2019年5月30日木曜日

地形デザイン技術のPhDワークショップ、8月26- 30日、コペンハーゲン


© University of Copenhagen & Echtzeit GmbH, Figure: The Rhino Sandbox. © IGN


日程: 2019年8月26-30日

会場: コペンハーゲン大学(Department of Geosciences and Natural Resource Management)
講師: Dylan Cawthorne、Patrick Moechel、Thomas Ott、Kane Borg、Rikke Munck Petersen、Anne Wagner、Lene Fischer、Hans Skov-Petersen、Pia Fricker、Mariusz Hermansdorfer


コペンハーゲン大学(Department of Geosciences and Natural Resource Management)が主催するこのPhDワークショップは、都市や景観の計画/デザインプロセスにおける現実を記録、表現、変換、シミュレーション、やり取りする地形デザイン技術を取り上げます。このコースは厚紙やクレイで作った物理モデルや確立された 2D GIS や 3D CAD で構成したデジタル技術に基づく古典的な方法を越え、認識されている世界の一方でそのデジタル対物理的な表現が並ぶ新しい新興技術を取り入れ、紹介し、議論することを目指します。

地形デザイナー、ランドスケープアーキテクト、建築家、エンジニア向けデザイン、モデリング、シミュレーションのツールとして、RhinoとGrasshopperが使われます。

原文投稿者: Verena

2019年5月29日水曜日

竹のオフィス、Design Building コンペ(中国)



全てRhino(2D+3D)でデザインされ、Grasshopperで環境解析されたプロジェクト、Bamboo Office が、Chinese Sustainable Design Centre China New Building Materials Design & Research Institute のプロモーションで行われた1回目の International Design Building Competition で受賞作品の1つに選ばれました。 Barberio Colella ARC(Maurizio Barberio and Micaela Colella)が Angelo Figliola と共同でデザインしたこの興味深いプロジェクトは、建築、生物気候、環境の面もカバーしています。


原文投稿者: Carla Sologuren

2019年5月28日火曜日

Rhino 6 for Windows レベル2オンラインコース - 2019年6月



2019年6月18-27日
9 AM-1 PM PDT/太平洋夏時間
US$250 - 詳細

特に高度なRhinoの機能を利用する方法を学ぶ、2週間の上級クラスがオンラインで行われました。ハイクオリティなモデルをより素早く、より簡単に作成するヒントやコツも紹介されました。

Dates: 
  • 火-木、6月18-20日
  • 火-木、6月25-27日

時間は全て太平洋夏時間です。タイムゾーンを計算する。 


詳細はこちら

Rhinoのスキルを向上させるオンライントレーニングで、Pascal Golay がインストラクターを務めました。Pascal は弊社 Robert McNeel & Associates の技術者で、高い頻度で Discourse Support Forum へも投稿しています。自宅での学習も推奨しますがオプションです。セッションは全て録画され、復習用に投稿されます。セッションができなかった場合はご都合に合わせて遅れを取り戻すことができます。

クラスに必要なもの: 
  • Rhino 6 for Windows の事前インストール(インストラクターが使用するバージョン)
  • Rhino 5 for WindowsRhino for Mac はお勧めできません。
  • 安定した高速インターネット接続。 
  • マイク付きヘッドセット
  • クラス概要

原文投稿者: Mary Ann Fugier