, L69 3BX(英国)

Simply Rhino サマースクールが教員向けに行われ、RhinoGrasshopperの無料トレーニングが提供されました。

初めてRhinoを使う方にも基本のおさらいをしたい方にも適した内容で、弊社McNeel と Simply Rhino の認定トレーナーがGrasshopperの紹介を含めてコースを提供しました。

原文投稿者: Bernat Lorente

2019年8月6日火曜日

タイの空港のケーススタディ




Parametric Monkey の Paul Wintour がバンコク(タイ)のスワンナプーム国際空港の新しいミッドフィールドサテライトコンコースのケーススタディを公開しました。

デザインスタディに使われたソフトやプロセス、また成功したことやうまくいかなかったことについても紹介されています。












原文投稿者: Sandy Mcneel

Rhino3DMedical - Rhinoで医療画像から直接CADモデルを作成


Mirrakoiが医療画像から製造/3D印刷可能なモデルを直接作成できるようにする新製品、Rhino3DMedicalを発表しました。

“私達はオールインワンのワークスペースにあるハイエンドのCAD環境1つにパワフルな医療画像の解析ツールを提供します。異なるツール同士でのインポートやエクスポート、ワークフローの段階に合わせたソフトの切り替えはもう必要ありません。” (Daniel Schmitter、Mirrakoi社CEO)

このソフトはまだ開発中で、テスト目的のために公開されています。

原文投稿者: Carlos Pérez

2019年8月5日月曜日

劇場にスチームベンドの観客席



写真: Greg Mooney



曲がりくねったデザインと設置を実現するため、Trahan Architects は家具とデザインの著名アーティストである Matthias Pliessnig の形状製作のアイデアを取り入れました。

どうすればアーティストの手作り品質を650席の劇場規模に実現できるでしょう? PliessnigとTrahanのチームは再利用した何百ものホワイトオークの細長い薄板をスチームでやわらかくしてから劇場に合わせて曲げ、バルコニーの手すりやサイドテラスに沿ってヘビのようなサーフェスを作り上げました。形状や配置をカスタマイズした薄板は劇場内に卓越した音響をもたらし、木材のスチームベンドは旋盤加工より効率的でした。

ニューハンプシャー州Plaistowにある木工のファブリケーション事務所、CW Keller Associates と共同で取り組み、チームがRhinoで考案したモデルは劇場全体に設置する木の薄板を長さ約10万フィート分必要としました。 反響するサーフェスを必要とする音響部分の薄板は密に、吸音が必要な所は離すように配置しました。

曲線状で波打つような美観はレーザースキャンと投影を必要とし、プロジェクターが劇場の壁に設置点をレーザー投影することにより、組み立てチームはファブリケーションされたオーク材のパネルを運んでメジャーや下げ振りに頼らず設置することができました。

このジョージア州アトランタにある劇場の作業工程を、FAROの動画、Alliance Theater, Atlanta, Georgia でご覧いただけます。

写真や詳細は Architect Magazine の記事でも紹介されていますので、どうぞご覧ください。

原文投稿者: Sandy Mcneel

BIMobjectのBIMscript


BIMscript®はBIMコンテンツの作成プロセスを効率化し、スピードアップできるようデザインされ、オープンで自由にアクセスできるスクリプト言語とBIMオブジェクトのオーサリングソリューションを提供します。




BIMscript開発チームからは、 一連の興味深い記事が公開されています:

なぜ BIMscript? それって何?


1つのデジタルコンテンツから、BIMscript は多くの特に一般的な建設モデリングソフトのシステムで使われるデジタル建設製品のコンテンツを同時に作成します。
BIMscriptコンテンツの認定開発者、Accredited BIMscript Content Developer(ABCD)になる方法もこちらで紹介されています。


メーカー固有コンテンツ、それがなぜ重要?

デジタルコンテンツはシンプルなビジュアル表示よりはるかに情報量が多いものです。建物のライフサイクル全てに役立つデジタルコンテンツを提供するクラウド(BIMobject Cloud)プラットフォームのパワフルな機能に、BIMscriptがどう対応しているか紹介されています。


個別設定可能なオブジェクト

BIMscriptはマルチフォーマットのパラメトリックBIMオブジェクトを大規模に作成するコンテンツ開発者のための最新ソリューションです。プロジェクトへのインサート用にダウンロードする前にパラメトリック製品のブラウザベースの素早い構成をサポートする、BIMobject® Cloud と一緒に使う方法についてはご登録の上ご覧いただけます。


BIMはソフトウェアの同義語?

BIMはソフトウェアの同義語なのか、あるいは逆にそのものに言い換えられるでしょうか? どうやらより多くの人が疑問に思うことで、より多くの定義がクリエイティブになるようです。事実関係を明確にし、混乱を一度に解明した記事はこちらでご覧いただけます。


NURBS とポリゴンメッシュ - 両方のモデルが必要とされる理由

NURBS、メッシュともハイクオリティな3Dモデルを作り出すことができますが、詳細には違いがあります。非一様有理Bスプライン(NURBS)は曲線とサーフェスを表すのに対し、ポリゴンメッシュは通常三角形、四角形、あるいはシンプルな凸型ポリゴンで構成されています。分かりにくいですね? インテリジェントなBIMオブジェクトを生成するBIMscriptで両方合わせて作業できる方法は、ご登録の上ご覧いただけます。




原文投稿者: Carlos Pérez