2018年11月13日火曜日

GSM4Q 2019 - カタールでの建築カンファレンス


GSM4Q 2019
2019年2月6-7日
Qatar University Library(カタール大学)
カタール

Connecting People, Spaces and Machines: The Informed Nomadic Monad

GSM4Qカンファレンスはカタール大学(カタール、ドーハ)が主催する、建築とアーバンデザインの虚についての Game Set and Match(GSM)カンファレンスシリーズの4回目です。

GSM4Qカンファレンスの主要テーマは The Informed Nomadic Monad(情報に基づくノマド/遊牧のモナド)です。モナドは関数型プログラミングのように、入力、プロセス、出力がジェネリック型をどう作り出すかを定義するデザインパターンと考えられ、ノマドはカタールのベドウィンの歴史につながってその可能性を現代の戦略的計画に送ってくれます。GSM4Qカンファレンスは多様でありながら群行動、気候分布、ロボット建設、情報に基づくマテリアル、モナド、ノマド、測定可能なインタラクション、スマート環境のようなトピックに深く関わる内容をカバーします。その他の内容を含めトピックは基調講演で取り上げられ、ハンズオン/ハンズオフのワークショップや論文募集での課題となります。

Rhinoユーザーの方も、どうぞご参加ください。



短時間でRhinocerosのクォリティアップを目指すコース - ディプロス株式会社


ディプロス株式会社が、Rhinocerosの操作スキル向上を目指す方に向けた新たなトレーニングコースを開講しました。

Rhinocerosのモデリングで悩ませられる、コマンド実行時の多種多様な問題。たとえば上記画像のように、使用する断面線によって生成されるサーフェス表面に折れ目が出現してしまう事があります。適切な曲線を使用すれば、綺麗な単一サーフェスができるようになります。

このようなトラブルシューティングよりも、本題のデザインデータ作成に集中できるよう学習するプログラムとなっています。

不具合のないデータを作成できるようになる事で、モデリング作業全体の時間短縮およびクオリティアップを目指します。

年内の開催日は11月27日、12月11日の2日が予定されています。

学習内容の詳細・お申込みはこちら...

2018年11月12日月曜日

CADゲーム - PAZ Academy ワークショップ


PAZ Academy がチューリッヒ(スイス)で開催されたAFTZで、ゲーマー目線の Rhino & Grasshopper ワークショップを提供しました。

RhinoとGrasshopperの基本、デザインをクリーンにしてエクスポートする方法、それをカッティングマシン用のソフトでどのように使い、Tシャツにできるようにするかを説明しながら、参加者それぞれのTシャツをデザイン・印刷する方法を紹介する4時間のワークショップです。