2019年7月12日金曜日

Insole Designer とRhinoCAMを使った矯正用フットウェアのデザイン




イタリアに本拠を置く Duna Srl は市販のフットウェア製品の他、運動機能にハンディのあるクライアント向けにオーダーメイドの矯正用フットウェアを製造するグローバル企業です。

DunaはRhinoプラグイン、Insole Designer を開発しました。ナレッジベース、テンプレート、特化したRhinoユーティリティを使ってインソールデザインのプロセスを迅速化するCADプログラムで、正確で完全な 3D NURBS ポリサーフェスモデルのインソールが、最終的な靴の中に収められる状態で完成します。

CAMソフトについては、Dunaは MecSoft Corporation のRhinoCAMを使っています。

Insole Designer はインソールの統合データベースと、専門ツールおよびユーティリティを一式組み合わせたテンプレートを使い、処方されたインソールを作成します。

Insole Designer は他のインソールプログラムと違い、上下の輪郭を完全にぴったり合わせてインソールを作り出します。上部は患者の足のスキャンに、底部と外側の輪郭はDuna製の矯正靴にフィットし、追加されるインソール材は最低限しか使わずにオーダーメイドの完璧な結果を生み出します。

詳細はこちらでご覧いただけます: RhinoCAM does Custom Orthotics in Italy! 

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月11日木曜日

ICERMワークショップ: 動力学と確立を描く

平面内の安定マッチング
画像: Alexander E. Holroyd
Christopher Hoffman、Alexander Holroyd、Yuval Peres の研究に基づいた画像


ICERM (The Institute for Computational and Experimental Research in Mathematics)

11月11-15日
ブラウン大学
米国ロードアイランド州プロビデンス

動的システムと確立の実例、ビジュアライゼーション、コンピューターを使った実験を通して発展させる理論的洞察に焦点を合わせたワークショップです。

複雑力学のトピック: 
  • Dynamical moduli spaces and their dynamically-defined subvarieties
  • Degenerations of dynamical systems as one moves toward the boundary of moduli space
  • The structure of algebraic data coming from a family of dynamical systems
古典的動的システムのトピック: 
  • Flows on hyperbolic spaces and Lorentz attractors
  • Simple physical systems like billiards in two and three-dimensional domains
  • Flows on moduli spaces
確立の理論ではブラウン運動、シュラム・レヴナー発展(SLE)、離散値系のスケーリング限界のような連続時間確率過程やランダムウォークを取り上げます。


原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月10日水曜日

Grasshopperを使ったパラメトリックモデリングとデジタルファブリケーションのワークショップ - ブラジル




Lab for Architectural Singularity が Parametric Modeling and Digital Fabrication Workshop with Grasshopperを開催しました。



日程: 2019年7月15-20日
時間: 7 PM-10 PM 月-金曜)
10 AM-1 PM(土曜)
参加費用: 1,000.00ブラジルレアル
場所: Rua João Moura 2152
São Paulo, SP 05412004
ブラジル、サンパウロ

建築やデザインに適した特に高度なジェネレーティブモデリングソフト、Grasshopperを使ったデザインパラメーターを通した複雑なジオメトリの開発、コントロール、実現可能性を紹介する入門コースを提供しました。

このワークショップは最後に学生達が独自のモデルを開発/ファブリケーションする機会があり、建築家、デザイナー、エンジニア等、パラメトリックモデリングツールに関心のある方でしたら誰でも参加することができました。

詳細はメールでお問い合わせください: Renata Portelada

RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。


原文投稿者: Andrés González

280のコンポーネントを備えた形を変える Pufferfish V2.5


このプラグインは形を変えるために必要なトゥイーン、ブレンド、モーフィング、平均化、変形、補間に焦点を合わせた280のコンポーネントのセットです。通常は入力された数で割るGrasshopperとは対照的に、Pufferfishはトゥイーンやグリッドのような操作でよりカスタムコントロールができるよう、入力は主にパラメーターや係数を使います。

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年7月9日火曜日

Grasshopperチュートリアル: ボロノイ パターン



15分間のチュートリアル、Grasshopper Voronoi Pattern で、ヒマワリの種の配分をベースにしたボロノイパターンの作成を学ぶことができます。

Maelstromコンポーネントを使ったテクニックで一連の直線をねじり、ボロノイのセルを作り出します。実際のフィボナッチ数列ではありませんが、似たパターンを作り出すために使える早技です。

これはご利用可能な Parametric House一連のコースの1つに過ぎません。

Parametric House の Voronoi Pattern チュートリアル...

原文投稿者: Sandy Mcneel

Formlabs Roadshow 2019(ロンドン)


Formlabsは世界中の産業の中心地を訪れ、デジタル製造における3D印刷の可能性を楽しく伝えています。今回は7月17日(水)にロンドンで Formlabs Roadshow を開催し、地域のイノベーターを一堂に集めて3D印刷の活用が新しいビジネスの機会を作り出している様子を紹介しました。
Simply Rhino も加わり、 Goldsmiths’ Centre で2つのイベントを開催しています。

Morning Session | Jewellery Focus | 09:30-12:00
3Design、Matrix、Rhino、ZBrushを含む 3D CAD ソフトのあらゆるオプションを利用しているジュエラーに適したモーニングセッション。

Afternoon Session | Engineering & Design Focus | 13:00-16:00
SOLIDWORKS、Creo、Fusion 360、Onshape、NX、CATIA、Rhino、ZBrush、あるいは他のCADツールを利用しているエンジニアリング/デザインスタジオに適したアフタヌーンセッション。


原文投稿者: Carla Sologuren

2019年7月8日月曜日

Grasshopper/ARCHICADの連携を探る


先日の Reimagine 2019 カンファレンスで、Rhino/Grasshopper/ARCHICADの連携について Graphisoftが最新情報を紹介したプレゼンテーションをご覧いただけます。

太陽光解析を利用して影のパターンを作り出すために、GrasshopperとARCHICADが使われました。

原文投稿者: Sandy Mcneel