2018年8月22日水曜日

ジェネレーティブジュエリーデザインの入門コース、ニューヨーク




Grasshopper - Introduction to Generative Jewelry Design
2018年10月6-7日(土-日)
New York, NY(ニューヨーク)
受講料: US$495
Grasshopperコンセプトとパラメトリックデザインの実用的な理解を提供する2日間のクラスです。複雑に繰り返す形状の作業を大幅にスピードアップできるようにしながら、Grasshopperが今までにない流動性をどう生成し、自動タスクをデザインプロセスの中でさらに先へ進められるかを学び、探索しましょう。

プログラミングやスクリプトの知識は不要で、デザイナーは単純なものから壮大で圧倒されるようなデザインまでさまざまな形状ジェネレーターを構築することができます。このクラスはList管理をカバーし、Date Treesを紹介します。

参加条件: Rhinoの基礎知識が必要です。


ジュエリーのプロジェクトに取り組みますが、あらゆる業界のデザインのプロに役立つクラスです。

必要なもの: Rhino 5 と最新のGrasshopperがインストールされたノートパソコン。

インストラクターについて:
Akiyo Matsuoka(松岡晃代) は認定Rhinoトレーナーで、ニューヨークのファッション工科大学の講師でもあります。





原文投稿者: Jody Mills

Droid、food4Rhinoで公開


Droid は3D印刷に関連するGrasshopperプラグインライブラリの無料アドオンで、モデルのスライス制御、カスタムパス、Gコード生成を提供します。

Droid はRhino&Grasshopper環境で充填、シェルの厚さ、キャップといった従来のスライス機能を制御できるようにしてくれる他、一度モデルがRhino&Grasshopperのワークスペースにスライスされると、完全な制御と解析を可能にしながらパスの出力と編集が利用できます。.

カスタムまたは編集したパスはDroidに戻して入力し、Gコードを準備/生成することができます。

Droidを使うとDroidコンポーネントでモデルの準備と印刷を'プラグアンドプレイ'方式で行うことができますし、あるいはカスタム入力/出力の印刷パスで、より制御された実験的な方法を選ぶこともできます。

Droid は小型のデスクトップ3Dプリンターから大規模なロボットファブリケーターまで、様々な印刷デバイスを扱うことができます。

2018年8月21日火曜日

タコマの木造ドームを復活させる


米国ワシントン州タコマにあるタコマドームは改修が進められています。タコマドームは容積で比較すれば、世界最大の木造ドームアリーナです。

このドームでは過去35年の間に2,500万人以上が世界クラスのエンターテインメントを楽しみましたが、この夏、設備改良に3,000万ドル以上かけて強化されます。

ドームの構造と新しくアップグレードされたシートレイアウトは、3Dでの見直しやビジュアライゼーションのためにRhinoでモデリングされました。こちらはDIGがモデルを作り上げる様子を紹介したショートクリップです。

タイムラプスのレンダリングで見るモデルのウォークスルー動画






SudoHopper3D 教員向けガイド



Grasshopperを学ぶ手助けとなるよう、McNeel マイアミはパラメトリック思考の全体的な理解を向上させることのできるカードゲーム、SudoHopper3Dを作りました。SudoHopper3D では数学、アルゴリズム、基本的なコーディングを遊び半分に見て回ることができます。

レベル1 は定義を書く32の課題を提供します。弊社は教える側が学生のために学びやすくなるよう、"カンペ"として使える全ての課題の定義を掲載した Teacher's Guide を公開しました。


レベル1の全定義をご覧いただける Teacher's Guide はこちらからダウンロードしていただけます。

このカードゲームはレベル1向けのカード126枚で構成され、SudoHopper3Dを遊ぶのに必要な全てのカードは無料PDFファイルでダウンロードするか、実際のカードをこちらからオンラインでご注文いただくことができます。

またVimeoオンデマンドでのレベル1ビデオのレンタルもお勧めします。ビデオではそれぞれの課題を解決する定義を書く複数の方法を紹介し、英語またはスペイン語でご覧いただけるようになっています。



こちらのビデオで学生達がSudoHopper3Dをしている様子をご覧いただけます。


詳細は Andres Gonzalez まで、メールでお問い合わせください。


RhinoFabStudioとは? RhinoFabStudio(ファブリケーションスタジオ)はRhinoおよびRhinoと互換性のあるソフトウェア、コンピューター制御のツール、トレーニングを一通り揃えた、McNeelの認証する小規模なデジタルワークショップです。これらのツールはほとんどあらゆる物をデザイン、解析、ファブリケーションするのに必要な、さまざまな最先端の工業的方法や材料をカバーしています。

原文投稿者: Andres Gonzalez

2018年8月20日月曜日

Karambaで複数のデザイン変数を最適化

片持ち梁の主応力および変形の解析


建築家の Patricio Llordella、Juan Fostel とエンジニアの Jorge Farez がアルゼンチン、ハドソンの一軒家を共同でデザインしました。

構造/建築パラメーターの組み合わせを研究するためにパラメトリックモデリングを使い、建築/構造上の必要性を満たすデザインを達成できるよう、社内で開発された多目的の最適化ツール、Zirkel とともにKarambaが使われました。