2019年6月21日金曜日

サグラダ・ファミリア キリスト降誕のファサード - 点群からの3Dモデリング


Junta Constructora del Templo de Sagrada Familia のためにModelicalが手がけた作業

アントニ・ガウディのプロジェクト、バルセロナにあるサグラダ・ファミリアのバシリカについて聞かれたことのある方もいらっしゃると思いますが、その建物が1882年に建設が始まり、今も最新のテクノロジーを使ってデザインと建設が続けられていることは、きっと多くの方がご存知だと思います。この建物でユネスコの世界遺産であるキリスト降誕のファサードは2Dでも3Dでも信頼でき、詳細が分かる資料が2018年までありませんでした。

修復とクリーニング作業の際、トポグラフィーのチームは点群と写真測量を使ったファサード全体の調査を依頼されました。その結果、Modelicalの依頼はNURBSサーフェスとメッシュ両方で完全な3Dモデルのセットになり、ファサードの詳細が分かる断面図や設計図の2D図を取り出すことができました。



原文投稿者: Carlos Pérez

ShapeDiver、Kangaroo 2 プラグインをサポート



Grasshopper 1.0 への追加で特に面白いのは、ネイティブのGrasshopperコンポーネントのセットとしてKangarooプラグインが含まれていることです。多くの要望により、ShapeDiverは Kangaroo 2 をサポートしています。

一部のKangarooの機能はその性質からShapeDiverと互換性がないため、それがサポートを始める上で警告を行う主な理由になっています。

KangarooとShapeDiverを一緒に使う前に知っておくべき注意事項についてはこちらの記事の全文をご覧ください。.

原文投稿者:Carla Sologuren

2019年6月17日月曜日

DR_SoM 手法についてのデザイン研究シリーズ

DR_SoM Digital Practice TU Graz Oct-24-27-2019
Design Research Series on Method
2019年10月24–26日
グラーツ工科大学、オーストリア


Design Research Series on Method(DR_SoM)7回目のセッションはグラーツ工科大学で、Architectural Research in Europe Network Association(ARENA)の年次大会を兼ねて行われます。実務上の建築リサーチは3回目ですが、デジタルに重点を置くのは今回が初めてで、DR_SoM は特にデザインの着想や考え方の新しい方法としてデジタル技術をとらえているプロジェクトや事務所について聞きたいと考えています。詳細はオンライン発表をご覧ください。



原文投稿者: David Leon