2019年4月25日木曜日

"Drawing from the Model" - Frank Melendez の新書




Frank P. Melendez が新書、Drawing from the Model: Fundamentals of Digital Drawing, 3D Modeling, and Visual Programming in Architectural Design を出版しました。

Drawing from the Model は従来型および現代型の建築表現方法について、建築デザインの学生や教員、プロを対象に幅広く概要を紹介しています。この本は画法幾何学や投影法に基づく伝統的なアナログ手法を取り上げることで建築の製図やモデリングに関してコンピューターを使った開発方法への洞察を提供した後、コンピューテーションのプロセスをベースにした現代のデジタル手法や、新しく生まれたテクノロジーに移ります。

Drawing from the Model は現代の2D図および3Dモデリングのデザインソフトを使った建築設計図を作るデジタルツール、テクニック、ワークフローを提供しています。パラメトリックモデリング、アルゴリズムデザイン、コンピューターを使ったシミュレーション、物理的コンピューティング、ロボティクスのトピックを取り上げるため、ビジュアルプログラミングが紹介されています。 詳細... 



電子書籍とペーパーバックで販売されています


原文投稿者: Jody Mills

新しいGrasshoppeのeラーニングコース - BlueStone Institute of Design



Grasshopper - eラーニングコース
今日にも始められます!

Bluestone Institute of Design が新しいGrasshopperコースを公開しました。ビデオベースのeラーニングコースで、英語で提供されています。教室まで出かける必要はありません。カリキュラムは以下の通りで、今日にも始めていただけます。

Course Curriculum:
Chapter 1 - Interface, Navigation, Display
Chapter 2 - Data Matching
Chapter 3 - Data Creation 
Chapter 4 - Pattern Creation
Chapter 5 - Grids
Chapter 6 - Transformation
Chapter 7 - Organizing Data
Chapter 8 - Attractors
Chapter 9 - Curve & Surface Evaluation
Chapter 10 - Morphing
Chapter 11 - NURBS Creation
Chapter 12 - Mesh Creation 
Chapter 13 - Voronoi Designs 
Chapter 14 - Image Sampler 
Chapter 15 - Weave 
Chapter 16 - Graph mapper
Chapter 17 - Fabrication




コースについて...
BlueStone Institute of Design はあらゆる主要国際言語でスキルベースの学びを提供するeラーニングのプロバイダーとしてトップを目指しています。インドのムンバイを拠点に、現在は建築、ジュエリー、プロダクトデザイン向けのRhino、Grasshopper、V-Ray for Rhino、Clayooのコースを提供しています。

教室でのトレーニングを受けにムンバイまで行けない社会人や学生のために、eラーニングでコースを提供しています。講師は業界とトレーニングで15年以上の経験があります。

原文投稿者: Jody Mills

AA Summer DLAB 2019 - ロンドン



2019年7月22日-8月9日
Architectural Association(AA)ロンドンキャンパス
36 Bedford Square
London WC1B 3ES
英国、ロンドン

AA Summer DLAB は高度なコンピューテーショナルデザイン、解析、大規模なプロトタイピングの技術の統合を試みます。14年目となる Summer DLAB は実質性とパフォーマンスに大きく依存する、これまで積み重ねてきた複雑な建築デザインとファブリケーションプロセスの専門知識を基に引き続き行われます。

AA Emergent Technologies & Design(EmTech)Graduate Programme のスタッフを含め、国際的に高く評価されている学術機関と実務関係者を幅広く集めて行われるプログラムで、Summer DLAB で生み出されたリサーチはArchDaily、Archinect、Bustlerを含む国際メディア、相互評価の発表資料、SimAUD(Simulation in Architecture and Urban Design)、eCAADe(Education and research in Computer Aided Architectural Design in Europe)で公開されています。

AA Summer DLAB ではデザイン、解析、ファブリケーションにコンピューターを使った手法を正確に取り入れることで形状、マテリアル、構造の相互関係を探ります。それぞれのプログラムサイクルはデザインおよびファブリケーション技術の従来型と現代型の新しい関連付けを通してカスタムメイドの建築プロセスを考案し、リサーチは形状探索、マテリアルコンピューテーション、構造的耐力を統合するロボティックファブリケーションで実現する原寸大プロトタイプのデザインとファブリケーションで締めくくられます。

コンピューテーションスキル
Summer DLAB のツールキットはRhinoceros、Processing、Grasshopper、その他様々な解析ツールを含みますが、その範囲は限定していません。 。

参加資格
このワークショップは建築デザインの現役学生、PhD候補、若手のプロが対象です。ソフトに関する事前知識は不要です。

お申込み/お支払い期日
2019年7月8日

お問い合わせ
Elif Erdine(Programme Head、AA Summer DLAB)
メールアドレス: elif.erdine@aaschool.ac.uk




原文投稿者: Carla Sologuren

2019年4月22日月曜日

カーボンファイバーとチーク材の椅子




カーボンファイバー + チーク材 + Rhino = Cesare Monti Carbon Fiber + Teak Wood Chair

こちらで他のデザインもご覧いただけます: http://www.owan.it/

原文投稿者: Sandy Mcneel