2019年1月10日木曜日

Quatertowerプロジェクト、SPANS | Sterling + Presser Architects Engineers - アウグスブルク(ドイツ)


Quatertower、Timbertower、ドイツ、アウグスブルク

プロジェクト: Timbertower
場所: ドイツ、アウグスブルク
時期: 2018
クライアント: Millenium Building Quatertower GmbH
建築/概念体系: SPANS | Sterling + Presser Architects Engineers
レンダリング: GRAU Visuals
種別: 住居、オフィス
段階: コンペ - Anerkennung Shortlisted

都市のランドマークと象徴的な渦の建物

Quatertowerプロジェクトはアウグスブルク旧市街を眺められる11階建ての住居とオフィスを作り、この都市周辺のセンターのランドマークにすることを目指しています。思いもよらない形を取り入れ、一目瞭然で認識できるアイデンティティーを作り出します。この円柱は象徴、渦、基点、旧市街とTIM(Textile and Industrie Museum/繊維産業博物館)を結ぶ玄関口を生み出しています。

木材を編んだマテリアルの具体性

全体構造と二次構造要素は木造で、TIMに展示された機織りのプロセスを参考にしています。外側の木造格子構造は高層ビルで最先端の木の使い方で、伝統、工芸、織物技術の知識に対するより深い感性から来ています。木材の利用は自然の具体性、木工、伝統的な建築方式とのつながりとして見られるものです。

ジオメトリ/構造生成

ジオメトリは空間でプログラム制御を修正する、縦に接する3つの円柱をベースに、全てRhinoとGrasshopperで生成されました。ファサードの主要構造は投影された可変ダイアグリッドがベースになっており、そのダイアグリッドを水平方向に拘束しながら途切れることのない対数螺旋で安定させ、ダイナミックで動きのある外観を作り出しています。



原文投稿者: Carlos Pérez

0 件のコメント: