2019年9月19日木曜日

ヘルシンキ(フィンランド)での採光シミュレーションと最適化のワークショップ - 2020年1月30-31日


M.A.D.2020年1月30-31日ヘルシンキ(フィンランド)Daylight Simulation and Optimization ワークショップを行います。

日光は健康や幸福、ビルディングパフォーマンス、最終的には外観や趣まで責任を持つ建築を形作るために不可欠な要素です。現代のシミュレーションツールは建築家やエンジニアがデザインプロセスに科学に基づく戦略を適用できるようにしてくれます。

目標


このトレーニングは建築家やエンジニアに現代的な採光テクニックを紹介することを目指しています。2日間のイベントは気候ベースの昼光モデリングから概日リズムまで多岐にわたり、デイライトオートノミー、グレア、昼光率、その他LEED、BREEAM、Living Building Challenge、あるいはWELLといった特にポピュラーなサステナブル(持続可能)な環境性能認証の主要コンセプトのシミュレーション方法を学びます。また健康的で生産性の高い建物の主要な側面として概日リズムのためのデザインの概念を紹介し、参加者はトレーニング中にパラメトリックモデルを作成してケーススタディのコンセプトをテストします。

このトレーニングは Parametric SupportAdrian Krężlik が英語で行います。



原文投稿者: Carlos Pérez

0 件のコメント: