2019年5月1日水曜日

Python + Rhino、Grasshopperを使った建物の建設 ワークショップ



コロンビアにある Universidad de los Andes がワークショップ、Construction of Buildings with Python + Rhino and Grasshopper を開催しました。

建築家、エンジニア、その他の専門家を対象にプログラミングツール、Python + Rhino&Grasshopperを使ったデザインや建物の建設を紹介するワークショップです。主な目標は構造的な技術情報を生成、変更し、やり取りするためのプログラミングの専門的知識やスキルを発展させることで、ソフトウェアツールがどう構築、動作し、批判的思考で結びつけられるのか、理論的-実践的知識を伸ばします。

日程: 
2019年5月7日-6月1日

スケジュール: 
火、水、木曜、6 PM - 9 PM
および土曜、8am - 12pm

時間: 月-水曜、6 PM - 10 PM



場所:
Universidad de los Andes, Colombia(コロンビア)

費用: 
2,700,000コロンビアペソ(4月22日まで)
2,970,000
コロンビアペソ(5月3日まで)


詳細はこちらのリンクをご覧ください。.



RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。
原文投稿者: Andrés González

0 件のコメント: