2019年5月24日金曜日

ジュエリーデザインのための Countersketch & Rhino


CounterSketch はジュエリー販売のための3Dデザインソフトのソリューションで、カスタマイズ可能な幅広いスタイルと非常に多くのStullerオーダーオプションを提供してくれます。販売者があらゆる顧客向けにカスタマイズした作品を作り出すことができる、革新的なシステムを備えています。

認定RhinoリセラーのiCreatiaCountersketch + Rhino の無料ウェビナーをスペイン語で行っています。セッションでは作品のデザイン方法と3D印刷向けSTLファイルの準備方法を学ぶことができます。


原文投稿者: Carla Sologuren

2019年5月23日木曜日

Proving Ground、ポッドキャスト配信!


Proving Ground のポッドキャストを、どうぞご覧ください。初回は Nate Millar、Dave Stasiuk、Kristen Schulteを迎え、最近のAEC(建築、エンジニアリング、建設)技術のニュースを取り上げています。建築におけるジェネレーティブデザインの傾向の宣伝対現実についてで、Rhino InsideGrasshopperについても少し触れています。

Prove It - Episode 1: Generative What? で視聴していただけます。

2回目のエピソードも Episode 2 - Big Ship Computation with Matt Goldsberry でご覧いただけます。

原文投稿者: Sandy Mcneel

2019年5月22日水曜日

ニューヨークでのAA出張スクール


2019年7月10-19日

クーパー・ユニオン(ニューヨーク)で開催

AA出張スクール(AAVS)がニューヨークにやって来ます。このプログラムはデジタル表現/ファブリケーション技術で実現される、デジタルおよびスクリプトデザイン手法に焦点を合わせます。講師はそれぞれ、Rhino、Grasshopper、Python、Mayaのプラットフォームで取り組んだ独自の手法を紹介します。

お申込みの締切は2019年6月15日です。 詳細...

原文投稿者: Sandy Mcneel

Grasshopper 中級オンライントレーニング、2019年6月


June 10-13, 2019
各日とも 9:00 AM-12:30 PM(PDT/太平洋夏時間)
US$205.00


インストラクターのAndres Gonzalezが、Grasshopperを使ったRhinoでジェネレーティブモデリングの中級コンセプトを探り、Grasshopperのデザインと数多くの実例の開発に、そのコンセプトを適用します。

このコースはインストラクターの指導によるオンライン環境で、速習ペースでGrasshopperの概念や機能を学ぼうとお考えのデザイナー/設計者に向いています。

ご参加の方は以下のいずれかが必要です:
  • Grasshopperが搭載された Rhino 6 for Windows
  • Rhino 5 for Windows と無償プラグインのGrasshopper
  • Grasshopperが搭載された Rhino for Mac
トレーニング中にインストラクターが使う Rhino 6 for Windows がお勧めですが Grasshopper for Mac を使用することもでき、プラットフォームの違いは小さいのでその点についても説明が加えられます。全てのセッションは録画され、トレーニング後に見直すことができます。






参加条件: このコースの受講には Grasshopper入門トレーニングまたは同等の知識が必要です。

原文投稿者: Mary Ann Fugier

製作向けのジュエリーデザイン ウェビナー




無料ウェビナー: Designing Jewelry for Manufacturing
2019年6月6日(木)
9:00 AM-11:00 AM PDT(太平洋夏時間)


製作に焦点を当てた、Rhino 6 のジュエリーデザインの可能性を紹介するウェビナーです。 ART(認定Rhinoトレーナー)Gary Dawson Designs のオーナーでもある Gary Dawson が、 Rhino 6 でジュエリーデザインやファブリケーションプロセスをパワーアップする様子を紹介してくれますので、どうぞご参加ください。

含まれるトピック:
  • ジュエリーデザインの仕事でのGaryの Rhino 6 利用に関する詳細
  • Rhino 6 を使って指輪をデザインするライブプレゼンテーション
  • ウェビナーを進めながら Rhino 6 を使うヒントとコツをハイライト
  • ウェビナー中にライブで質疑応答

原文投稿者: Mary Ann Fugier

2019年5月20日月曜日

BIM BOP 2019! 南カリフォルニア大学での終日BIMカンファレンス


毎年行われ、13回目となる BIM BOP カンファレンスは南カリフォルニア大学建築学部で、2019年6月28日(金)に予定されています。

過去のイベントはAEC(建築、エンジニアリング、建設)業界でのBIMの台頭、サステナブルデザインとBIM、ファブリケーションと建設、アナリティクス、パラメーターとカスタマイズ、実践BIM、未来のBIM、ビジュアルプログラミング、その他の面白いトピックに焦点を合わせてきました。そんな夏のイベントではプレゼンテーションの結果が複数の本や議事録になっています。

南カリフォルニア大学(USC)で行われるBIM終日カンファレンスへのお申込みは、2019年6月28日(金)まで、USC School of Architecture で受け付けられています。



原文投稿者: Sandy Mcneel